[スクリプトの実行] コマンドを使用してリモート ホストでスクリプトを実行するRun a script on a remote host by using Run Script command

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

System Center Virtual Machine Manager (VMM) では、[スクリプトの実行] コマンド機能を使用してホスト上でコマンドをリモートで実行する機能がサポートされています。System Center Virtual Machine Manager (VMM) supports the ability to execute commands remotely, on a host by using the Run Script command feature. この機能は、サービスを開始したり、リモート ホストから情報を収集したりするシナリオで役立ちます。This feature is useful in scenarios where you want to start a service or collect information from a remote host.

VMM ライブラリに追加したカスタム リソースを使用して、ホスト上でスクリプトを実行することもできます。You can also run the script on the host by using the custom resources that you added to the VMM library. カスタム リソースは、サーバーに対して特定のコマンドを実行できるバッチ ファイルで構成できますが、カスタム リソースの使用は必須ではありません。Custom resources can consist of batch files that can execute specific commands against the server, but the use of custom resources is not required.

シナリオ例 1 - サービスを開始するExample scenario 1 - Start a service

次のシナリオ例は、[スクリプトの実行] コマンド機能を使用して VMM ホスト上でサービス sftlist を開始する方法を提供します。The following example scenario provides information on how you can start a service sftlist on a VMM host using the Run Script command feature.

  1. VMM コンソールのツール バーで [ホスト] をクリックして [スクリプト コマンドの実行] を選択します。In the VMM console, on the toolbar, click Host and select Run Script Command.

    ホスト

    [スクリプト コマンドの実行] ページが表示されます。The Run Script Command page appears:

    ホスト

  2. 例として、表示されるオプションに次の詳細を入力します。As an example, type the following details against the options displayed:

    • [展開順] :ドロップダウン メニューから、展開順序を選択します。Deployment Order: Select the deployment order from the drop-down menu.

    • [実行可能プログラム] : cmd.exeExecutable program: cmd.exe

    • [パラメーター] : /q /c net start sftlistParameters: /q /c net start sftlist

    • [スクリプト リソース パッケージ][実行アカウント] :なしScript resource package and Run As account: None

      /q でコマンド ラインのエコーがオフになり、 /c でコマンドが実行され、終了されます。The /q turns off the echo for the command line and /c carries out the command and then terminates. これらのスイッチを使用しない場合、cmd.exe プロセスの結果がリターン コード 0 になり、ジョブのコマンドの実際の結果は表示されません。If you do not use these switches, the outcome will be a return code 0 from the cmd.exe process and will not display the actual result of the command in the job.

      スクリプト実行のフォーム

  3. このコマンドの [タイムアウト] の秒数を選択します。Select the Timeout seconds for this command.

  4. [詳細設定] をクリックし、Click Advanced.. エラーの出力ファイルとログ ファイルの場所を指定します。and specify the output file and log file location for any errors.

  5. [Finish] をクリックします。Click Finish.

VMM コンソールでジョブの結果を監視します。Monitor the job in the VMM console for the result. 何らかのエラーが発生した場合は、エラー ファイルのログを確認し、必要に応じて推奨事項に従います。In case of any error, go through the error file log and follow the recommendations as applicable.

エラー メッセージの例Here is a sample error message

エラー メッセージ

エラーのヘルプ

シナリオ例 2 - カスタム リソースを使用してサービスを開始するExample scenario 2 - Start a service using custom resources

この例の手順 2 では次の値を使用しますが、残りの手順は変わりません。In this example, at step 2, we use the following values, rest of the steps remain the same.

  • [展開順] :ドロップダウン メニューから、展開順序を選択します。Deployment Order: Select the deployment order from the drop-down menu.

  • [実行可能プログラム] : cmd.exeExecutable program: cmd.exe

  • [パラメーター] : /q /c services.cmdParameters: /q /c services.cmd

  • スクリプト リソース パッケージ:SAV_x64_en-US-4.9.305.198.cr(4.9.305.198)Script resource package: SAV_x64_en-US-4.9.305.198.cr(4.9.305.198)

  • [実行アカウント] :管理者Run As account: Admin

    この例では、 [SAV_x64_en-US-4.9.305.198.cr(4.9.305.198)] という名前のカスタム リソース フォルダーに [services.cmd] という名前のバッチ ファイルを含め、 [実行アカウント] を管理者として指定しました。For this example, we included a batch file named services.cmd under a custom resource folder named SAV_x64_en-US-4.9.305.198.cr(4.9.305.198), and specified the Run As account as Admin.

    スクリプトの実行のカスタム フォーム

    バッチ ファイルは net stop sftlist/y を実行してから net start sftlist を実行します。The batch file performs a net stop sftlist/y and then a net start sftlist. このシナリオでは、カスタム リソース フォルダーがエージェント ホストに転送され、windows\temp の下にコピーされます。すべてのファイルを格納するための、scvmm.xxxxxxxx の形式のフォルダーが作成されます。In this scenario, the custom resource folder is transferred to the agent host and copied under windows\temp. A folder with the format, scvmm.xxxxxxxx, is created to contain all the files. ここからバッチ ファイルが実行され、エージェントが対応する結果を VMM に返して、ジョブ内に表示します。From here, it executes the batch file and the agent returns the corresponding outcome to VMM and displays it in the job. スクリプトでエラーが生成される場合は、指定した場所にログが作成されます。If the script generates an error, it creates a log under the specified location.