VMM コンピューティング ファブリックにライブラリを設定するSet up the library in the VMM compute fabric

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

この記事では、System Center - Virtual Machine Manager (VMM) ライブラリおよびそのライブラリと通信する方法について説明します。Read this article to understand the System Center - Virtual Machine Manager (VMM) library and how you interact with it.

VMM ライブラリは、VMM ファブリックで仮想マシンとサービスを展開するのに使用されるリソースのカタログを含むファイル共有です。The VMM library is a file share that includes a catalog of resources that are used to deploy virtual machines and services in the VMM fabric. ライブラリには、次が格納されます。The library stores:

  • 仮想ハード ディスク、ISO イメージ、スクリプト、ドライバー ファイル、アプリケーション パッケージ (SQL Server データ層アプリケーションや Web 配置) などのファイル ベースのリソースFile-based resources such as virtual hard disks, ISO images, and scripts, driver files and application packages (SQL Server data-tier applications and Web Deploy).
  • VM とサービスの作成に使用される仮想マシン テンプレートやサービス テンプレートなどの非ファイル ベースのリソースNon-file-based resources such as virtual machine templates and service templates that are used to create VMs and services.
  • オフラインの仮想マシンはライブラリに格納されます。Offline virtual machines are stored in the library.

VMM をインストールすると、既定により 1 つのライブラリ共有が VMM 管理サーバー上に作成されます。When you install VMM by default a single library share is created on the VMM management server. 別の共有を追加できます。You can add additional shares. 高可用性を得るために、ファイル サーバーのフェールオーバー クラスターを展開できます。For high availability you can deploy a failover cluster of file servers. スケール アウト ファイル サーバー (SOFS) はサポートされていません。Scale out file server (SOFS) isn't supported. ライブラリとライブラリ リソースは、VMM コンソールのライブラリ ビューを使用して操作します。You interact with libraries and library resources using the Library view in the VMM console.

ライブラリでできることWhat can I do in the library?

リソースの種類Resource type 追加できるものWhat can I add?
ファイルベースのリソースFile-based resources バーチャル ハード ディスク (.vhd/.vhdx/.vmdk)、ISO イメージ ファイル (.iso)、PowerShell スクリプト (.ps1)、SQL Server スクリプト (.sql)、Web Deploy (MSDeploy) パッケージ (.zip)、SQL Server データ層アプリ - DACS (.dacpac)、Server App-V パッケージ (.osd)、ドライバー ファイル (.inf)、応答ファイル (.inf、xml)、バーチャル フロッピー ディスク (.vfd/.flp)Virtual hard disks (.vhd/.vhdx/.vmdk), ISO image files (.iso) PowerShell scripts (.ps1), SQL Server scripts (.sql), Web Deploy (MSDeploy) packages (.zip), SQL Server data-tier apps - DACS (.dacpac), Server App-V packages (.osd), driver files (.inf), answer files (.inf, xml), virtual floppy disks (.vfd/.flp)
テンプレートとプロファイルTemplates and profiles テンプレートは、一貫した設定で VM とサービスを作成するために役立ちます。Templates help you to quickly create VMs and services with consistent settings. 固有の設定を持つプロファイルを作成して、テンプレートに追加します。You create and add profiles with specific settings to templates.

VM テンプレートは、1 つの VM を作成するために使用されます。VM templates are used to create a single VM. テンプレートは、既存のバーチャル ハード ディスク、ライブラリ内の別のテンプレート、またはホストに展開された VM から作成できます。A template can be created from an existing virtual hard disk, another VM template in the library, or from a VM deployed on a host.

サービス テンプレートは、複数の VM を作成するために使用され、し、Windows Server のロールと機能の設定を含めることができます。Service templates are used to create multiple VMs and can include settings for Windows Server roles and features. サービス テンプレートでは、ハードウェア プロファイルとゲスト OS プロファイルに加え、アプリケーション プロファイルと SQL Server プロファイルを使用できます。In addition to using hardware and guest OS profiles service templates can leverage application and SQL Server profiles.

ハードウェア プロファイルは、 ホストの CPU、メモリ、リソースを割り当てるための VM の優先順位などのハードウェア設定を定義します。Hardware profiles define hardware settings such as CPU, memory, priority of VM for resource allocation on host.

ゲスト OS プロファイルは、VM がテンプレートから作成されるときに適用されるオペレーティング システムの設定を定義します。Guest OS profiles define operating system settings that will be applied when a VM is created from a template.

アプリケーション プロファイルは、アプリをインストールするために必要な手順を提供します。Application profiles provide instructions required to install an app. VMM では、アプリを展開するためのメカニズムとして、次のものをサポートしています。データ層アプリ (DAC) と WebDeploy (MSDeploy)、Windows インストーラー (.msi) 用に作成されたスクリプトの実行、setup.exe、Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC)、Puppet、および Chef。VMM supports these mechanisms for app deployment - data-tier apps (DAC) and WebDeploy (MSDeploy), running a script created for Windows installer (.msi), setup.exe, Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC), Puppet, and Chef.

SQL Server プロファイルは、を SQL Server DAC 用の SQL Server インスタンスをカスタマイズする手順を提供します。SQL Server profiles provide instructions for customizing a SQL Server instance for a SQL Server DAC.
同等のオブジェクトEquivalent objects 同等のオブジェクトは、同等と見なされるライブラリ リソースのユーザー定義グループです。Equivalent objects are user-defined groupings of library resources that are considered equivalent. オブジェクトを同等とマークすると、テンプレートまたはプロファイルでライブラリ共有の特定の仮想ディスクが指定された場合でも、VMM は、同等のオブジェクトに代替して VM またはサービスを作成できます。After you've marked objects as equivalent, when you point to a specific virtual disk on a library share in a template or profile, VMM can substitute any equivalent object when a VM or service is created. つまり、特定の物理リソースに依存せずにテンプレートとプロファイルを作成でき、テンプレートとプロファイルの可用性に影響を与えることなくリソースを使用できます。This means you can author templates and profiles without relying on specific physical resources, and resources can be serviced without affecting the availability of templates and profiles. VMM では、同等のオブジェクトとして、仮想ディスク、.iso イメージ、およびカスタム リソースをサポートします。VMM supports virtual disks, .iso images, and custom resources as equivalent objects.
クラウド ライブラリCloud libraries クラウド プライベートと保管されたノードに割り当てられた読み取り専用ライブラリ共有で、セルフサービス ユーザーが適切なアクセス許可を持っているライブラリ共有に、VM とサービスを格納できます。Read-only library shares that are assigned to a private cloud and a stored node where self-service users with appropriate permissions can store VMs and services. クラウド ライブラリにリソースを追加して、プライベート クラウドのユーザーが使用できるようにすることができます。You can add resources to cloud libraries to make them available for private cloud users.
セルフサービス ユーザー コンテンツSelf-service user content セルフサービス ユーザーは、独自のリソースをアップロードし、テンプレートを作成するときにそれらを使用できます。Self-service users can upload their own resources which can be used when they author templates. ユーザーは、リソースを他のセルフサービスユーザーと共有できます。Users can share resources with other self-service users.
保管された VM およびサービスStored VMs and services ユーザーは、使用していない VM をクラウド ライブラリの保管されたノードに格納できます。Users can store their VMs that aren't in use in the stored node of the cloud library.
更新プログラム カタログと更新基準Update catalog and baselines VMM を介して更新を管理する場合、WSUS 更新基準がライブラリに格納されます。If you manage updates through VMM then WSUS update baselines are stored in the library.
カスタム リソースCustom resources 他の方法ではライブラリにインデックス表示されないリソースを、カスタム リソースとして追加します。Add custom resources so that resources that would otherwise not be indexed show up in the library. これを行うには、フォルダーを .CR 拡張子付きで作成し、そのフォルダーをライブラリ共有に保存します。To do this you create a folder with a .CR extension and save it to a library share. 共有にアクセスできるすべてのユーザーがフォルダーの内容を使用できます。Folder contents are available to all users who can access the share. カスタム リソースの例としては、事前または事後に実行するスクリプトや、カスタム インストール パッケージなどがあります。Examples for custom resources include pre and post-execution scripts, and custom installation packages.
レプリケートされたライブラリ共有を管理するManage replicated library shares レプリケートされるライブラリ サーバーを管理できます。You can manage library servers, which are replicated. DFSR などのレプリケーション テクノロジを使用して、VMM を介してレプリケートされた共有を管理できます。You can use any replication technologies such as DFSR to manage the replicated shares through VMM.

次のステップNext steps

ファイルベースのリソースのライブラリへの追加について学びますLearn about adding file-based resources to the library.