VMM ファブリックでのベア メタル コンピューターからのスケールアウト ファイル サーバー (SOFS) クラスターのプロビジョニングProvision a scale-out file server (SOFS) cluster from bare metal computers in the VMM fabric

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

System Center - Virtual Machine Manager (VMM) ファブリックで SOFS クラスターに既存のファイル サーバーを追加するだけでなく、VMM ではベアメタル マシンの SOFS クラスター ノードとしてのプロビジョニングを検出できます。In addition to adding existing file servers to an SOFS cluster in the System Center - Virtual Machine Manager (VMM) fabric, VMM can discover provision bare-metal machines as SOFS cluster nodes. この記事には、VMM でベア メタル SOFS クラスターをセットアップするための手順が記載されています。This article includes the steps for setting up a bare metal SOFS cluster in VMM.

開始する前にBefore you start

次に、展開の要件を示します。Here's what you need for the deployment:

  • SOFS クラスター ノードとして展開する物理コンピューターPhysical computers to deploy as SOFS cluster nodes. これらのコンピューターは、次の表で説明されている前提条件を満たしている必要があります。These computers must meet the prerequisites described in the table below. これらのコンピューターはオペレーティング システム、つまり展開プロセス中に上書きされるオペレーティング システムに基づいて実行できます。They can be running on operating system, or an operating system that will be overwritten during the deployment process.
  • VMM ライブラリ共有上にあるバーチャル ハード ディスクと該当するオペレーティング システム。Virtual hard disk with an appropriate operating system, located on a VMM library share. バーチャル ハード ディスクを作成する際には、仮想マシンを作成してゲスト オペレーティング システムをインストールし、その後 Sysprep を /generalize オプションと /oobe オプションで使用します。When you create the virtual hard disk, you can create a virtual machine, install the guest operating system, and then use Sysprep with the /generalize and the /oobe options.

    クラスター ノード上に展開する、バーチャル ハード ディスク上のオペレーティング システムは、バーチャル ハード ディスク (VHD) からのブート オプションをサポートする必要があります。The operating system on the virtual hard disk that you deploy on the cluster nodes must support the boot from virtual hard disk (VHD) option.
  • ベア メタル展開には、Windows 展開サービスを使用して構成された PXE サーバーが必要です。PXE server configured with Windows Deployment Services is needed for bare metal deployment.

物理コンピューターの要件Physical computer requirements

前提条件Prerequisite 詳細Details
BMCBMC 各物理コンピューターは、VMM による帯域外管理に対応したベースボード管理コントローラー (BMC) が搭載されている必要があります。Each physical computer must have a baseboard management controller (BMC) installed that enables out-of-band management by VMM.

BMC では、オペレーティング システムに依存することなくコンピューターにリモート アクセスすることができ、さらに自動的にコンピューターの電源をオン/オフにするなどのシステム機能を制御できます。Through a BMC, you can access the computer remotely, independent of the operating system, and control system functions such as the ability to turn the computer off or on.

BMC は、サポートされている帯域外管理プロトコルのいずれかを使用し、その管理プロトコルが BMC 設定で有効化されている必要があります。The BMCs must use one of the supported out-of-band management protocols, and the management protocol must be enabled in the BMC settings.

サポートされているプロトコル:Intelligent Platform Management Interface (IPMI) バージョン 1.5 または 2.0、Data Center Management Interface (DCMI) バージョン 1.0、WS-Management (WS-Man) 経由の System Management Architecture for Server Hardware (SMASH) バージョン 1.0、Integrated Lights-Out (iLO) などのカスタム プロトコルSupported protocols: Intelligent Platform Management Interface (IPMI) versions 1.5 or 2.0; Data Center Management Interface (DCMI) version 1.0; System Management Architecture for Server Hardware (SMASH) version 1.0 over WS-Management (WS-Man); custom protocols such as Integrated Lights-Out (iLO)

BMC は BMC モデルの最新バージョンのファームウェアを使用している必要があります。The BMCs should use the latest version of firmware for the BMC model.

BMC は、ログオン資格情報を設定している必要があり、静的 IP アドレスまたは DHCP のいずれかを使用する必要があります。The BMCs must be configured with logon credentials and must use either static IP addressing or DHCP. DHCP を使用する場合、たとえば DHCP の予約を使用して、各 BMC に一定の IP アドレスを割り当てるように DHCP を構成することをお勧めします。If you use DHCP, we recommend that you configure DHCP to assign a constant IP address to each BMC, for example by using DHCP reservations.

VMM 管理サーバーは、BMC が構成されるネットワーク セグメントにアクセスできる必要がある。The VMM management server must be able to access the network segment on which the BMCs are configured.
オペレーティング システムOperating system 物理コンピューターが Windows Server 2012 R2 以降を実行している必要があります。Physical computers must be running Windows Server 2012 R2 or later.
アカウントAccounts 2 つの実行アカウントが必要になります。You'll need two RunAs accounts.

コンピューターをドメインに参加させるための実行アカウントと、各コンピューター上の BMC にアクセスするためのアカウントです。A Run As account for joining computers to the domain, and an account for access to the BMC on each computer.

PFX サーバーの要件PFX server requirements

前提条件Prerequisite 詳細Details
展開の要件Deployment requirements PXE サーバーは Windows 展開サービスで構成しておく必要があります。You must have a PXE server configured with Windows Deployment Services.

環境内に Windows 展開サービスで構成済みの PXE サーバーが既に存在する場合、そのサーバーを VMM に追加できます。If you have an existing PXE server in your environment configured with Windows Deployment Services, you can add that server to VMM. 追加後、VMM でのプロビジョニングに使用することができます (VMM は最終的なサーバーのみ認識します)。Then you can use it for provisioning in VMM (and VMM will recognize only the resulting servers). その他すべての要求は、PXE サーバーによって今後も構成どおりに処理されます。All other requests will continue to be handled by the PXE server according to how it is configured.

既存の PXE サーバーがない場合、サポート対象のオペレーティング システム (Windows Server 2012 R2 以降) を実行しているサーバーに Windows 展開サービス ロールを展開できます。If you don't have an existing PXE server, you can deploy the Windows Deployment Services role on a server running a supported operating system (Windows Server 2012 R2 or later).
場所Location PXE サーバーが、プロビジョニングする物理コンピューターと同じサブネットにある必要があります。The PXE server must be in the same subnet as the physical computers that you want to provision.
Windows 展開サービスのインストールWindows Deployment Services installation Windows 展開サービスのインストール時には、展開サーバー オプションとトランスポート サーバー オプションの両方をインストールする必要があります。When you install Windows Deployment Services you should install both the Deployment server and Transport server options. イメージを追加する必要はありません。You don't need to add images.

VMM でのホストの展開時には、作成してライブラリに保管したバーチャル ハード ディスクを使用します。During host deployment, VMM uses a virtual hard disk that you've created and stored in the library.

[PXE 応答] タブで設定を構成する必要はありません。VMM には、独自の PXE プロバイダーが用意されています。You don't need to configure settings on the PXE response tab. VMM provides its own PXE provider.
アクセス許可Permissions PXE サーバーを追加する場合、PXE サーバーのローカル管理者アクセス許可があるアカウントのアカウント資格情報を指定する必要があります。When you add a PXE server, you must specify account credentials for an account that has local administrator permissions on the PXE server. ユーザー名とパスワードを入力するか、実行アカウントを指定できます。You can enter a user name and password or specify a Run As account. 開始する前か展開中に、実行アカウントを作成できます。You can create the RunAs account before you begin, or during deployment.

バーチャル ディスクとテンプレートの要件Virtual disk and template requirements

前提条件Prerequisite 詳細Details
バーチャル ハード ディスクVirtual hard disk 汎用バーチャル ハード ディスクが VMM ライブラリ共有内にあるかご確認ください。Make sure you have a generalized virtual hard disk in a VMM library share. Windows Server 2012 R2 以降が実行されている必要があります。It should be running Windows Server 2012 R2 or later.

運用サーバーでは、パフォーマンスを向上し、ユーザーのデータを保護できるように容量固定ディスク (.vhd または .vhdx ファイル形式) を使用することをお勧めします。We recommend that for production servers, you use a fixed disk (.vhd or .vhdx file format) to increase performance and to help protect user data.

汎用バーチャル ハード ディスクが VMM ライブラリ共有内にあるかご確認ください。Make sure you have a generalized virtual hard disk in a VMM library share. Windows Server 2012 R2 以降が実行されている必要があります。It should be running Windows Server 2012 R2 or later.
ダイナミック ディスクDynamic disk 物理コンピューター プロファイルを作成する場合、VMM によって容量可変ディスクが容量固定ディスクに変換されます。When you create a physical computer profile, VMM converts a dynamic disk to a fixed disk.
カスタム ドライバーCustom drivers カスタム ドライバーを物理コンピューター プロファイルに割り当てる計画の場合は、VMM ライブラリ共有の .CR (カスタム リソース) という拡張子の付いた 1 つ以上のフォルダーにドライバーを追加します。If you plan to assign custom drivers to a physical computer profile, you add them to a VMM library share in one or more folders with a .CR (custom resources) extension. それらは、VMM によって、カスタム リソースとして認識されます。VMM recognizes them as custom resources.
応答ファイルAnswer file カスタム リソースと同様に、物理コンピューター プロファイルに応答ファイル (Unattend.xml ファイル) への参照を含める場合は、展開を開始する前に応答ファイルを作成して VMM ライブラリ共有に追加します。Like custom resources, if you want a physical computer profile to include references to an answer file (Unattend.xml file), create the answer file and add it to a VMM library share before you start deployment. たとえば、リモート デスクトップ サービスを有効にする応答ファイルを作成し、それをライブラリ共有に配置できます。For example, you might want to create an answer file to enable Remote Desktop Services and place it on a library share. その後、物理コンピューター プロファイルを構成するときにそのファイルを選ぶことができます。Then you can select that file when you configure a physical computer profile.
RDSRDS サーバーの管理にリモート デスクトップ サービス (RDS) を使用する場合は、イメージで RDS 接続を有効にすることをお勧めします。If you use Remote Desktop Services (RDS) to manage servers, we recommend that you enable the RDS connections in the image. また、物理コンピューター プロファイルで応答ファイルを使用して、RDS を有効にすることもできます。You can also enable RDS by using an answer file in the physical computer profile.
論理ネットワークLogical networks VMM で論理ネットワークまたは論理スイッチを既に構成している場合には、これらの構成を物理コンピューター プロファイルに含めることができます。If you have already configured logical networks or logical switches in VMM, you can include those configurations in the physical computer profile.

論理ネットワークを使用して制御される静的 IP アドレスを物理コンピューター プロファイルに含めるには、論理ネットワークを構成します。To include static IP addressing controlled through a logical network in a physical computer profile configure the logical network. 論理ネットワークには、ネットワーク サイトと静的 IP アドレス プールが少なくとも 1 つ含まれている必要があります。The logical network must include at least one network site and static IP address pool.

またネットワーク サイトは、ベアメタルから作成するホストの割当先になるホスト グループまたは親ホスト グループで使用できる必要があります。The network site must also be available to the host group or to a parent host group where you want to assign the hosts that you will be creating from bare metal.
論理スイッチLogical switch 論理スイッチを使用するには、必要な仮想スイッチ拡張機能と拡張機能プロバイダーをすべてインストールし、スイッチを作成した後に、物理コンピューター プロファイルを作成します。To use a logical switch, install all necessary virtual switch extensions and extension providers, and create the switch before you create the physical computer profile.

論理スイッチには仮想ポートごとに 1 つ以上のポート分類を含めることをお勧めします。In the logical switch, as a best practice, include one or more port classifications for the virtual ports.

物理コンピューター プロファイル内の物理アダプターに論理スイッチを適用するには、物理コンピューター上に想定数の NIC をインストールしてあるか確認します。To apply a logical switch to physical adapters in a physicl computer profile, make sure that you have installed the intended number of NICs on the physical computer.

展開の手順Deployment steps

  1. 開始する前に:開始する前に、上記の前提条件を確認します。Before you start: Verify the prerequisites above before you start.
  2. 物理コンピューターの準備: 各物理コンピューター上で、仮想化をサポートするよう BIOS をセットアップします。Prepare physical computer-Set up the BIOS on each physical computer to support virtualization.
  3. PXE サーバー環境の準備:VMM ファブリックに PXE サーバーを追加します。Prepare the PXE server environment: Add the PXE server to the VMM fabric.
  4. ドライバー ファイルの追加:カスタム ドライバーを使用する場合は、VMM ライブラリにドライバー ファイルを追加します。Add driver files: Add driver files to the VMM library if you want to use custom drivers.
  5. プロファイルの作成:物理コンピューターのプロファイルを作成します。Create profile: Create a profile for the physical computers.
  6. クラスターの作成:クラスター化されたファイル サーバーの作成ウィザードを実行して、物理コンピューターを検出し、クラスターを構成し、クラスターの展開を開始します。Create the cluster: Run the Create Clustered File Server Wizard to discover the physical computers, configure the cluster, and start the cluster deployment. 物理コンピューターは、PXE サーバー上のカスタマイズされた Windows PE イメージからブートされます。The physical computers boot from a customized Windows PE image on the PXE server. フェールオーバー クラスター ロールとファイル サーバー ロールが有効化されます。The Failover Cluster and File Server roles are enable. クラスターが作成された後、スケールアウト ファイル サーバー ロールが有効化されます。After the cluster is created the Scale-Out File Server role is enabled. コンピューターが再起動されます。The computer is then restarted.
  7. SOFS クラスターへのノードの追加:ノードをプロビジョニングした後、それらのノードを使用して新しいクラスターを作成するか、それらのノードを既存のクラスターに追加することができます。Add nodes to SOFS cluster: After you've provisioned the nodes you can create a new cluster with them, or add them to an existing one.

物理コンピューターの準備Prepare physical computers

仮想化をサポートするように各コンピューターを準備するには、次のようにします。Prepare each computer to support virtualization, as follows:

  1. 第 1 デバイスとして Pre-Boot Execution Environment (PXE) が有効にされたネットワーク アダプターからブートするように BIOS ブート順を設定します。Set the BIOS boot order to boot from a Pre-Boot Execution Environment (PXE)-enabled network adapter as the first device.
  2. 各コンピューターで BMC のログオン資格情報と IP アドレス設定を構成します。Configure the log on credentials and IP address settings for the BMC on each computer.
  3. 環境内に複数の DNS サーバーがあり、レプリケーションに時間がかかる場合は、コンピューター名の DNS エントリを作成し、それを物理コンピューターに割り当てて、DNS レプリケーションの実行時間を考慮することを強くお勧めします。If your environment has multiple DNS servers, where replication may take some time, we strongly recommend that you create DNS entries for the computer names that will be assigned to the physical computers, and allow time for DNS replication to occur. このようにしないと、コンピューターの展開が失敗することがあります。Otherwise, deployment of the computers may fail.

VMM ファブリックへの PXE サーバーの追加Add a PXE server to the VMM fabric

  1. [ファブリック] > [サーバー] > [ホーム] > [追加] > [リソースの追加] > [PXE サーバー] をクリックします。Click Fabric > Servers > Home > Add > Add Resources > PXE Server.
  2. [コンピューター名] で、PXE サーバー名を指定します。In Computer name specify the PXE server name.
  3. PXE サーバーでローカル管理者アクセス許可があるアカウントの資格情報を追加します。Add the credentials for an account that has local administrator permissions on the PXE server. 既存の実行アカウントを指定するか、新しいアカウントを作成できます。You can specify an existing Run As account, or create a new account. domain_name\user_name の形式でユーザーの資格情報を手動で入力します。Manually enter user credentials in the format domain_name\user_name. 次に、 [追加] をクリックします。Then click Add.
  4. [ジョブ] で、ジョブの状態が [完了] になっていることを確認して、このダイアログ ボックスを閉じます。In Jobs, verify that the job status is Completed, and close the dialog box. このジョブによって、新しい PXE サーバーがセットアップされ、PXE サーバーに VMM エージェントがインストールされ、新しい Windows Preinstallation Environment (Windows PE) イメージがインポートされ、PXE サーバーのコンピューター アカウントが VMM に追加されます。The job sets up the new PXE server, installs the VMM agent on the PXE server, imports a new Windows Preinstallation Environment (Windows PE) image, and adds the machine account to VMM for the PXE server.
  5. [ファブリック] > [サーバー] > [PXE サーバー] で、PXE サーバーが追加されているか確認します。Verify that the PXE server is added in Fabric > Servers > PXE Servers. エージェントの状態が [稼働中] になっているはずです。The agent status should be Responding.

ライブラリへのカスタム リソースの追加Add custom resources to the library

カスタム ドライバーを割り当てる予定の場合は、ドライバー ファイルがライブラリに存在する必要があります。If you plan to assign custom drivers, the driver files must exist in the library. ライブラリのドライバーには、後でタグによりフィルター処理できるようにタグを付けることができます。You can tag the drivers in the library, so that you can later filter them by tag. ファイルを追加した後、物理コンピューター プロファイルを構成するときにドライバー ファイルを指定できます。After files are added, when you configure a physical computer profile, you can specify the driver files. VMM は、物理コンピューターへのオペレーティング システムのインストール時に指定されたドライバーをインストールします。VMM installs the specified drivers when it installs the operating system on a physical computer.

物理コンピューター プロファイルでは、ドライバーをタグのフィルターで絞り込むか、物理コンピューターのプラグ アンド プレイ (PnP) ID と一致するドライバーに絞り込むことができます。In the physical computer profile, you can select to filter the drivers by tags, or you can select to filter drivers with matching Plug and Play (PnP) IDs on the physical computer. ドライバーをタグで絞り込む場合、VMM では、ライブラリのドライバーに割り当てるタグと、プロファイルに割り当てるタグが照合され、適用するドライバーを決定されます。If you select to filter the drivers by tags, VMM determines the drivers to apply by matching the tags that you assign to the drivers in the library to the tags that you assign in the profile. PnP ID と一致するドライバーに絞り込む場合は、カスタム タグを割り当てる必要はありません。If you select to filter drivers with matching PnP IDs, you don't need to assign custom tags.

  1. ライブラリーに追加するドライバー パッケージを見つけます。Locate a driver package that you want to add to the library.
  2. 物理コンピューターを展開するグループに関連付けられたライブラリ サーバーのライブラリ共有で、ドライバーを保管するためのフォルダーを作成し、このフォルダーにドライバー パッケージをコピーします。In the library share that is located on the library server that is associated with the group where you want to deploy the physical computers, create a folder to store the drivers, and then copy the driver package to the folder.
  3. 各ドライバー パッケージでフォルダーを個別に作成することと、ドライバー フォルダーではリソースを混在させないことを強くお勧めします。We strongly recommend that you create a separate folder for each driver package, and that you do not mix resources in the driver folders. .iso イメージ、.vhd ファイル、またはファイル拡張子名が .inf のスクリプトなど、その他のライブラリ リソースが同じフォルダーに含まれる場合、VMM ライブラリ サーバーでは、これらのリソースは検出されません。If you include other library resources such as .iso images, .vhd files or scripts with an .inf file name extension in the same folder, the VMM library server will not discover those resources. また、ドライバー パッケージ (.inf) をライブラリから削除すると、VMM はこのドライバー .inf ファイルが存在するフォルダーそのものを削除します。Also, when you delete an .inf driver package from the library, VMM deletes the entire folder where the driver .inf file resides.
  4. VMM コンソール > [ライブラリ] > [ライブラリ サーバー] で、共有があるライブラリ サーバーを展開し、共有を右クリックして、 [最新の情報に更新] をクリックします。In the VMM console > Library > Library Servers, expand the library server where the share is located, right-click the share, and then click Refresh. ライブラリが最新の情報に更新された後、フォルダーが表示されるはずです。After the library refreshes, the folder should appear.
  5. 必要に応じて、タグを割り当てます。Assign tags if required. [ライブラリ] で、ドライバーを保管するために作成したフォルダーを展開し、ドライバー パッケージが含まれるフォルダーをクリックします。In Library, expand the folder that you created to store the drivers, and click the folder that contains the driver package.
  6. [物理ライブラリ オブジェクト] で、このドライバー ファイル (.inf) を右クリックして、 [プロパティ] をクリックします。In the Physical Library Objects, right-click the driver .inf file, and then click Properties.
  7. [<ドライバー ファイル名> のプロパティ] > [カスタム タグ] で、カスタム タグをセミコロンで区切って入力するか、または [選択] をクリックして、使用可能なタグを割り当てるかタグを新規作成して割り当てます。In the Driver File Name Properties > Custom tags, enter custom tags separated by a semi-colon, or click Select to assign available tags or to create and assign new ones. [選択] をクリックして [新しいタグ] をクリックすると、 [OK] をクリックした後でタグの名前を変更できます。If you click Select, and then click New Tag, you can change the name of the tag after you click OK. たとえば、ネットワーク アダプターのドライバー ファイルを追加した場合、ServerModel NetworkAdapterModel という名前のタグを作成できます。この場合、ServerModel はサーバーのモデル、NetworkAdapterModel はネットワーク アダプターのモデルとなります。For example, if you added a network adapter driver file, you could create a tag that is named ServerModel NetworkAdapterModel, where ServerModel is the server model and NetworkAdapterModel is the network adapter model.

物理コンピューター プロファイルの作成Create a physical computer profile

始める前に、物理コンピューターで拡張ファームウェア インターフェイス (EFI) と BIOS のどちらを使用するかを判別してください。Before you start, determine whether the physical computers use Extensible Firmware Interface (EFI) or BIOS. 両方がある場合は、種類ごとに別のプロファイルを作成します。If you have both, create a separate profile for each type.

  1. [ライブラリ] > [ホーム] > [作成] > [物理コンピューター プロファイル] をクリックします。Click Library > Home > Create > Physical Computer Profile.
  2. 新しい物理コンピューター プロファイル ウィザード > [プロファイルの説明] で、名前と説明を入力して、 [VM ホスト] を選びます。In the New Physical Computer Profiles Wizard > Profile Description type in a name and description and select VM host.
  3. [OS イメージ] > [バーチャル ハード ディスク ファイル] > [参照] で、ライブラリ共有に追加した汎用のバーチャル ハード ディスクをクリックします。In OS Image > Virtual hard disk file > Browse, click the generalized virtual hard disk that you added to the library share. 既定では、ディスクが容量可変の場合、ホストの展開中に VMM により容量固定ディスクに変換されます。By default, if the disk is dynamic VMM converts it to a fixed disk during host deployment. 運用サーバーでは、パフォーマンスを向上させ、ユーザーのデータを保護できるように容量固定ディスクを使用することをお勧めします。We recommend that for production servers you use a fixed disk to increase performance and help protect user data.
  4. [ハードウェア構成] > [管理用 NIC] で、VMM との通信に使用するネットワーク アダプターを選択し、DHCP と静的アドレスのどちらを使用するかを選びます。In Hardware Configuration > Management NIC select the network adapter you'll use to communicate with VMM and whether to use DHCP or a static address. アダプターに対して Consistent Device Naming (CDN) を使用するか、論理スイッチとポートを構成する場合は、 [物理プロパティ] をクリックします。If you want to use Consistent Device Naming (CDN) for the adapter or configure logical switches and ports click Physical Properties. [追加] をクリックしてアダプターを追加します。Click Add to add the adapter.
  5. [ディスク] で、最初のディスクにパーティション スキームを指定します。In Disk specify the partitioning scheme for the first disk. 物理コンピューター プロファイルが EFI の場合は、GPT を使用できます。You can use GPT if the physical computer profile is EFI. [パーティション情報] で、ボリューム ラベル、残りの空き領域すべてと特定のサイズのどちらを使用するか、パーティションをブート パーティションとして指定するかどうかを選びます。In Partition Information select the volume label, whether to use all remaining free space or a specific size, and whether to designate the partition as the boot partition. 新しいディスクやパーティションを追加することもできます。You can also add a new disk or partition. 展開中は VMM によって、バーチャル ハード ディスク ファイルがブート パーティションにコピーされ、同じディスクにシステム パーティションが自動的に作成されます。During deployment VMM will copy the virtual hard disk file to the boot partition and automatically create a system partition on the same disk.
  6. [ドライバーのフィルター] で、ホストの展開中にオペレーティング システムに適用されるドライバーをフィルター処理します。In Driver filter filter the drivers that will be applied to the operating system during host deployment. プラグ アンド プレイ ID 別か、特定のタグ別にフィルター処理できます。You can filter by Plug and Play ID or by specific tags. 一致するタグでドライバーをフィルターする場合、ライブラリにドライバー ファイルを追加し、対応するタグを割り当てているか確認してください。If you select to filter drivers with matching tags make sure you've added driver files to the library and assigned corresponding tags.
  7. [OS 構成] で、Hyper-V ホストまたはクラスターを参加させるドメインを指定し、ローカル管理者の資格情報と ID 情報を指定します。In OS Configuration specify the domain that the Hyper-V host or cluster should join, specify local admin credentials and identity information. インストール用のプロダクト キーを追加し、タイム ゾーンを設定します。Add the product key for installation, and set the time zone. GUIRunOnce では、ユーザーが初めて Hyper-V ホストにログオンするときに実行されるコマンドを 1 つ以上指定できます。In GUIRunOnce you can specify one or more commands that will run when the user logs on to the Hyper-V host for the first time.
  8. [ホストの設定] で、ホストに配置されている仮想マシンに関連付けられたファイルの保存場所のホストのパスを指定します。In Host Settings specify the path of the host to store the files that are associated with virtual machines placed on the host. C ドライブは配置には使用できないので指定しないでください。Don't specify drive C because it's not available for placement. パスを指定しない場合、VMM 配置で最適な場所が決定されます。If you don't specify a path VMM placement will determine the most suitable location.
  9. [サマリー] で設定を確認します。In Summary verify the settings. ジョブが完了状態になるまで待ってから、 [ライブラリ] > [プロファイル] > [物理コンピューター プロファイル] でプロファイルを確認します。Wait until Jobs shows a status of completed, and then verify the profile in Library > Profiles > Physical Computer Profiles.

ベア メタルからのスケールアウト ファイル サーバー クラスターのプロビジョニングProvision a Scale-Out File Server cluster from bare metal

クラスター化されたファイル サーバーの作成ウィザードで次のことを行います。The Create Clustered File Server Wizard does the following:

  1. 帯域外管理により物理コンピューターを検出するDiscovers the physical computers through out-of-band management
  2. 物理コンピューター プロファイルを使用して、コンピューター上に Windows Server オペレーティング システム イメージを展開する (そのように構成されている場合)Deploys the Windows Server operating system image on the computers by using the physical computer profile (if configured to do so)
  3. コンピューターでファイル サーバー ロールを有効にするEnables the file server role on the computers
  4. クラスターでスケールアウト ファイル サーバー ロールを有効にするEnables the Scale-Out File Server role on the cluster
  5. プロビジョニングされたコンピューターを、スケールアウト ファイル サーバー クラスターとして VMM の管理下に追加するAdds the provisioned computers as a Scale-Out File Server cluster under VMM management

次のようにウィザードを実行します。Run the wizard:

  1. [ファブリック] > [サーバー] > [ホーム] > [作成] > [ファイル サーバー クラスター] をクリックします。Click Fabric > Servers > Home > Create > File Server Cluster.

  2. [クラスター化されたファイル サーバーの作成ウィザード] > [全般] で、必要に応じて、クラスター名、ファイル サーバー名、クラスター IP アドレスを入力します。In the Create Clustered File Server Wizard > General type in a cluster name, file server name, and cluster IP addresses if needed.

  3. [リソースの種類] で、ベア メタル コンピューターをプロビジョニングするオプションを選びます。In Resource Type select the option to provision bare-metal computers. 物理コンピューター プロファイルを選んで、 [次へ] をクリックします。Select the physical computer profile and click Next.

  4. [資格情報とプロトコル] で、実行アカウントの隣の [参照] をクリックして、BMC へのアクセス許可を持つアカウントを選びます。In Credentials and Protocols click Browse next to the Run As account and choose the account with permissions to access the BMC. [プロトコル] の一覧で、検出に使用する帯域外管理プロトコルをクリックします。In the Protocol list click the out-of-band management protocol you want to use for discovery. DCMI を使用する場合は、 [Intelligent Platform Management Interface (IPMI)] をクリックします。If you want to use DCMI click Intelligent Platform Management Interface (IPMI). DCMI 1.0 は一覧にはありませんがサポートされています。DCMI 1.0 isn't listed but it is supported. BMC モデルで最新バージョンのファームウェアが使用されていることを確認します。Make sure you use the latest version of firmware for the BMC model.

  5. [検出のスコープ] で、BMC の IP アドレスを含む IP アドレス スコープを指定します。In Discovery Scope specify the IP address scope that includes the IP addresses of the BMCs. 1 つのアドレス、サブネット、または範囲を追加できます。You can add a single address, a subnet, or range.

  6. [ターゲット リソース] で、プロビジョニングするコンピューターを選び、詳細検出が済むのを待ってから、項目をクリックして情報を確認したり変更したりします。In Target Resources select the computers you want to provision, allow time for deep discovery, and click items to review and modify information. 物理ネットワーク アダプターの数と、コンピューター プロファイルで定義されている物理アダプターの数が一致しない場合は、欠落している情報を追加する必要あることにご注意ください。Note that if the number of physical network adapters doesn't match the number of physical adapters defined in the computer profile you'll need to add the missing information. 今すぐコンピューターを展開しない場合は、その BMC の IP アドレスを選び、 [削除] をクリックできます。If you don't want to deploy a computer immediately you can select its BMC IP address and click Remove.

  7. [展開のカスタマイズ] で設定を構成し、欠落している情報に関する警告が出なくなったら [次へ] をクリックします。In Deployment Customization configure the settings and when there are no more warnings about missing information click Next.

    • DHCP:物理コンピューター プロファイルで DHCP が使用されている場合は、BMC の IP アドレスをクリックして、コンピューター名を入力します。DHCP: If your physical computer profile uses DHCP click an BMC IP address and type in a computer name. AD チェックをスキップするかどうかを決定します。Decide whether to skip the AD check. チェックすると、コンピューター アカウントが存在する場合に展開が続行されます。If you do the check deployment will continue if the computer account exists. BMC の IP アドレスごとにエントリをクリックします。Click the entry for each BMC IP address.
    • 静的:プロファイルで各 BMC IP アドレスに静的 IP アドレスが使われている場合は、VMM との通信に使われるコンピューターのネットワーク アダプターの MAC アドレスを入力します。Static: If the profile uses static IP addresses for each BMC IP address, type in a MAC address of the computer's network adapter that's used to communicate with VMM. 使用する論理ネットワークをクリックします。Click the logical network you want to use. 既定の論理ネットワークは、プロファイルに示されている論理ネットワークです。The default logical network is the one indicated in the profile. 使用する IP サブネットをクリックします。Click the IP subnet you want to use. サブネットの一覧は、関連ネットワーク サイトの論理ネットワークに定義されているものを対象としています。The subnet list is scope to what's defined for the logical network in the associated network sites. サーバーを展開している物理的な場所とアダプターが接続されているネットワークに対応する IP サブネットを選ぶ必要があります。You should select the IP subnet that corresponds to the physical location in which you're deploying the server and the network to which the adapter is connected. IP アドレスを自動的に割り当てるか、特定のアドレスを割り当てることができます。you can automatically assign an IP address or assign a specific address.
  8. [概要] で、設定を確認して [完了] をクリックします。In Summary, confirm the settings and click Finish. クラスターが追加されたことを確認するには、 [ファブリック] > [記憶域] > [ファイル サーバー] をクリックします。To confirm the cluster was added, click Fabric > Storage > File Servers.