VMM ファブリックでのポート プロファイルの設定Set up port profiles in the VMM fabric

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

System Center - Virtual Machine Manager (VMM) ネットワーク ファブリックでアップリンク ポート プロファイルと仮想ネットワーク アダプター の ポート プロファイルを設定する方法については、この記事をご覧ください。Use this article to learn about and set up uplink port profiles and virtual network adapter port profiles in the System Center Virtual Machine Manager (VMM) networking fabric.

  • アップリンク ポート プロファイル:アップリンク ポート プロファイルを作成後、スイッチを展開するときに物理ネットワーク アダプターに適用します。Uplink port profiles: You create uplink port profiles and then apply them to physical network adapters when you deploy switches. アップリンク ポート プロファイルはアダプターの負荷分散アルゴリズムを定義し、同じアップリンク ポート プロファイルを使用するホスト上で複数のネットワーク アダプターをチーミングする方法を指定します。Uplink port profiles define the load balancing algorithm for an adapter, and specify how to team multiple network adapters on a host that use the same uplink port profile. このプロファイルは、アダプターに関連付けられた論理ネットワークと組み合わせて使用されます。This profile is used in conjunction with the logical network that you associated with the adapter.
  • 仮想ネットワーク アダプター ポート プロファイルVirtual network adapter port profiles. 仮想ネットワーク アダプターに仮想ネットワーク アダプター ポートプロファイルを適用します。You apply virtual network adapter port profiles to virtual network adapters. これらのプロファイルは、帯域幅の制限、および優先度などの特定の機能を定義します。These profiles define specific capabilities, such as bandwidth limitations, and priority. VMM には、さまざまな組み込みのプロファイルが含まれます。VMM includes a number of built-in profiles.
  • ポート分類:仮想ネットワーク アダプター ポート プロファイルを作成後、ポート分類を作成できます。Port classifications: After creating a virtual network adapter port profiles you can create port classifications. ポート分類は、さまざまな種類の仮想ネットワーク アダプター ポート プロファイルを特定する抽象型です。Port classifications are abstractions that identify different types of virtual network adapter port profiles. たとえば、帯域幅が広く構成されているポートを特定する FAST という分類と、帯域幅が狭く構成されている SLOW という別のポート分類を作成できます。For example you could create a classification called FAST to identify ports that are configured to have more bandwidth and another one called SLOW with less bandwidth. 論理スイッチには分類が含まれています。Classifications are included in logical switches. 管理者とテナントは、VM 仮想マシン アダプターの分類を選択できます。Administrators and tenants can choose a classification for their VM virtual machine adapters. 既定では、VMM には組み込みの仮想ネットワーク アダプター ポート プロファイルをマップする組み込みの分類が含まれていますBy default, VMM includes built-in classifications that map to the built-in virtual network adapter port profiles

アップリンク ポート プロファイルの作成に関するガイドライン:Some guidelines for creating uplink port profiles:

  • 環境内で、物理ネットワークごとに少なくとも 1 つのアップリンク ポート プロファイルが必要です。You need at least one uplink port profile for each physical network in your environment. 1 つの物理ネットワークですべてのホストが同様に構成されている単純な環境で、ネットワーク アダプター チーミングと同じプロトコルを使用している場合は、1 つのアップリンク ポート プロファイルのみが必要となります。If you do have a simple environment with a single physical network and all hosts are configured the same way, with the same protocols for network adapter teaming, then you might only need a single uplink port profile. ただし、このケースはまれです。This is rare though. 特定の論理ネットワークを特定のホスト コンピューターのグループにスコープするまたは制限する必要があり、これにより、複数のアップリンク ポート プロファイルの作成が便利になります。You'll probably need to scope or restrict certain logical networks to a specific group of hosts computer, and this need makes it useful to create multiple uplink port profiles.
  • VLAN と IP サブネットがある物理的な位置ごとにアップリンクを定義する必要があります。You need to define uplinks for each physical location that has its own VLAN and IP subnets.
  • 論理ネットワークをホスト コンピューターの特定のセットに制限するまたはスコープする場合は、各コンピューター グループのアップリンクを作成する必要があります。If you plan to restrict or otherwise scope logical networks to a specific set of host computers, you will need to create uplinks for each group of computers.
  • 異なる接続要件、または異なるチーミング プロトコルを使用するコンピューターのグループごとに (物理的な位置ごとに) 分割したアップリンク ポート プロファイルが必要です。You need separate uplink port profiles for groups of computers (in each physical location) that have different connectivity requirements or use different teaming protocols.
  • ネットワーク仮想化をサポートしないネットワークには、アップリンクを分離して作成することを検討する必要があります。You might consider creating separate uplinks for networks that do not or will not support network virtualization.
  • プロファイルに含まれるネットワーク サイトは、ホスト コンピューターと同じグループにスコープする必要があります。Network sites that will be included in a profile should be scoped to the same group of host computers. そうなっていない場合に、アップリンク プロファイルに含まれたネットワーク サイトを定義するホスト グループのメンバーでないコンピューターに適用しようとすると、スコープ外のエラーが発生します。If they aren't you'll receive an out-of-scope error when you try to apply it to a computer that isn't a member of the host groups defines in every one of the network sites included in the uplink profile.
  • アップリンク ポート プロファイルに追加する各ネットワーク サイトが、別の論理ネットワークを参照していることを確認する必要があります。You should try and ensure that each of the network sites t hat you add to an uplink port profile refers to a different logical network. それ以外の方法で行う場合、ネットワーク サイトで定義されているすべての VLAN と IP サブネットは、アップリンク ポート プロファイルが適用されたホスト コンピューター上の論理ネットワークに関連付けられます。If you do otherwise all of the VLANs and IP subnets defined in those network sites will be associated with the logical network on any host computer on which the uplink port profile is applied. VLAN 分離を使用しない場合は、ホスト コンピューターで VLAN の範囲を確立する方法はなく、IP サブネットで論理ネットワークに接続された VM を許可する必要がありますIf you're not using VLAN isolation the host computer has no way to establish which of the range of possible VLANs and IP subnets will be needed to allow VMs connected to the logical network
  • 複数のネットワーク サイト (およびその論理ネットワーク) への参照を含むアップリンク ポート プロファイルを作成することができます。You can create an uplink port profile that contains references to multiple network sites (and hence logical networks). 選択した各サイトの VLAN と IP アドレスが、物理ネットワーク アダプターからポート プロファイルが適用される位置まで有効 (ルーティング可能) であることを確認する必要があります。You should ensure that the VLANs and IP addresses in each of the selected sites should be valid (routable) from the physical network adapter to which the port profile has been applied.
  • 物理ネットワーク アダプターにプロファイルを適用すると、これらのネットワーク サイトでは、物理アダプターに関連付けられる論理ネットワークのセットと、その論理ネットワークに接続する VM とサービスに割り当てられる VLAN と IP アドレスが決定されます。When you apply the profile to a physical network adapter these network sites determine the set of logical networks that should be associated with the physical adapter and the VLANs and IP subnets that will be allocated to VMs and services that connect to those logical networks.
  1. [ファブリック] > [ホーム] > [表示] > [ファブリックのリソース] の順にクリックします。Click Fabric > Home > Show > Fabric Resources. [ファブリック] タブをクリックし、 [ネットワーク] > [ポート プロファイル] > [Hyper-V ポート プロファイル] の順にクリックします。Click Fabric tab > Networking > Port Profiles > Hyper-V Port Profile.

  2. Hyper-V ポート プロファイルの作成ウィザード > の [全般] で名前と説明を入力し、 [アップリンク ポート プロファイル] を選択します。In Create Hyper-V Port Profile Wizard > General type in a name, description and select Uplink Port Profile. [負荷分散] と [チーミング設定] を選択します:Select the load balancing and teaming settings:

    • 負荷分散:ホストの規定 は、既定の設定であり、ソース VM の Hyper-V スイッチ ポート識別子に基づいてネットワーク トラフィックを分散するか、Hyper-V ホストがサポートするアルゴリズムによって動的負荷分散アルゴリズムを使用します。Load balancing: Host Default is the default setting and this will either distribute network traffic based on the Hyper-V switch port identifier of the source VM or use a Dynamic loading balancing algorithm, depending what the Hyper-V host supports. 動的アルゴリズムは、Windows Server 2012 R2 以降でのみ使用可能です。Dynamic is only available from Windows Server 2012 R2 onwards. 次も選択できます:You can also select:

      • Hyper-V ポート:ソース VM の Hyper-V スイッチ ポート識別子に基づいて、ネットワーク トラフィックを分散します。Hyper-V port: Distributes network traffic according to the Hyper-V switch port identifier of the source VM.
      • トランスポート ポート:ソースおよび宛先の TCP ポートと IP アドレスを使用してハッシュを作成し、使用可能なネットワーク アダプターのいずれかにそのハッシュ値を持つパケットを割り当てます。Transport ports: Uses the source and destination TCP ports and the IP addresses to create a hash and then assigns the packets that have that hash value to one of the available network adapters.
      • IP アドレス:ソースおよび宛先の IP アドレスを使用してハッシュを作成し、使用可能なネットワーク アダプターのいずれかにそのハッシュ値を持つパケットを割り当てます。IP addresses: Uses the source and destination IP addresses to create a hash and then assigns the packets that have that hash value to one of the available network adapters.
      • MAC アドレス:ソースおよび宛先の MAC アドレスを使用してハッシュを作成し、使用可能なネットワーク アダプターのいずれかにそのハッシュ値を持つパケットを割り当てます。MAC addresses: Uses the source and destination MAC addresses to create a hash and then assigns the packets that have that hash value to one of the available network adapters.
    • チーミング:スイッチに非依存 は既定の設定であり、NIC チームに対して物理ネットワーク スイッチの構成が必要ないことを指定します。Teaming: Switch Independent is the default setting and this specifies that physical network switch configuration isn't needed for the NIC team. ネットワーク スイッチが構成されていないため、チーム内のネットワーク アダプターから複数の (非-=トランク) 物理スイッチへの接続が許可されます。The network switch is not configured and so allow network adapters within the team to be connected to multiple (non-=trunked) physical switches. 次も選択できます:You can also select:

      • LACP:LACP プロトコルを使用して、ホストと指定されたスイッチの間で接続されているリンクを動的に識別します。LACP: Use the LACP protocol to dynamically identify links that are connected between the host and a given switch.
      • 静的チーミング:スイッチとホストの両方を構成し、チームを構成するリンクを識別します。Static teaming: You configure both the switch and host to identify which links form the team.
  3. ネットワーク構成で、このアップリンク ポート プロファイルがサポートする 1 つ以上のネットワーク サイトを選択します。In Network Configuration select one or more network sites for this uplink port profile to support. アップリンク ポート プロファイルには、ネットワーク サイトの一覧が含まれ、各ネットワーク サイトから異なる論理ネットワークへのリンクが表示されています。Uplink port profiles contains a list of network sites with each network site representing a link to a different logical network. ネットワーク仮想化を有効にして、1 つの物理ネットワーク上に複数の VM ネットワークを展開する場合は、 [HYPER-V ネットワーク仮想化を有効にする] を選択します。Select Enable Hyper-V Network Virtualization if you want to enable network virtualization to deploy multiple VM networks on a single physical network. 論理ネットワークがネットワーク仮想化のために構成されていて、 [この論理ネットワークに新規に作成される VM ネットワークがネットワーク仮想化を使用することを許可する] が有効な場合にのみ、この操作を行うことができます。You should only do this if the logical network is configured for network virtualization with Allow new VM networks created on this logical network to use network virtualization enabled.

  4. [サマリー] で設定を確認し、 [完了] をクリックします。In Summary review the settings and click Finish.

アップリンク ポート プロファイルを作成後、次の手順で論理スイッチに追加すると、作成したプロファイルがその論理スイッチで使用できるプロファイルの一覧に追加されます。After you create an uplink port profile, the next step is to add it to a logical switch, which places it in a list of profiles that are available through that logical switch. 論理スイッチをホスト内のネットワーク アダプターに適用するとき、プロファイルの一覧にアップリンク ポート プロファイルが表示されますが、一覧からそれを選択するまでそのネットワーク アダプターには適用されません。When you apply the logical switch to a network adapter in a host, the uplink port profile is available in the list of profiles, but it is not applied to that network adapter until you select it from the list. したがって、複数のホストにわたるネットワーク アダプターの構成に一貫性を持たせながら、各ネットワーク アダプターを特定の要件に基づいて構成することが可能になります。This helps you to create consistency in the configurations of network adapters across multiple hosts, but also enables you to configure each network adapter according to your specific requirements.

仮想ネットワーク アダプター ポート プロファイルの作成Create a virtual network adapter port profile

  1. [ファブリック] > [ホーム] > [表示] > [ファブリックのリソース] の順にクリックします。Click Fabric > Home > Show > Fabric Resources. [ファブリック] タブをクリックし、 [ネットワーク] > [ポート プロファイル] > [ホーム] > [作成] > [Hyper-V ポート プロファイル] の順にクリックします。Click Fabric tab > Networking > Port Profiles > Home > Create > Hyper-V Port Profile.

  2. Hyper-V ポート プロファイルの作成ウィザード > の [全般] で名前と説明を入力し、 [アップリンク ポート プロファイル] を選択します。In Create Hyper-V Port Profile Wizard > General type in a name, description and select Uplink Port Profile.

  3. オフロード設定で、オフロード トラフィックの設定を次のように指定します:In Offload Setting, specify a setting for offloading traffic:

    • 仮想マシン キュー (VMQ) を有効にする:仮想ネットワーク アダプター宛てのパケットがそのアダプターのキューに直接配信されるので、パケットを管理用オペレーティング システムから仮想マシンにコピーする必要がありません。Enable virtual machine queue (VMQ): Packets destined for a virtual network adapter are delivered directly to a queue for that adapter, and they do not have to be copied from the management operating system to the virtual machine. 物理ネットワーク アダプターは VMQ をサポートする必要があります。The physical network adapter must support VMQ.
    • IPsec タスク オフロードを有効にする:IPsec の計算作業の一部または全体が、コンピューターの CPU からネットワーク アダプター上の専用プロセッサに移行されます。Enable IPsec task offloading: Some or all of the IPsec computational work is shifted from the computer’s CPU to a dedicated processor on the network adapter. 物理ネットワーク アダプターおよびゲスト オペレーティング システムによるサポートが必要です。The physical network adapter and the guest operating system must support it.
    • シングルルート I/O 仮想化を有効にする:ネットワーク アダプターを特定の仮想マシンに直接割り当てることができます。Enable single-root I/O virtualization: A network adapter can be assigned directly to a virtual machine. これにより、ネットワーク遅延およびネットワーク トラフィックの処理に必要な CPU オーバーヘッドを最小限に抑えながら、ネットワーク スループットを最大化できます。This maximizes network throughput while minimizing network latency and minimizing the CPU overhead that is required to process network traffic. 物理ネットワーク アダプター、および管理オペレーティング システムとゲスト オペレーティング システムのドライバーによるサポートが必要です。The physical network adapter and drivers in the management operating system and guest operating system must support it. SR-IOV を使用するには、オフロード設定のポート プロファイルと、ポートプロファイルを含む 全般設定の論理スイッチで、SR-IOV を有効にする必要があります。If you want to use SR-IOV you'll need to enable it in the port profile (in Offload settings) and in the logical switch (General settings) that includes the port profile. ホスト上で使用するポート設定と論理スイッチをまとめる仮想スイッチを作成するときに、ホスト上で正しく構成されなければなりません。It must be configured correctly on the host when you create the virtual switch that brings port settings and the logical switch you want to use on the host together. 仮想スイッチでは、ポート プロファイルを、ポート分類 (VMM の既定の SR-IOV 分類、もしくはカスタマイズした分類のいずれか) を使用して仮想スイッチに割り当てますIn the virtual switch you attach the port profile to the virtual switch using a port classification (either the default SR-IOV classification provided by VMM, or a custom one)
  4. セキュリティ設定 では、次を指定します:In Security Settings specify:

    • MAC スプーフィングを許可する:仮想マシンが送信パケットのソース MAC アドレスを、その仮想マシンに割り当てられていないアドレスに変更することを許可します。Allow MAC spoofing: Allows a virtual machine to change the source MAC address in outgoing packets to an address that is not assigned to that virtual machine. たとえば、一部のロード バランサー仮想機器ではこの設定を有効にする必要があります。For example, a load-balancer virtual appliance might require this setting to be enabled.
    • DHCP ガードを有効にする:man-in-the-middle 攻撃をかけるため DHCP サーバーになりすました悪意のある仮想マシンからの保護に役立ちます。Enable DHCP guard: Helps protect against a malicious virtual machine that represents itself as a DHCP server for man-in-the-middle attacks.
    • ルーター ガードを許可する:ルーターになりすました不正な仮想マシンにより送信された広告やリダイレクト メッセージからの保護に役立ちます。Allow router guard: Helps protect against advertisement and redirection messages that are sent by an unauthorized virtual machine that represents itself as a router.
    • ゲスト チーミングを許可する:仮想ネットワーク アダプターと同じスイッチに接続されている他のネットワーク アダプターをチーミングすることを許可します。Allow guest teaming: Allows you to team the virtual network adapter with other network adapters that are connected to the same switch.
    • IEEE 優先順位のタグ付けを許可する:仮想ネットワーク アダプターからの送信パケットに IEEE 802.1p の優先順位のタグ付けすることを許可します。Allow IEEE priority tagging: Allows you to tag outgoing packets from the virtual network adapter with IEEE 802.1p priority. この優先順位タグは、サービス品質 (QoS) がトラフィックの優先順位を決定するために使用できます。These priority tags can be used by Quality of Service (QoS) to prioritize traffic. IEEE 優先順位のタグ付けを許可しない場合、パケットの優先順位は 0 にリセットされます。If IEEE priority tagging is not allowed, the priority value in the packet is reset to 0.
    • ゲストの指定した IP アドレスを許可する:ネットワーク仮想化を使用する VM ネットワークに影響します。Allow guest specified IP addresses: Affects VM networks using network virtualization. VM (ゲスト) は仮想ネットワーク アダプター上の IP アドレスを追加や削除できます。The VM (guest) can add and remove IP addresses on this virtual network adapter. したがって仮想マシンの設定を管理する手順が簡易化されます。This can simplify the process of managing virtual machine settings. ネットワーク仮想化によるゲスト クラスタリングを使用する仮想マシンには、ゲストが指定した IP アドレスが必要です。Guest-specified IP addresses are required for virtual machines that use guest clustering with network virtualization. ゲストが追加する IP アドレスは、VM ネットワークの既存の IP サブネット内になければなりません。The IP address that a guest adds must be within an existing IP subnet in the VM network.
  5. 帯域幅設定で、アダプターが使用できる帯域幅の最小値と最大値を指定します。In Bandwidth Settings specify the minimum and maximum bandwidth that are available to the adapter. 最小帯域幅は Mbps 単位で指定するか、他の仮想ネットワーク アダプターに対する仮想ネットワーク アダプターの使用帯域幅を制御する重みの値 (0 ~ 100) として指定できます。The minimum bandwidth can be expressed as megabits per second (Mbps) or as a weighted value (from 0 to 100) that controls how much bandwidth the virtual network adapter can use in relation to other virtual network adapters. 帯域幅設定が使用されていないことと、SR-IOV がポート プロファイルとポート プロファイルを含む論理スイッチで有効になっていることに注意してください。Note that bandwidth settings aren't used SR-IOV is enabled on the port profile and logical switch that contains the port profile.

  6. [概要] で設定を確認し、 [完了] をクリックします。In Summary review the settings and click Finish.

ポート プロファイル作成後に、ポート分類を作成できます。After creating a port profile you can create a port classification.

仮想ネットワーク アダプター ポートプロファイルのポート分類を作成するCreate port classifications for virtual network adapter port profiles

  1. [ファブリック] > [ホーム] > [表示] > [ファブリックのリソース] の順にクリックします。Click Fabric > Home > Show > Fabric Resources. [ファブリック] タブをクリックし、 [ネットワーク] > [ポート分類] > [ホーム] > [作成] > [ポート分類] の順にクリックします。Click the Fabric tab > Networking > Port Classifications > Home > Create > Port Classification.
  2. [ポート分類の作成ウィザード] > [名前] で、分類名を指定します。In Create Port Classification Wizard > Name specify a classification name.

次のステップNext steps

論理スイッチの設定Set up logical switches