VMM サービス テンプレートで SLB VIP を構成するConfigure SLB VIPs through VMM service templates

Windows 2016 のソフトウェア定義ネットワーク (SDN) では、ソフトウェア負荷分散 (SLB) を使用して、サービス プロバイダーとテナントによって管理されているワークロード間でネットワーク トラフィックを均等に分散します。Software Defined Networking (SDN) in Windows 2016 can use Software Load Balancing (SLB) to evenly distribute network traffic among workloads managed by service provider and tenants. VMM 2016 では、PowerShell を使用した SLB 仮想 IP (VIP) の展開のみをサポートします。VMM 2016 only supports deploying SLB Virtual IPs (VIPs) using power shell.

System Center - Virtual Machine Manager (VMM) 1801 以降によって、VMM は SLB VIP の構成をサポートしながら、サービス テンプレートを使用して多階層アプリケーションを展開し、パブリックおよび内部の両方の負荷分散もサポートします。System Center - Virtual Machine Manager (VMM) 1801 and later supports configuration of SLB VIPs while deploying multi-tier application by using service templates and also supports both public and internal load balancing.

始める前にBefore you begin

次の前提条件を満たしていることを確認してください。Ensure the following prerequisites are met:

SLB VIP を作成する手順Procedure to create SLB VIPs

次の手順に従いますUse the following steps:

  1. 論理ネットワークにアフィニティを指定します。Specify the affinity to logical networks.

    • VMM コンソールで [ファブリック] > [ネットワーク サービス] > [ネットワーク コントローラー] > [プロパティ] > [論理ネットワークのアフィニティ] ページをクリックします。In the VMM console, click Fabric > Network Service > Network Controller > Properties > Logical Network Affinity page.

    • 負荷分散に使用できるフロントエンドとバックエンドのネットワークを指定して、 [OK] をクリックします。Specify the Front-end and Back-end networks available for load balancing and click OK.

      アフィニティ

  2. VIP テンプレートを作成します。Create a VIP template.

    • VMM コンソールで [ファブリック] > [VIP テンプレートの作成] の順にクリックします。In the VMM console click Fabric > Create VIP Template.

    • ロード バランサーの VIP テンプレート ウィザード > [名前] で、テンプレートの名前と説明を入力します。In the Load Balancer VIP Template Wizard > Name, specify the template name and description.

    • [Virtual IP Port](仮想 IP ポート) で、負荷分散するネットワーク トラフィックの種類に使用するポートを指定します。In Virtual IP port, specify the port that will be used for the type of network traffic you want to balance.

    • [バックエンド ポート] で、バックエンド サーバーが要求をリッスンするポートを指定します。In Backend port, specify the port on which the backend server is listening for requests.

      テンプレートのプロパティ

    • [種類] でテンプレートの種類を指定し、 [特定] をクリックします。In Type , specify a template type, click Specific. [製造元] で、 [Microsoft] を選択します。Select Microsoft for Manufacturer. [モデル] で、 [Microsoft ネットワーク コントローラー] を選択します。Select Microsoft network controller for Model. [次へ] をクリックします。Click Next.

      テンプレートの種類

    • [プロトコル] で、プロトコルのオプションを指定します。In Protocol, specify protocol options. [次へ] をクリックします。Click Next.

      プロトコル

    • [負荷分散方法] で方法を選択し、 [次ヘ] をクリックします。In Load Balancing method, select the method and click Next.

      負荷分散方法

    • [ヘルス モニター] では、必要に応じて、ロード バランサーに対して一定間隔で検証を実行するよう指定できます。In Health Monitors, you can optionally specify that a verification should run against the load balancer at regular intervals. ヘルス モニターを追加するには、プロトコルと要求を指定します。To add a health monitor, specify the protocol and the request. たとえば、GET コマンドを入力すると、ロード バランサーのホーム ページに HTTP GET 要求を行い、ヘッダー応答を確認します。For example, entering the command GET makes an HTTP GET request for the home page of the load balancer and checks for a header response. 応答の種類、監視の間隔、タイムアウト、および再試行を変更することもできます。You can also modify the response type, and monitoring interval, timeout, and retries. タイムアウトは間隔よりも小さくする必要があります。Note that the timeout should be less than the interval.

      負荷分散方法

    • [概要] で設定を確認し、 [完了] をクリックして VIP テンプレートを作成します。In Summary, confirm the Settings and click Finish to create the VIP template.

  3. サービスの展開時に SLB VIP を構成するConfigure SLB VIP while deploying Service

    • サービス テンプレートが開いていない場合は、 [ライブラリ] > [テンプレート] > [サービス テンプレート] をクリックしてテンプレートを開きます。If the service template isn't open, click Library > Templates > Service Templates and open it.

    • [アクション] > [デザイナーを開く] をクリックします。Click Actions > Open Designer.

    • [Service Template Designer](サービス テンプレート デザイナー) で、 [サービス テンプレートのコンポーネント] グループ > [ロード バランサーの追加] をクリックします。In the Service Template Designer, click the Service Template Components group > Add Load Balancer.

    • ロード バランサー オブジェクトをクリックします。Click the load balancer object. ロード バランサー オブジェクトは VIP テンプレート名で識別します。You'll identify it with the VIP template name.

    • [ツール] > [コネクタ] をクリックします。Click Tool > Connector. テンプレートに関連付けられている [サーバー接続] をクリックし、[NIC] オブジェクトをクリックしてロード バランサーをアダプターに接続します。Click the Server connection associated with template and then click a NIC object to connect the load balancer to the adapter. [NIC のプロパティ] で、アドレスの種類と、MAC アドレスが静的であることを確認します。In the NIC properties, check the address types and that the MAC address is static.

      サーバー接続は、サービスのバックエンド ネットワーク インターフェイスに接続する必要があることに注意してください。Note that the server connection must be connected to the Back-End network interface of the service. バックエンド ネットワーク インターフェイスは、接続済みの 1 つの VM ネットワークか、ネットワーク仮想化 VM ネットワークのいずれかに接続できます。The back-end network interface can be connected to either a One Connected VM Network or a network virtualized VM Network.

    • [コネクタ] を有効にした状態で、ロード バランサーに関連付けられている [クライアント接続] をクリックし、論理ネットワーク オブジェクトをクリックします。With the Connector enabled, click the client connection associated with the load balancer and then click a logical network object.

      注意

      クライアント接続は、ロード バランサーのフロントエンド ネットワークに接続する必要があります。Client connection must be connected to a Front-End network of the load balancer. これには、パブリック VM ネットワークまたはネットワーク仮想化 VM ネットワークを指定できます。This can be a Public VM network or a network virtualized VM network. ネットワーク仮想化 VM ネットワークは、内部負荷分散のシナリオに使用されます。A network virtualized VM Network is used for internal load balancing scenarios.

    • [サービス テンプレート] > [保存と検証] で、サービス テンプレートを保存します。Save the service template in Service Template > Save and Validate.

例 1:フロントエンドとして 'パブリック' VM ネットワークを使用してサービスを構成します。Example 1: Configuring Service with ‘Public’ VM Network as front end. ここで、'バックエンド' ネットワークは接続されているか、ネットワーク仮想化 VM ネットワークにすることができます。Here the ‘Backend’ network can be One connected or network virtualized VM network.

SLB VIP の例 1

例 2:ネットワーク仮想化 VM ネットワークである 'HNV VM ネットワーク' に接続されている、フロントエンドとバックエンドを使用してサービスを構成します。Example 2: Configuring Service with Front-end and Back-end connected to network virtualized VM Network ‘HNV VM Network’. このシナリオは内部負荷分散に使用されます。This scenario is used for Internal load balancing.

SLB VIP の例 2

ユーザー アクセスのための VIP の設定Set up the VIP for user access

サービスを展開すると、VMM によって、静的 IP アドレス プールの予約済みの範囲から VIP が自動的に選択され、負荷分散されるサービス層に割り当てられます。When the service is deployed, VMM automatically selects a VIP from the reserved range in the static IP address pool, and assigns it to the load-balanced service tier. ユーザーがサービスに接続できるようにするには、サービスを展開した後で VIP を確認し、VIP の DNS エントリを構成する必要があります。To enable users to connect to the service, after the service is deployed you need to determine the VIP and configure a DNS entry for it.

  1. サービスの展開後に、 [ファブリック] > [ネットワーク] > [ロード バランサー] をクリックします。After the service is deployed click Fabric > Networking > Load Balancers.
  2. [表示] > [サービス] > [サービスのロード バランサーの情報] をクリックし、サービスを展開して割り当てられている VIP を確認します。Click Show > Service > Load Balancer Information for Services and expand the service to see which VIP is assigned.
  3. ユーザーが DNS 名を使用してサーバーにアクセスする場合、DNS 管理者に、VIP の DNS エントリを手動で作成するよう依頼します。If users use the DNS name to access the service, request that the DNS administrator manually create a DNS entry for the VIP. エントリは、ユーザーがサービスに接続するために指定する名前にします。The entry should be the name that users will specify to connect to the service. たとえば servicename.contosol.com などです。For example, servicename.contosol.com.