VMM コンピューティング ファブリックに VMware サーバーをセットアップするSet up VMware servers in the VMM compute fabric

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

System Center - Virtual Machine Manager (VMM) ファブリックで VMware サーバーおよび VM を管理する方法については、この記事をご覧ください。Read this article to learn about managing VMware servers and VMs in the System Center - Virtual Machine Manager (VMM) fabric.

VMM では、VMware vSphere ホストや vCenter サーバーなどの複数のハイパーバイザー プラットフォームに仮想マシンおよびサービスを展開して管理することができます。VMM enables you to deploy and manage virtual machines and services across multiple hypervisor platforms, including VMware vSphere hosts and vCenter servers.

  • vCenter および vSphere ホストを VMM ファブリックに追加できます。You can add vCenter and vSphere hosts to the VMM fabric.
  • VMM は VMware vCenter Server と直接統合されます。VMM integrates directly with VMware vCenter Server. VMM コンソールを介して、ホストの探索や管理など、VMware vSphere ホストとクラスターの日常の操作を管理できます。Through the VMM console, you can manage the day-to-day operations of VMware vSphere hosts and clusters, such as the discovery and management of hosts.
  • VMM では、仮想マシンの作成、管理、保存、配置、vSphere ホストへの展開を行うことができます。VMM provides the ability to create, manage, store, place and, deploy virtual machines on vSphere hosts. VMware テンプレートをインポートできます。You can import VMware templates.
  • VMM 論理ネットワークにホスト アダプターを関連付けることができます。You can associate host adapters with VMM logical networks. ポート グループ、標準および分散型仮想スイッチ ("vSwitches")、vMotion、および Storage vMotion の構成など、vCenter Server でより高度な管理を実行することができます。More advanced management takes place on the vCenter Server, for example configuring port groups, standard and distributed virtual switches (or “vSwitches”), vMotion and, Storage vMotion.
  • VMware VM を Hyper-V に変換できます。You can convert VMware VMs to Hyper-V.

アップグレードを開始する前にBefore you start

  • VMM では、VMware を実行しているホストとクラスターの管理をサポートしています。VMM supports the management of hosts and clusters running VMware. サポート対象バージョンの VMware については、こちらの詳細をご覧くださいLearn more for supported versions of VMware.
  • 展開には vCenter サーバーが必要です。You need a vCenter server in your deployment. vSphere ホストおよびホスト クラスターは、VMM で管理されている vCenter サーバーで管理する必要があります。vSphere hosts and host clusters should be managed by a vCenter server, which in turn is managed by VMM.
  • ホストとクラスターを vCenter サーバーで管理している場合、次の機能が VMM でサポートされます。The following features are supported by VMM when hosts and clusters are managed with a vCenter server:
    • VMM コマンド シェル (すべてのハイパーバイザーで同じシェル)。VMM command shell (same shell across all hypervisors)
    • VMware VM を作成、展開、または移行する際の、ホストの評価に基づいた VM の配置。VM placement based on host ratings when you create, deploy, or migrate VMware VMs. サービス展開中の VM の同時展開も含まれます。Includes concurrent VM deployment during service deployment.
    • vSphere ホストに VMM サービスを展開できます。You can deploy VMM services to vSphere hosts. vApps を展開することはできません。You can't deploy vApps.
    • vSphere ホストが置かれているホスト グループからクラウドを作成するか、VMware リソース プールからクラウドを作成して、vSphere ホストのリソースを VMM クラウドで使用できるようにすることができます。You can make vSphere host resources available to a VMM cloud by creating clouds from host groups in which vSphere hosts are located, or by creating a cloud from a VMware resource pool. VMM は VMware vCloud に統合されないことに注意してください。Note that VMM doesn't integrate with VMware vCloud.
    • vSphere ホストに動的最適化と電力の最適化を使用できます。You can use dynamic optimization and power optimization for vSphere hosts. VMM では、ライブ マイグレーションを使用して、vSphere クラスター上で仮想マシンを負荷分散することができます。VMM can load balance virtual machines on vSphere clusters using live migration. 電力の最適化を使用して、vSphere ホストのオン/オフを切り替えて電源管理を行うように VMM を構成できます。With power optimization, you can configure VMM to turn vSphere hosts on and off for power management.
    • クラスター内のホスト間のライブ マイグレーション (vMotion を使用) および記憶域のライブ マイグレーション (Storage vMotion を使用) を使用して、VMware のリソースを転送できます。You can transfer VMware resources using live migrating between hosts in a cluster (uses vMotion) and live storage migration (uses storage vMotion). サポートされているリソースの転送には、ライブラリとの間およびホスト間のネットワーク移行があります。Resources supported for transfer include network migration to and from the library and between hosts. VMware のシン プロビジョニング ディスクは、ディスクが VMM ライブラリに移行されるとシック (thick) になることに注意してください。Note that VMware thin provision disks become thick when you migrate a disk to the VMM library.
    • VMM で管理されている vSphere ホストのメンテナンス モードの開始と解除を切り替えることができます。You can place vSphere hosts managed by VMM into and out of maintenance mode.
    • VMware VM、VMDK ファイル、VMware テンプレートを VMM ライブラリに整理して格納することができます。You can organization and store VMware VMs, VMDK files, and VMware templates in the VMM library. テンプレートから新しい VM を作成できます。You can create new VMs from templates. VMM では古いディスクの種類の VMDK をサポートしていないことに注意してください。Note that VMM doesn't support older VMDK disk types. サポートされているディスクの種類は、標準の VMDK ファイル (VMFS とモノリシック フラット)、物理ディスクへのアクセスに使用される VMDK ファイル (vmfsPassthroughRawDeviceMap)、およびスナップショット (vmfssparse) です。These disk types are supported: regular VMDK files (VMFS and moniolithic flat), VMDK files that are used to access physical disks (vmfsPassthroughRawDeviceMap), and snapshots (vmfssparse).
    • ライブラリに格納されている .vmdk ファイルを使用してテンプレートを作成できます。You can create templates using .vmdk files stored in the library. vSphere ホストに格納されているテンプレートをインポートすることもできます (テンプレートのメタデータのみが VMM にインポートされます)。You can also import templates stored on vSphere hosts (only template metadata is imported to VMM)
    • VMM では、標準および分散型の既存の vSwitch とポート グループをサポートしています。VMM supports existing standard and distributed vSwitches and port groups. vSwitch とポート グループは、vCenter サーバーで構成する必要があります。vSwitches and port groups must be configured with the vCenter server.
    • VMware 上で実行されている Windows ベースの VM への論理ネットワーク、静的 IP アドレス、MAC アドレスの割り当てなど、通常の VMM ネットワーク タスクを実行できます。You can do regular VMM networking tasks, including assigning logical networks, static IP address and MAC address to Windows-based VMs running on VMware.
    • VMM は VMware Paravirtual SCSI (PVSCSI) 記憶域アダプターをサポートし認識します。VMM supports and recognized VMware Paravirtual SCSI (PVSCSI) storage adapters.
    • VMM では、バーチャル ハード ディスクが IDE バスに接続されている VMware VM をサポートしていません。VMM doesn't support VMware VM with virtual hard disks connected to an IDE bus.
    • VMM では、ダイナミック ディスクの種類を介して VMware シン プロビジョニング ハード ディスクをサポートします。VMM supports VMware thin provision hard disk through the dynamic disk type. ダイナミック ディスクを使用するように構成された vSphere ホストに、作成した VM を展開すると、ディスクがシン プロビジョニングされることに注意してください。Note that if you create and deploy a VM to a vSphere host configured to use a dynamic disk the disk will be thin provisioned. 帯域外でシン プロビジョニング ディスクとして作成された VM は、VMM ではダイナミックとして表示されます。If a VM was created as a thin provisioned disk out-of-band VM will display it as dynamic. シン プロビジョニング ディスクをライブラリに保存すると、VMM により、シック (thick) として保存されます。If you save a thin provision disk to the library VMM will save it as thick. そのディスクから VM を作成した場合は、シックのままになります。It remains thick if you create a VM from it.
    • すべての記憶域は VMM の外部の vSphere ホストに追加する必要があります。All storage must be added to vSphere hosts outside VMM.
    • VMM と vCenter サーバー間の通信は、SSL で暗号化されます。Communication between VMM and the vCenter server is SSL encrypted. vCenter サーバーを識別する証明書が必要です。vCenter サーバーの自己署名証明書またはサード パーティの検証済み証明書を使用できます。You'll need a certificate to identify the vCenter server You can use a self-signed certificate for a vCenter server or a third-party verified certificate.
    • VMM に対する vCenter サーバーの認証に自己署名証明書を使用する場合は、vCenter サーバーを追加する前に、証明書を VMM 管理サーバーの信頼されたユーザーの証明書ストアに手動でインポートできます。If you're using a self-signed certificate for authenticating the vCenter server to VMM you can manually import the certificate to the Trusted People certificate store on the VMM management server before adding the vCenter server. インポートしないと、展開時にインポートするよう求められます。If you don't you'll be prompted to do this during deployment.
    • vCenter サーバーの管理者権限を持つアカウント (ローカル アカウントまたは Active Directory アカウント) と vSphere ホストの管理者権限を持つアカウントが必要です。You'll need an account with admin permissions for the vCenter server (local or Active Directory account) and an account with admin permissions for the vSphere hosts. 開始する前に、実行アカウントを作成できます。You can create Run As accounts before you begin. アカウントがない場合は、展開時にアカウントを作成する必要があります。If you don't you'll need to create accounts during the deployment procedure.
    • VMM と、vCenter サーバーで管理されている vSphere ホストがセキュリティで保護された接続を介して通信するかどうかを決定できます。You can decide whether you want VMM to communicate with the vSphere hosts managed by the vCenter server over a secure connection. 通信する場合は、各 vSphere ホストまたはクラスターで通信を認証するための証明書が必要です。If so you'll need a certificate to authentication communications on each vSphere host or cluster. vSphere がホストにインストールされたときに VMware によって作成された自己署名証明書を使用するか、信頼された CA の証明書を使用できます。You can either use the self-signed certificate that VMware created when vSphere was installed on the host, or a certificate from a trusted CA. 自己署名証明書を使用する場合は、展開を開始する前に、各 vSphere ホストから VMM 管理サーバーに自己署名証明書をインポートすることができます。If you're using a self-signed certificate you can import it from each vSphere host to the vMM management server before you begin deployment
    • vSphere ホストのネットワーク設定を構成する前に、ホスト上の物理ネットワーク アダプターに関連付ける論理ネットワークを作成していることを確認してください。Before you configure network settings for vSphere hosts make sure you've created logical networks that you want to associate with the physical network adapters on the hosts.

vCenter サーバーを追加するAdd a v-Center server

  1. [ファブリック][サーバー][vCenter サーバー][追加][リソースの追加][VMware vCenter サーバー] の順にクリックします。Click Fabric > Servers > vCenter servers > Add > Add Resources > VMware vCenter Server.
  2. [VMware vCenter サーバーの追加] で、vCenter サーバーの名前 (FQDN、NetBIOS、または IP アドレス) を指定します。In Add VMware vCenter Server specify the name (FQDN, NetBIOS, or IP address) of the vCenter server. vCenter サーバーに接続するために必要なポート (既定では 443) を追加します。Add the port needed to connect to the vCenter server (443 by default).
  3. [実行アカウント] で、vCenter サーバーの管理者権限を持つ実行アカウントをクリックします。In Run As account click the Run As account with admin permissions for the vCenter server. これがない場合、 [実行アカウントの作成] をクリックします。Click Create Run As Account if you don't have one.
  4. [セキュリティ] で、 [VMware ESX ホストと保護モードで通信する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。In Security select or clear Communicate with VMware ESX hosts in secure mode. この設定はオンのままにすることをお勧めします。We recommend you keep the setting checked. オンの場合は、vCenter サーバーで管理されている各 vSphere ホストの証明書と公開キーが必要です。If selected you'll need a certificate and public key for each vSphere host managed by the vCenter server.
  5. vCenter サーバーとの通信に自己署名証明書を使用するものの、その証明書を信頼されたユーザーの証明書ストアに手動でコピーしていない場合、 [証明書のインポート] ダイアログ ボックスが表示されます。If you're using a self-signed certificate to communicate with the vCenter server and you haven't manually copied it to the Trusted People certificate store the Import Certificate dialog will appear. [インポート] をクリックして、ストアに証明書を追加します。Click Import to add the certificate to the store.
  6. [ジョブ] で、ジョブの状態が [完了] になるまで待機します。その後、 [ファブリック][サーバー][vCenter サーバー] の順にクリックし、サーバーの状態が [稼働中] と表示されていることを確認します。In Jobs, wait until the job has a Completed status and then check that the server appears in Fabric > Servers > vCenter Server with a Responding status.

ESX/ESXi ホストを追加するAdd an ESX/ESXi host

  1. 開始する前に、vCenter サーバーが VMM で管理されていることを確認します。Ensure that the vCenter server is managed by VMM before you start. vCenter サーバーを追加すると、サーバーの vSphere ホストが自動的に検出されます。When you add the vCenter server, vSphere hosts for the server are discovered automatically.
  2. [ファブリック][リソースの追加][VMware ESX ホストとクラスター] の順にクリックします。Click Fabric > Add Resources > VMware ESX Hosts and Clusters.
  3. リソースの追加ウィザード[資格情報] で、追加する vSphere ホストの管理者権限を持つ実行アカウントをクリックします。In the Add Resource Wizard > Credentials, click the Run As account that has admin permissions on the vSphere hosts you want to add. これがない場合、実行アカウントを作成します。Create a Run As account if you don't have one
  4. [ターゲット リソース] で、vCenter サーバーをクリックします。In Target Resources click the vCenter server. ホストがクラスター化されている場合、ホストとクラスター ノードが表示されます。If the hosts are clustered they'll be listed together with the cluster nodes.
  5. [コンピューター名] で、追加するホストまたはクラスターを選択するか、 [すべて選択] を選択します。In Computer Name, select the hosts or clusters you want to add, or Select All.
  6. [ホストの設定] で、ホストまたはホスト クラスターを割り当てるホスト グループをクリックします。In Host Settings, click the host group to which you want to assign the host or cluster. VM の配置パスを追加する必要はありません。You don't need to add VM placement paths.
  7. [サマリー] で設定を確認し、 [完了] をクリックします。In Summary, verify the settings and click Finish. [ジョブ] ダイアログに [完了] 状態が表示されるまで待機します。Wait until the Jobs dialog shows a Completed status.
  8. [ファブリック] > [サーバー] > [すべてのホスト] の順にクリックし、ホスト グループ内の各ホストまたはクラスターの状態を確認します。Click Fabric > Servers> All Hosts and in the host group check the status of each host or cluster. [OK] または [OK (制限あり)] である必要があります。Either OK or OK (limited).
  9. 状態が制限ありというのは、 [VMware ESX ホストと保護モードで通信する] 設定を有効にしているが、各 vSphere ホストから証明書をまだインポートしていないことを表します。If the status is limited it means you've enabled the setting Communicate with VMware ESX hosts in secure mode but haven't yet imported a certificate from each vSphere host. セキュリティ設定を変更するには、vCenter サーバーを右クリックし、 [プロパティ][セキュリティ] の順にクリックします。To modify the security setting right-click the vCenter server > Properties > Security.
  10. 証明書をインポートするには、関連する各ホスト名、 [プロパティ][管理][取得][OK] の順にクリックします。To import the certificate click each relevant host name > Properties > Management > Retrieve > OK. インポート後、ホストの状態は [OK] である必要があります。The host status should be OK after the import.

論理ネットワークにホスト アダプターを関連付けるAssociate host adapters with logical networks

既定では、vSphere ホストを VMM に追加したときに、VMM により、仮想ネットワーク スイッチ名と一致する論理ネットワークが自動的に作成されます。By default when you added vSphere hosts to VMM, VMM automatically created logical networks that match the virtual network switch name. VMM ではポート グループが自動的に作成されないため、vCenter サーバー上のネットワーク サイトに対応する必要な VLAN を設定したポート グループを構成する必要があります。Note that VMM doesn't automatically create port groups so you'll need to configure port groups wiht the necessary VLANs that correspond to network sites on the vCenter server.

次のように論理ネットワークと物理ネットワーク アダプターを関連付けます (外部仮想ネットワーク用)。Associate the logical network with the physical network adapter (for an external virtual network) as follows:

  1. [ファブリック][サーバー][すべてのホスト] 、vSphere ホスト、 [ホスト][プロパティ][ハードウェア] の順にクリックします。Click Fabric > Servers > All Hosts > vSphere host > Host > Properties > Hardware.
  2. [ネットワーク アダプター] で、ホスト上の物理ネットワーク アダプターを選択します。In Network Adapters, select the physical network adapter on the host. [論理ネットワーク接続] で、アダプターと関連付ける論理ネットワークを選択します。In Logical network connectivity, select the logical networks you want to associate with the adapter. ホスト グループで使用できる論理ネットワークのみを選択できることに注意してください。Note that only logical networks available to the host group are available.
  3. [詳細][ネットワーク アダプターの詳細プロパティ] の順にクリックして、論理ネットワークに使用できる IP サブネットと VLAN を確認します。Click Advanced > Advanced Network Adapter Properties to see IP subnets and VLANs available for a logical network. 既定では、論理ネットワークの場合、サブネットと VLAN はホスト グループに制限されるか、親ホスト グループから継承されます。By default for a logical network the subnets and VLANs are scope to the host group or inherited via a parent host group. まったく表示されない場合は、論理ネットワークのネットワーク サイトが存在していないことを示しています。If none appears it indicates that no network site existing for the logical network. [割り当てなし] をクリックできる場合は、クリックすると、物理アダプターが接続されているが、ネットワーク サイトに含まれていない VLAN が表示されます。If Unassigned is available click it to view VLANS to which the physical adapter is connected, but that aren't included in a network site.
  4. ホストの [プロパティ] の [仮想ネットワーク] で仮想ネットワークの設定を確認します。View virtual network settings in the host properties > Virtual Networks. [ファブリック][ネットワーク][論理ネットワーク][ホスト][ホストの論理ネットワークの情報][対応] の順にクリックして、対応情報を確認します。View compliance information in Fabric > Networking > Logical Networks > Hosts > Logical Network Information for Hosts > Compliance. 状態が [完全に対応] の場合、ネットワーク サイトに含まれているすべてのサブネットと VLAN がネットワーク アダプターに割り当てられていることを示します。A status of Fully compliant indicates that all subnets and VLAN that are in the network site are assigned to the network adapter.

テンプレートを vCenter からインポートするImport templates from vCenter

vCenter サーバーから VMM ライブラリに VMware テンプレートをインポートできます。You can import VMware templates from the vCenter server to the VMM library. VMM では、.vmdk ファイルではなく、テンプレートに関連付けられているメタデータのみをコピーします。VMM copies only the metadata associated with the template and not the .vmdk file. そのため、VMM はテンプレートを使用するのに vCenter サーバーに依存します。This means that VMM is dependent on the vCenter server to use the template.

  1. [ライブラリ][ホーム][インポート][VMware テンプレートのインポート] の順にクリックします。Click Library > Home > Import > Import VMware template.
  2. [VMware テンプレートのインポート] で、インポートする各テンプレートを選択し、[OK] をクリックします。In Import VMware Templates, select each template you want to import and click OK.
  3. [ライブラリ][テンプレート][VM テンプレート] の順にクリックして、テンプレートを確認します。Verify the templates in Library > Templates > VM Templates.

VMware ホストのサービス期間を設定するSet up a servicing window for a VMware host

サービス期間は、VMM の外部でサービスをスケジュールする方法を提供します。Servicing windows provide a method for scheduling servicing outside VMM. サービス期間を個々のホスト、仮想マシン、またはサービスに関連付けることができます。You can associate a servicing window with individual hosts, virtual machines, or services. 他のアプリケーションを使用してメンテナンス タスクをスケジュールする前に、Windows PowerShell スクリプトまたはカスタム アプリケーションを使用して、オブジェクトを照会し、オブジェクトが現在サービス期間内かどうかを確認できます。Before using other applications to schedule maintenance tasks, you can use Windows PowerShell scripts or custom applications to query the object and determines if it is currently in a servicing window. サービス期間が VMM の通常の使用と機能を妨げることはありません。Servicing windows do not interfere with the regular use and functionality of VMM. 次のようにサービス期間を設定します。Set up a servicing window as follows:

  1. VMM コンソールで、 [設定][作成][サービス期間の作成] の順にクリックします。In the VMM console, click Settings > Create > Create Servicing Window.
  2. [新しいサービス期間] で、期間の名前とオプションの説明を指定します。In New Servicing Window, specify a name and optional description for the window.
  3. [カテゴリ] で、サービス期間のカテゴリを入力するか選択します。In Category, enter or select the category of servicing window.
  4. [開始時刻] に、サービス期間の日付、時刻、およびタイム ゾーンを入力します。In Start time, enter the date, time of day, and time zone for the maintenance window.
  5. [期間] に、サービス期間の時間または分数を指定します。In Duration, specify the number of hours or minutes in the servicing window.
  6. [パターンの設定] で頻度 ([日]、[週]、または [月]) を選択し、その頻度で実行する回数をスケジュールします。Under Recurrence pattern, select the frequency (Daily, Weekly, or Monthly), and then schedule the occurrences within that frequency.
  7. 期間を設定した後は、期間をホストまたは VM に割り当てることができます。After the window is set up, you can assign it to a host or VM. ホストに割り当てるには、ホストの [プロパティ]、 [サービス期間][管理] の順にクリックし、ホストに追加する期間を選択します。To assign to a host, click the host properties > Servicing Window > Manage, and select the window you want to add to the host.