VMM ファブリックで SDN ソフトウェア ロード バランサーをセットアップするSet up an SDN software load balancer in the VMM fabric

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

この記事では、System Center - Virtual Machine Manager (VMM) ファブリックでソフトウェア定義ネットワーク (SDN) ソフトウェア ロード バランサー (SLB) を展開する方法について説明します。This article describes how to deploy a Software Defined Networking (SDN) software load balancer (SLB) in the System Center - Virtual Machine Manager (VMM) fabric.

SLB を使用すると、テナントおよびテナントのカスタマー ネットワーク トラフィックを仮想ネットワーク リソース間で均等に配分できるので、複数のサーバーで同じワークロードをホストし、高可用性とスケーラビリティを提供することができます。The SLB enables even distribution of tenant and tenant customer network traffic among virtual network resources, so that multiple servers can host the same workload to provide high availability and scalability. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

VMM を使用してネットワーク コントローラーとソフトウェアロード バランサーを展開することができます。You can use VMM to deploy a network controller and a software load balancer. SLB をセットアップした後で、SDN インフラストラクチャで多重化と NAT の機能を活用できます。After you set up the SLB, you can leverage the multiplexing and NAT capabilities in your SDN infrastructure.

注意

  • VMM 2019 UR1 からは、1 つの接続されたネットワークの種類が接続されたネットワークに変更されます。From VMM 2019 UR1, One Connected network type is changed to Connected Network
  • VMM 2019 UR2 以降では IPv6 がサポートされています。VMM 2019 UR2 and later supports IPv6.

開始する前にBefore you start

以下のことを確認してください。Ensure the following:

  • 計画: こちらのドキュメントで、ソフトウェアによるネットワーク制御の計画の詳細を参照し、計画のトポロジを確認してください。Planning: Read about planning a software defined network, and review the planning topology in this document. 図は、サンプルの 4 ノードのセットアップを示しています。The diagram shows a sample 4-node setup. このセットアップは、3 つのネットワーク コントローラー ノード (VM)、および 3 つの SLB/MUX ノードで高可用性があります。The setup is highly available with Three network controller nodes (VM), and Three SLB/MUX nodes. これは、Web 層とデータベース層をシミュレートするための、2 つの仮想サブネットに分割された 1 つの仮想ネットワークと 2 つのテナントを示します。It shows Two tenants with One virtual network broken into Two virtual subnets to simulate a web tier and a database tier. インフラストラクチャとテナントの仮想マシンはどちらも、物理ホスト間に再配布することができます。Both the infrastructure and tenant virtual machines can be redistributed across any physical host.
  • ネットワーク コントローラー: VMM ファブリック内に SDN ネットワーク コントローラーが展開されている必要があります。これにより負荷分散をセットアップする前に、コンピューティングとネットワークのインフラストラクチャを稼働させることができます。Network controller: You should have an SDN network controller deployed in the VMM fabric, so that you have the compute and network infrastructure running before you set up the load balancing.
  • SSL 証明書: SLB サービス テンプレートをインポートするには、SSL 証明書を準備する必要があります。SSL certificate: To import the SLB service template you'll need to prepare an SSL certificate. ネットワーク コントローラーの展開中に証明書を利用できるようにします。You made the certificate available during network controller deployment. SLB のネットワーク コントローラーの展開で準備した証明書を使用するには、証明書を右クリックし、パスワードを指定せずに .CER 形式でエクスポートします。To use the certificate you prepared in network controller deployment for SLB, right-click the certificate and export it without a password in .CER format. ネットワーク コントローラーのセットアップ時に作成したライブラリの NCCertificate.CR フォルダー内に証明書を置きます。Place it in the library, in the NCCertificate.CR folder you created when you set up the network controller.
  • サービス テンプレート: VMM では、サービス テンプレートを使用して、SLB の展開を自動化します。Service template: VMM uses a service template to automate SLB deployment. サービス テンプレートは、第 1 世代と第 2 世代の VM 上のマルチノード展開をサポートします。Service templates support multi-node deployment on generation 1 and generation 2 VMs.
  • SLB VM: すべての SLB 仮想マシンで、最新のパッチがインストールされている Windows Server 2016 が稼働している必要があります。SLB VMs: All the SLB virtual machines must be running Windows Server 2016 with the latest patches installed.
  • HNV ネットワーク: NC 検証の一部としてプロバイダー HNV ネットワークを作成していることを確認します。HNV Network: Ensure that you created the Provider HNV network as part of NC validation. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

デプロイメントの手順Deployment steps

  1. SSL 証明書を準備する: 証明書を VMM ライブラリに置きます。Prepare the SSL certificate: Put the certificate in the VMM library.
  2. サービス テンプレートをダウンロードする: SLB/MUX を展開するために必要なサービス テンプレートをダウンロードします。Download the service template: Download the service template that you need to deploy the SLB/MUX.
  3. トランジット論理ネットワークを作成する: 以下の論理ネットワークを作成する必要があります。Create the transit logical networks: You need to create logical networks:
    • トランジット (フロント エンド) 物理ネットワークをミラー化するための論理ネットワーク。A logical network to mirror the transit (Frontend) physical network.
    • VIP を SLB サービスに割り当てるためのプライベート仮想 IP (VIP) とパブリック VIP ネットワーク。Private virtual IP (VIP) and public VIP networks, to assign VIPs to the SLB service.
  4. プライベートおよびパブリック VIP の論理ネットワークを作成する: VIP を SLB サービスに割り当てるためのプライベート仮想 IP (VIP) とパブリック VIP ネットワーク。Create private and public VIP logical networks: Private virtual IP (VIP) and public VIP networks, to assign VIPs to the SLB service.
  5. サービス テンプレートをインポートする: SLB サービス テンプレートをインポートしてカスタマイズします。Import the service template: Import and customize the SLB service template.
  6. SLB を展開する: SLB を VMM サービスとして展開し、サービスのプロパティを構成します。Deploy SLB: Deploy SLB as a VMM service, and configure the service properties.
  7. 展開を検証する: SLB/MUX インスタンスと BGP ルーターの間の BGP ピアリングを構成し、テナントの VM またはサービスにパブリック IP アドレスを割り当て、ネットワークの外部から VM またはサービスにアクセスします。Validate the deployment: Configure BGP peering between the SLB/MUX instance and a BGP router, assign a public IP address to a tenant VM or service, and access the VM or service from outside the network.

証明書を準備するPrepare the certificate

NC の展開時に作成した SSL 証明書が、NCCertificate.CR フォルダーにコピーされていることを確認します。Ensure that the SSL certificate that you created during the NC deployment is copied to NCCertificate.CR folder.

サービステンプレートをダウンロードするDownload the service template

  1. Microsoft SDN GitHub リポジトリから SDN フォルダーをダウンロードし、[VMM] >[テンプレート] > [SLB] の順に選択し、テンプレートを VMM サーバー上のローカル パスにコピーします。Download the SDN folder from the Microsoft SDN GitHub repository and copy the templates from VMM >Templates > SLB to a local path on the VMM server.
  2. ローカル コンピューター上のフォルダーに内容を抽出します。Extract the contents to a folder on a local computer. それらを後でライブラリにインポートします。You'll import them to the library later.

ダウンロードには次の 2 つのテンプレートが含まれています。The download contains Two templates:

  • SLB Production Generation 1 VM.xml テンプレートは、第 1 世代の仮想マシン上に SLB サービスを展開するために使用します。The SLB Production Generation 1 VM.xml template is for deploying the SLB Service on generation 1 virtual machines.
  • SLB Production Generation 2 VM.xml テンプレートは、第 2 世代の仮想マシン上に SLB サービスを展開するために使用します。The SLB Production Generation 2 VM.xml is for deploying the SLB Service on Generation 2 virtual machines.

両方のテンプレートの既定の仮想マシンの数は 3 ですが、サービス テンプレート デザイナーでこれを変更することができます。Both the templates have a default count of three virtual machines which can be changed in the service template designer.

SLB デプロイには、簡略化された SDN トポロジ (2 つの物理ネットワーク) を使用することをお勧めします。We recommend to use simplified SDN topology (2 physical network) for SLB deployments. 簡易 SDN トポロジ テンプレートが使用されている場合は、トランジット論理ネットワークの作成をスキップします。Skip creating transit logical network when simplified SDN topology template is used.

トランジット論理ネットワークを作成するCreate the transit logical network

  1. 論理ネットワークの作成ウィザードを開き、名前と、必要に応じて説明を入力します。Open the Create logical network Wizard, and type a Name and optional description.
  2. [設定] で、[ネットワークに接続済み] を選択します。In Settings, select One Connected Network. 仮想マシンがこの論理ネットワークに直接アクセスできるように [同じ名前で VM ネットワークを作成する] チェック ボックスをオンにして、[ネットワーク コントローラーで管理] チェック ボックスをオンにします。Select Create a VM network with the same name box to allow virtual machines to access this logical network directly, and Managed by the network controller.
  • VMM 2019 UR1 以降の場合、 [設定][接続されたネットワーク] を選択し、 [ネットワーク コントローラーで管理] を選択します。For VMM 2019 UR1 and later, in Settings, select Connected Network, and select Managed by the Network Controller.
  1. [ネットワーク サイト] で、サブネットのネットワーク サイトの情報を追加します。In Network Site, add the network site information for your subnet.
  2. [概要] の情報を確認し、論理ネットワーク ウィザードを完了します。Review the Summary information and complete the logical network wizard.

トランジット論理ネットワーク用の IP アドレス プールを作成するCreate an IP address pool for the transit logical network

これは、DIP が SLB/MUX 仮想マシンおよび BGP ピア仮想マシン (展開されている場合) に割り当てられる IP アドレス プールです。This is the IP address pool where DIPs are assigned to the SLB/MUX virtual machines and BGP Peer virtual machine (if deployed).

これは、DIP が SLB/MUX 仮想マシンおよび BGP ピア仮想マシン (展開されている場合) に割り当てられる IP アドレス プールです。This is the IP address pool where DIPs are assigned to the SLB/MUX virtual machines and BGP Peer virtual machine (if deployed). VMM 2019 UR1 からは、 [論理ネットワークの作成] ウィザードを使用して IP アドレス プールを作成できます。From VMM 2019 UR1, you can create IP address pool using Create Logical Network wizard.

:Note:

  • トランジット ネットワークの IP アドレス空間に対応する IP アドレスの範囲を使用していることを確認します。Ensure you use the IP address range that corresponds to your transit network IP address space. 作成しようとしている IP プールには、サブネットの最初の IP アドレスを含めないでください。Don't include the first IP address of your subnet in the IP pool you are about to create. たとえば、有効なサブネットが .1 から .254 の場合、範囲を .2 で始めます。For example, if your available subnet is from .1 to .254, start your range at .2.
  • トランジット論理ネットワークを作成した後、この論理ネットワークをネットワーク コントローラーの展開時に作成した管理スイッチのアップリンク ポート プロファイルに関連付けます。After you create the Transit logical network, ensure you associate this logical network with the Management switch uplink port profile you created during the network controller deployment.

IP アドレス プールを作成する:Create the IP address pool:

  1. 論理ネットワークを右クリックし、[IP プールの作成] をクリックします。Right-click the logical network > Create IP Pool.

  2. IP プールの名前と必要に応じて説明を入力し、正しい論理ネットワークが選択されていることを確認します。Provide a Name and optional description for the IP Pool and ensure that the correct logical network is selected.

  3. [ネットワーク サイト] で、この IP アドレス プールがサービスを提供するサブネットを選択します。In Network Site, select the subnet that this IP address pool will service. HNV プロバイダーのネットワークの一部として複数のサブネットがある場合は、サブネットごとに静的な IP アドレス プールを作成する必要があります。If you have more than one subnet as part of your HNV provider network, you need to create a static IP address pool for each subnet. サイトが 1 つしかない場合 (たとえば、サンプル トポロジのように)、[次へ] をクリックするしかありません。If you have only one site (for example, like the sample topology) then you can just click Next.

  4. [IP アドレスの範囲] で、開始 IP アドレスと終了 IP アドレスを構成します。In IP Address range configure the starting and ending IP address. 使用可能なサブネットのうち、最初の 3 つの IP アドレスは使用しないでください。Don't use the first three IP addresses of your available subnet. たとえば、利用可能なサブネットが .1 ~.254 である場合、使用範囲の開始は .4 以上とします。For example, if your available subnet is from .1 to .254, start your range at .4 or greater.

  5. 次に、既定のゲートウェイ アドレスを構成します。Next, configure the default gateway address. [既定のゲートウェイ] ボックスの横の [挿入] をクリックし、アドレスを入力し、既定のメトリックを使用します。Click Insert next to the Default gateways box, type the address and use the default metric. 必要に応じて DNS と WINS を構成します。Optionally configure DNS and WINS.

  6. 概要情報を確認して、[完了] をクリックしてウィザードを終了します。Review the summary information and click Finish to complete the wizard.

    : 論理ネットワークと管理スイッチのアップリンク ポート プロファイルを関連付けていることを確認します。Note: Ensure you associate the logical network with the management switch uplink port profile.

プライベートおよびパブリック VIP の論理ネットワークを作成するCreate private and public VIP logical networks

SLB Manager サービスに VIP とパブリック VIP を割り当てるためにプライベート VIP アドレス プールが必要です。You need a private VIP address pool to assign a VIP, and a public VIP, to the SLB Manager service. 両方の作成手順は似ていますが、いくつか違いがあることに注意してください。Note that the procedure for creating both is similar but there are some differences.

プライベート VIP を作成する:Create a private VIP:

  1. 論理ネットワークの作成ウィザードを開始します。Start the Create logical network Wizard. このネットワークの名前と、必要に応じて説明を入力します。Type a Name and optional description for this network.
  1. [設定] で、 [ネットワークに接続済み] を選択します。In Settings, select One Connected Network. [仮想マシンがこの論理ネットワークに直接アクセスできるように、同じ名前で VM ネットワークを作成する] を選択します。Select Create a VM network with the same name to allow virtual machines to access this logical network directly. [ネットワーク コントローラーで管理] チェック ボックスをオンにします。Select Managed by the network controller.
  1. [設定] で、 [ネットワークに接続済み] を選択します。In Settings, select One Connected Network. [仮想マシンがこの論理ネットワークに直接アクセスできるように、同じ名前で VM ネットワークを作成する] を選択します。Select Create a VM network with the same name to allow virtual machines to access this logical network directly. [ネットワーク コントローラーで管理] チェック ボックスをオンにします。Select Managed by the network controller. UR1 以降の場合、 [設定][接続されたネットワーク] を選択し、 [ネットワーク コントローラーで管理] を選択します。For UR1 and later, in Settings, select connected Network and select Managed by the network controller. プライベート VIPPrivate VIP
  1. [ネットワーク サイト] で、プライベート VIP 論理ネットワークのネットワーク サイトの情報を追加します。In Network Site, add the network site information for your private VIP logical network.
  2. [概要] の情報を確認して、ウィザードを完了します。Review the Summary information and complete the wizard.

パブリック VIP を作成する:Create a public VIP:

  1. 論理ネットワークの作成ウィザードを開始します。Start the Create logical network Wizard. このネットワークの名前と、必要に応じて説明を入力します。Type a Name and optional description for this network.
  1. [設定] で、[ネットワークに接続済み] を選択します。In Settings, select One Connected Network. [仮想マシンがこの論理ネットワークに直接アクセスできるように、同じ名前で VM ネットワークを作成する] を選択します。Select Create a VM network with the same name to allow virtual machines to access this logical network directly. [ネットワーク コントローラーで管理] および [パブリック IP アドレス ネットワーク] を選択します。Select Managed by the network controller and Public IP Address Network.
  1. [設定] で、 [ネットワークに接続済み] を選択します。In Settings, select One Connected Network. [仮想マシンがこの論理ネットワークに直接アクセスできるように、同じ名前で VM ネットワークを作成する] を選択します。Select Create a VM network with the same name to allow virtual machines to access this logical network directly. [ネットワーク コントローラーで管理] チェック ボックスをオンにします。Select Managed by the network controller.

    UR1 以降の場合、 [設定][接続されたネットワーク] を選択し、 [ネットワーク コントローラーで管理][パブリック IP アドレス ネットワーク] の両方を選択します。For UR1 and later, in Settings, select connected Network and select both Managed by the network controller and Public IP address network.

    パブリック VIP

  1. [ネットワーク サイト] で、パブリック VIP 論理ネットワークのネットワーク サイト情報を追加します。In Network Site, add the network site information for your public VIP logical network.
  2. [概要] の情報を確認して、ウィザードを完了します。Review the Summary information and complete the wizard.

プライベートおよびパブリック VIP ネットワークの IP アドレス プールを作成するCreate IP address pools for the private and public VIP networks

  1. プライベート VIP 論理ネットワークを右クリックし、[IP プールの作成] をクリックします。Right-click the private VIP logical network > Create IP Pool.
  2. IP プールの名前と必要に応じて説明を入力し、正しい論理ネットワークが選択されていることを確認します。Provide a Name and optional description for the IP Pool and ensure that the correct logical network is selected.
  3. 既定のネットワーク サイトをそのまま使用し、 [次へ] をクリックします。Accept the default network site, and click Next.
  1. [IP アドレスの範囲] で、開始 IP アドレスと終了 IP アドレスを構成します。In IP Address range configure the starting and ending IP address.

    注意

    使用可能なサブネットのうち、最初の IP アドレスは使用しないでください。Don't use the first IP address of your available subnet. たとえば、利用可能なサブネットが .1 ~.254 である場合、使用範囲の開始は .2 以上とします。For example, if your available subnet is from .1 to .254, start your range at .2 or greater.

  1. [IP アドレスの範囲] で、開始 IP アドレスと終了 IP アドレスを構成します。In IP Address range configure the starting and ending IP address. IPv6 アドレス空間を使用している場合は、IPv6 アドレス プールを指定してください。Specify IPv6 address pool if you are using IPv6 address space.

    注意

    使用可能なサブネットのうち、最初の IP アドレスは使用しないでください。Don't use the first IP address of your available subnet. たとえば、利用可能なサブネットが .1 ~.254 である場合、使用範囲の開始は .2 以上とします。For example, if your available subnet is from .1 to .254, start your range at .2 or greater. VIP 範囲を指定するには、IPv6 アドレスの短縮形を使用しないでください。つまり、2001:db8:0:200::7 ではなく、2001:db8:0:200:0:0:0:7 の形式を使用してください。To specify the VIP range, don’t use the shortened form of IPv6 address; Use 2001:db8:0:200:0:0:0:7 format instead of 2001:db8:0:200::7.

    1 つの VIP 範囲で許可されるアドレスの最大数は 1024 です。The maximum number of addresses allowed in a single VIP range is 1024.

  1. [ロード バランサーの VIP のために予約された IP アドレス] ボックスで、サブネットの IP アドレスの範囲を入力します。In IP addresses reserved for load balancer VIPs, type the IP address range in the subnet. 指定した開始と終了アドレスに一致する必要があります。It should match the start and end addresses you specified.
  2. このプールはネットワーク コントローラーから VIP の IP アドレスを割り当てる場合に使用される必要ので、ゲートウェイ、DNS または WINS を指定する必要はありません。You don't need to provide gateway, DNS or WINS information because this pool is used to allocate IP addresses for VIPs through the network controller only. [次へ] をクリックしてこれらの画面をスキップします。Click Next to skip these screens. アドレスを入力し、既定のメトリックを使用します。type the address and use the default metric. 必要に応じて DNS と WINS を構成します。Optionally configure DNS and WINS.
  3. 概要情報を確認して、[完了] をクリックしてウィザードを終了します。Review the summary information and click Finish to complete the wizard.
  4. パブリック VIP 論理ネットワークについて手順を繰り返します。ここでは、パブリック ネットワークの IP アドレスの範囲を入力します。Repeat the procedure for the public VIP logical network, this time type the IP address range for the public network.

サービス テンプレートのインポートImport the service template

サービス テンプレートを VMM ライブラリにインポートします。Import the service template into the VMM library. この例では、第 2 世代のテンプレートをインポートします。For this example, we'll import the generation 2 template.

  1. [ライブラリ] > [テンプレートのインポート] の順にクリックします。Click Library > Import Template.

  2. サービス テンプレート フォルダーを参照し、SLB Production Generation 2 VM.xml ファイルを選択します。Browse to your service template folder, select the SLB Production Generation 2 VM.xml file.

  3. サービス テンプレートをインポートするときは、環境内のパラメーターを更新します。Update the parameters for your environment as you import the service template. ネットワーク コントローラーの展開中にライブラリ リソースがインポートされたことに注意してください。Note that the library resources were imported during network controller deployment.

    • WinServer.vhdx: ネットワーク コントローラーの展開中に、前に準備してインポートした仮想ハード ドライブ イメージを選択します。WinServer.vhdx: Select the virtual hard drive image that you prepared and imported earlier, during the network controller deployment.
    • NCCertificate.CR: このライブラリ リソースには、ネットワーク コントローラーをセットアップするときに使用するスクリプトが含まれています。NCCertificate.CR: This library resource contains scripts used to set up the network controller. VMM ライブラリ内の NCCertificate.cr ライブラリ リソースにマッピングします。Map to the NCCertificate.cr library resource in the VMM library.
    • EdgeDeployment.CR: VMM ライブラリ内の EdgeDeployment.cr ライブラリ リソースにマッピングします。EdgeDeployment.CR: Map to the EdgeDeployment.cr library resource in the VMM library.
  4. 以前に作成した .CER 証明書を NCCertificate.CR フォルダーにコピーしている必要があることを忘れないでくださいします。Remember that you should have copied the .CER certificate that you previously created to the NCCertificate.CR folder.

  5. [サマリー] ページで、詳細を確認し、[インポート] をクリックします。On the Summary page, review the details and click Import.

    : サービス テンプレートをカスタマイズすることができます。Note: You can customize the service template. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

SLB サービスを展開するDeploy the SLB service

次に、SLB/MUX サービスインスタンスを展開します。Now deploy an SLB/MUX service instance.

  1. SLB Production Generation 2 VM.xml サービス テンプレートを選択して、[展開の構成] をクリックします。Select the SLB Production Generation 2 VM.xml service template > Configure Deployment. サービス インスタンスの名前と必要に応じて説明を入力します。Type a Name and optional destination for the service instance. 宛先は、構成されたホストを含むホスト グループにマッピングする必要があります。The destination must map to a host group that contains the hosts you've configured.

  2. [ネットワーク設定] セクションで、TransitNetwork をトランジット VM ネットワークにマッピングし、ManagementNetwork を管理 VM ネットワークにマッピングします。In the Network Settings section, map TransitNetwork to your transit VM network and ManagementNetwork to your management VM network.

    注意

    • 簡略化されたトポロジ テンプレートを使用している場合、トランジット ネットワークは適用されません。Transit network is not applicable when you are using simplified topology templates.
    • マッピングが完了すると、[サービスの展開] ダイアログが表示されます。The Deploy Service dialog appears after mapping is complete. 仮想マシンのインスタンスが最初に赤色で表示されるのは正常です。It is normal for the virtual machine instances to be initially Red. [プレビューの更新] をクリックして、仮想マシンに適したホストを自動的に検出します。Click Refresh Preview to automatically find suitable hosts for the virtual machine.
  3. [展開の構成] ウィンドウの左にある設定を構成します。各設定の詳細は以下の表に示します。On the left of the Configure Deployment window, configure the settings as detailed in the following table:

    設定Setting 要件Requirement 説明Description
    Transit networkTransit network 必須Required トランジット VM ネットワークです。Your transit VM network.
    LocalAdminLocalAdmin 必須Required 仮想マシンのローカル管理者として使用される、環境内の実行アカウントを選択します。Select a Run As Account in your environment, which will be used as the local Administrator on the virtual machines. ユーザー名は Administrator にする必要があります。The user name should be Administrator.
    Management networkManagement network 必須Required ホストの管理用に作成した管理 VM ネットワークを選択します。Choose the management VM network that you created for host management.
    MgmtDomainAccountMgmtDomainAccount 必須Required ネットワーク コントローラーに関連付けられている Active Directory ドメインに SLB/MUX 仮想マシンを追加するためのアクセス許可を持つ実行アカウントを選択します。Select a Run As Account with permissions to add the SLB/MUX virtual machines to the Active Directory domain associated with the network controller. これは、ネットワーク コントローラーの展開中に MgmtDomainAccount で使用したアカウントと同じものにすることができます。This can be the same account you used in MgmtDomainAccount while deploying the network controller.
    MgmtDomainFQDNMgmtDomainFQDN 必須Required SLB/MUX 仮想マシンが参加する Active Directory ドメインの FQDN。FQDN for the Active directory domain that the SLB/MUX virtual machines will join.
    SelfSignedConfigurationSelfSignedConfiguration 必須Required 使用している証明書が自己署名されている場合は、True を指定します。Specify True if the certificate you are using is self-signed.
  4. これらの設定を構成したら、[サービスの展開] をクリックして、サービスの展開ジョブを開始します。After you configure these settings, click Deploy Service to begin the service deployment job. 展開の所要時間はハードウェアによって異なりますが、通常は 30 分~ 60 分です。Deployment times will vary depending on your hardware but are typically between 30 and 60 minutes.

  5. ボリューム ライセンス VHDX を使用していない場合、または VHDX に応答ファイルからのプロダクト キーを指定していない場合、展開は、SLB/MUX VM のプロビジョニング中に [プロダクト キー] ページで停止します。If you are not using a volume licensed VHDX, or if the VHDX doesn't have the product key from an answer file, then deployment will stop at the Product Key page, during SLB/MUX VM provisioning. VM デスクトップに手動でアクセスし、プロダクト キーをスキップするか入力する必要があります。You need to manually access the VM desktop, and either skip or enter the product key.

  6. サービスの展開ジョブが完了したら、 [VM とサービス] > [サービス] > [サービスの VM ネットワークの情報] の順に選択して、サービスが表示されることを確認します。When the service deployment job is complete, verify that your service appears in VMs and Services > Services > VM Network Information for Services. サービスを右クリックし、[プロパティ] で状態が [展開済み] になっていることを確認します。Right-click the service and verify that the state is Deployed in Properties.

展開後に、 [すべてのホスト][サービス][サービスの VM ネットワークの情報] の順に選択して、サービスが表示されることを確認します。After deployment, verify that the service appears in All Hosts > Services > VM Network Information for Services. SLB MUX サービスを右クリックし、[プロパティ] を選択して、状態が [展開済み] になっていることを確認します。Right-click the SLB MUX service > Properties, and verify that the state is Deployed. SLB/MUX の展開に失敗した場合は、必ず、失敗したサービス インスタンスを削除してから、もう一度 SLB を展開してみてください。If the SLB/MUX deployment fails, ensure you delete the failed service instance, before you try to deploy the SLB, once again.

展開済みのソフトウェア ロード バランサーのサービス インスタンスをスケールインまたはスケールアウトする必要がある場合は、このブログを参照してくださいIf you want to scale-in or scale-out a deployed software load balancer service instance, read this blog.

注意

SLB サービスの展開後、すべての SLB MUX VM で中継 VM ネットワークに接続されている仮想ネットワーク アダプターで DNS 登録を無効にします。After the SLB service is deployed, disable DNS registration on the virtual network adapter, connected to the transit VM network on all the SLB MUX VMs.

SLB ロールおよび SLB/MUX のプロパティを構成するConfigure the SLB role and SLB/MUX properties

: 作業を続行する前に、HNV PA 論理ネットワークを作成したことを確認してください。Note: Before you proceed, ensure you created the HNV PA Logical Network.

サービスが展開されたので、そのプロパティを構成できます。Now that the service is deployed, you can configure its properties. ネットワーク コントローラーと共に展開した SLB サービス インスタンスを関連付け、その後に SLB/MUX インスタンスと、TOR スイッチまたは BGP ルーター ピア間の BGP ピアリングを構成する必要があります。you'll need to associate the SLB service instance that you deployed with network controller, and then configuring BGP peering between the SLB/MUX instance and a TOR switch or a BGP router peer.

  1. [ファブリック][ネットワーク サービス] の順にクリックします。Click Fabric > Network Service. [ネットワーク コントローラー] サービスを右クリックして、 [プロパティ] を選択します。Right-click the network controller service > Properties.
  2. [サービス] タブ、 [ロード バランサー役割 ][関連付けられているサービス][参照] の順に選択します。Select the Services tab > Load Balancer Role > Associated Service > Browse.
  3. 以前に作成した SLB/MUX サービス インスタンスを選択します。Select the SLB/MUX service instance you created earlier. 実行アカウントを選択します。Select a Run As Account.
  4. [管理 IP アドレス] で、前に作成したプライベート VIP プールからの IP アドレスを使用します。For the Management IP address, use an IP address from the private VIP pool you created earlier. 必要に応じて送信 NAT から除外する IP アドレスの範囲を指定します。Optionally specify the IP address ranges to be excluded from the outbound NAT. [SLBM VIP プール] で、NC への発行対象としてプライベートとパブリックの両方の VIP プールを選択します。Under SLBM VIP Pools, select both the private and public VIP pools for publishing to NC.
  5. ウィザードで [ロード バランサー役割] の下に一覧表示されている SLB/MUX インスタンスをクリックします。Click the SLB/MUX instance listed under Load Balancer Role in the wizard. データ センターのローカル ASN、および SLB/MUX がピアリングできるデバイスまたは BGP ピアの詳細を入力します。Type the local ASN for your datacenter and details for the devices or BGP peers the SLB/MUX can peer with.
  6. [OK] をクリックします。Click OK.

これで SLB サービス インスタンスが SLBM サービスに関連付けられ、[ロード バランサー役割] の下に SLB/MUX 仮想マシン インスタンスとそのすべての設定が一覧表示されます。The SLB service instance is now associated with the SLBM service, and you should see the SLB/MUX virtual machine instance with all the settings listed under the Load Balancer role.

デプロイの検証Validate the deployment

SLB/MUX を展開した後で、SLB/MUX インスタンスと BGP ルーターの間の BGP ピアリングを構成し、パブリック IP アドレスをテナントの仮想マシンまたはサービスに割り当て、ネットワークの外部からテナントの仮想マシンまたはサービスにアクセスすることによって展開を確認することができます。After you deploy the SLB/MUX, you can validate the deployment by configuring BGP peering between the SLB/MUX instance and a BGP router, assigning a public IP address to a tenant virtual machine or Service, and accessing the tenant virtual machine or service from outside the network.

次の手順で検証しますUse the following procedure to validate:

  1. ウィザードに外部ルーターの詳細を入力します。Enter your external router details in the wizard. 次に例を示します。For example:

    IP アドレス

  2. [OK] をクリックして、SLB/MUX サービス インスタンスの構成を完了します。Click OK to complete the SLB/MUX service instance configuration.

  3. [ジョブ] ウィンドウで、必要な構成でのファブリック ロールの更新およびサービス インスタンスとファブリック ロールとの関連付けが正常に完了していることを確認します。Check the Jobs window to verify that the Update Fabric Role with required configuration, and Associate service instance with fabric role jobs have completed successfully.

  4. BGP ピアリング操作を完了するには、ルーター上の SLB/MUX インスタンスとピアリングするように BGP を構成する必要があります。To complete the BGP peering operation, you need to configure BGP to peer with your SLB/MUX instance on the router. ハードウェア ルーターを使用する場合は、そのデバイス用の BGP ピアリングをセットアップする方法について、製造元のマニュアルを参照してください。If you use a hardware router, you need to consult your vendor’s documentation regarding how to setup BGP peering for that device.

    また、以前に展開した SLB/MUX インスタンスの IP アドレスを知っている必要があります。You also need to know the IP address of the SLB/MUX instance that you deployed earlier. これを行うには、SLB MUX 仮想マシンにログオンしてコマンド プロンプトから ipconfig /all を実行するか、VMM コンソールから IP アドレスを取得できます。To do this, you can either log on to the SLB MUX virtual machine and run ipconfig /all from the command prompt, or you can get the IP address from the VMM console.

    : トランジット ネットワークの IP を入力します。Note: Enter an IP from the transit network.

  5. ピアリングが完了した後で新しい VIP プールを作成する場合は、VMM コンソールを使用してすべての VIP アドレスプールを公開する必要があります。If you create a new VIP pool after peering is complete, you need to advertise all the VIP address pools using the VMM console.

検証後、負荷分散で SLB を使用できるようになります。After you validate, you can start using the SLB for load balancing. 関連情報については、ネットワーク トラフィックの負荷分散NAT 規則の構成に関するページをご覧ください。For related information, see load balance network traffic and configure NAT rules.

SDN ファブリックからソフトウェア ロード バランサーを削除するRemove the software load balancer from the SDN fabric

SDN ファブリックから SLB を削除する方法は、ここで確認できます。Use these steps to remove the SLB from the SDN fabric.

次のステップNext steps

RAS ゲートウェイを作成するCreate a RAS gateway