記憶域スペース ダイレクト細分類クラスターを VMM に展開します。Deploy a Storage Spaces Direct disaggregated cluster in VMM

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

この記事では、System Center - Virtual Machine Manager (VMM) で記憶域スペース ダイレクト (S2D) を実行する細分類クラスターを設定する方法について説明します。Read this article to set up a disaggregated cluster running Storage Spaces Direct (S2D) in System Center - Virtual Machine Manager (VMM). S2D の詳細については、こちらを参照してくださいLearn more about S2D.

細分類 S2D クラスターを展開するには、Hyper-V ホストを実行しているクラスターと、S2D でスケールアウト ファイル サーバー (SOFS) を実行している別の記憶域クラスターをプロビジョニングします。You can deploy a disaggregated S2D cluster by provisioning a cluster running Hyper-V hosts, and a separate storage cluster running scale-out file server (SOFS) with S2D.

注意

記憶域プロバイダーを VMM に追加する前に、S2D を有効にする必要があります。You must enable S2D before adding the storage provider to VMM. S2D を有効にするには、 [全般構成] > [クラスター名とホスト グループを指定してください] に移動し、以下のように [記憶域スペース ダイレクトを有効にする] オプションを選択します。To enable S2D, go to General Configuration > Specify the cluster name and host group and select the Enable Storage Spaces Direct option, as shown below:

S2D 有効

S2D で細分類クラスターを有効にした後、VMM で次を実行します。After you enable a disaggregated cluster with S2D, VMM does the following:

  1. ファイル サーバー ロールとフェールオーバー クラスター機能が有効になります。The File Server role and the Failover Clustering feature is enabled.
  2. 記憶域レプリカとデータ重複除去が有効になります。Storage replica and data deduplication is enabled.
  3. 必要に応じてクラスターが検証されて作成されます。The cluster is optionally validated and created.
  4. S2D が有効になり、ウィザードで指定した名前でストレージ アレイが作成されます。S2D is enabled, and a storage array is created with the same name you provide in the wizard.

手順 1: SOFS クラスターをプロビジョニングするStep 1: Provision an SOFS cluster

VMM ファブリックのサーバーから SOFS のクラスターをプロビジョニングしたり、ファブリックに既存の SOFS クラスターを追加したりすることができます。You can provision an SOFS cluster from servers in the VMM fabric, or add an existing SOFS cluster to the fabric

SOFS クラスターをプロビジョニングするProvision an SOFS cluster

  1. [ファブリックのリソース][作成][ファイル サーバー クラスター] の順にクリックします。Click Fabric Resources > Create > File Server Cluster.

  2. [全般構成] でクラスター名を指定し、ホスト グループを選択し、 [各クラスター ノードに直接接続されている記憶域 (記憶域スペース ダイレクト)] を選択します。In General Configuration, specify a cluster name, select a host group, and select Storage attached directly to each cluster node (Storage Spaces Direct).

    SOFS

  3. [リソースの種類] に、クラスターに追加するサーバーのローカル管理者権限を持つ実行アカウントを指定し、既存の Windows サーバーまたはベア メタル マシンを追加するかどうかを指定します。In Resource Type, specify the RunAs account with local admin permissions on the servers you want to add to the cluster, and specify whether to add existing Windows servers or bare-metal machines.

  4. [クラスター ノード] で、クラスターに追加するコンピューターの一覧を定義します。In Cluster Nodes, define a list of computers to add to the cluster.

  5. [サマリー] で設定を確認後、 [完了] をクリックします。In Summary, confirm the settings and then click Finish.

SOFS クラスターにノードを追加する場合、ノードに関連付けられているディスクがあれば、VMM により自動的に検索されます。If you want to add additional nodes to the SOFS cluster, VMM automatically discovers any disks associated with the node. 記憶域プールを変更し、追加する新しいディスクを選ぶと、VMM は、そのプールでサポートされる共有を使用するホストと VM がそのディスクを使用できるように設定します。When you modify a storage pool and select the new disks to add, VMM makes those disks available to the hosts and VMs that use the share supported by that pool. SOFS にノードを追加する方法に関する詳細情報を参照してくださいLearn more about adding nodes to an SOFS.

S2D が有効になっている既存の SOFS クラスターを追加するAdd an existing SOFS cluster with S2D enabled

  1. [ファブリック] > [リソースの追加] > [記憶装置] をクリックします。Click Fabric > Add Resources > Storage Devices.
  2. リソースの追加ウィザードで、 [Windows ベースのファイル サーバー] を選択します。In the Add Resource Wizard, select Windows-based File Server.
  3. [検出スコープ] で、クラスターの IP アドレスまたは FQDN を指定します。In Discovery Scope, specify the cluster IP address or FQDN. クラスターのアクセス権を持つ実行アカウントを指定し、クラスターが別のドメインにある場合は指定します。Provide a Run As account with cluster access, and specify if the cluster is in a different domain.
  4. [記憶装置] で、VMM ファブリックに追加する SOFS を選びます。In Storage Device, select the SOFS to add to the VMM fabric. プロバイダーを追加した後は、プールに分類を割り当てることのみ必要です。You should only assign a classification to the pool after you add the provider.
  5. [概要] で、設定を確認し、ウィザードを完了します。In Summary, check the settings and complete the wizard.

手順 2: プールを管理し、ファイル共有を作成するStep 2: Manage the pool and create file shares

SOFS クラスターをプロビジョニングし、VMM で管理されるようになったら、記憶域プールを変更し、記憶域を作成できます。After the SOFS cluster is provisioned and managed by VMM, you can modify the storage pool, and create the storage.

  1. [ファブリック] > [記憶域] > [アレイ] をクリックします。Click Fabric > Storage > Arrays.
  2. クラスターを右クリックして [管理プール] を選択し、既定で作成された記憶域プールを選択します。Right-click the cluster > Manage Pool, and select the storage pool that was created by default. 既定の名前を変更し、分類を追加することができます。You can change the default name, and add a classification
  3. 必要な場合は、新しい名前でプールが表示された後に、 [ファイル共有の作成] をクリックします。After the pool appears with the new name if needed, click Create File Share.
  4. ファイル共有の作成ウィザードの [全般] で、共有の名前を指定し、ストレージを取得するプールを選びます。In the Create File Share Wizard > General, specify a name for the share, and select the pool from which storage should be taken.
  5. [容量] で、共有のサイズと設定を指定します。In Capacity, specify the share size and settings.
  6. [概要] で設定を確認します。In Summary, verify the settings. 共有を作成すると、記憶域プールの下に新しい CSV が追加されます。After the share is created, a new CSV is added under the storage pool.

手順 3: Hyper-V で記憶域を割り当てるStep 3: Allocate the storage in Hyper-V

  1. Hyper-V ホストのプロパティの [記憶域] で、ファイル共有パスを指定します。In the Hyper-V host properties > Storage, specify the file share path.
  2. ここでは、このファイル共有を使用する VM を作成できます。Now, you can create VMs that use this file share.

次のステップNext steps