シナリオ: VMM で記憶域スペース ダイレクトを展開するScenario: Deploy Storage Spaces Direct with VMM

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

この記事では、System Center - Virtual Machine Manager (VMM) ファブリックでの記憶域スペース ダイレクト (S2D) の展開に関する概要を示します。This article provides an overview of Storage Spaces Direct (S2D) deployment in the System Center - Virtual Machine Manager (VMM) fabric.

S2D は Windows Server 2016 に導入されました。S2D was introduced in Windows Server 2016. これは、物理記憶域ドライブを仮想記憶域プールにグループ化することで記憶域を仮想化します。It virtualizes storage by grouping physical storage drives into virtual storage pools. S2D を使用して、次のことができます。Using S2D you can:

  • 複数の物理記憶域ソースを 1 つの仮想エンティティとして管理します。Manage multiple physical storage sources as a single virtual entity.
  • 外部の物理記憶装置の有無に関係なく、低コストの仮想記憶域を実現します。Get inexpensive virtual storage, with or without external physical storage devices.
  • さまざまな種類の記憶域を 1 つの仮想記憶域プールにまとめます。Gather different types of storage into a single virtual storage pool.
  • 簡単に記憶域のプロビジョニングができます。また、新しいドライブを記憶域プールに追加することで、必要に応じて仮想化された記憶域プールを拡張できます。Easily provision storage, and grow virtualized storage pools on demand by adding new drives to them.

具体的な作用を教えてください。How does it work?

S2D は、Windows Server クラスター内の特定のノードに接続されている物理記憶域から仮想記憶域のプールを作成します。S2D creates pools of virtual storage, from physical storage that's attached to specific nodes in a Windows Server cluster. 記憶域はノードの内部にある場合と、単一ノードに直接接続されているディスクにある場合があります。The storage can be internal on the node, or disk directly attached to a single node. サポートされているストレージ デバイスには、NVMe、SATA または SAS 経由で接続されている SSD、HDD があります。Supported storage drives include NVMe, SSD connected via SATA or SAS, and HDD. 詳細Learn more

  • クラスターで S2D を有効にすると、S2D は適格な記憶域ドライブを自動検出し、記憶域プールに追加します。When you enable S2D on a cluster, S2D automatically discovers eligible storage drives, and adds them into a storage pool.
  • S2D は、組み込み式のサーバー側のキャッシュを作成することで、パフォーマンスを最大化します。S2D creates a built-in server-side cache to maximize performance. S2D は、最速のドライブを自動的にキャッシュに利用します。S2D automatically uses the fastest drives for caching. 残りのドライブは容量に使用されます。The remaining drives are used for capacity. キャッシュについては、こちらをご覧ください。Learn more about the cache.
  • 記憶域プールからボリュームを作成します。You create volumes from a storage pool. ボリュームを作成すると、仮想ディスク (記憶域スペース) が作成され、そのパーティションが作成され、その書式が設定され、クラスターに追加され、クラスター共有ボリューム (CSV) に変換されます。Creating a volume creates the virtual disk (storage space), partitions and formats it, adds it to the cluster, and converts it to a clustered shared volume (CSV).
  • SMB 3.0 を使用して、ボリュームにはさまざまなレベルのフォールト トレランスを構成し、プール内の物理ディスクをまたいで仮想ディスクを作成する方法を指定します。You configure different levels of fault tolerance for a volume, to specify how virtual disks are spread across physical disks in the pool, using SMB 3.0. ボリュームは回復性を備えずに構成することも、ミラーやパリティによる回復性を備えて構成することもできます。You can configure a volume with no resiliency, or with mirror or parity resilience. 詳細については、ここをクリックしてください。Learn more.

コンバージド展開と非コンバージド展開Converged and non-converged deployment

S2D クラスターは、いくつかの方法で展開できます。An S2D cluster can be deployed in a couple of ways:

  • ハイパーコンバージド展開: Hyper-V コンピューティングと S2D を分離せずに、同じクラスターで実行します。Hyper-converged deployment: Hyper-V compute and S2D run on the same cluster, with no separation between them.
  • 細分類展開: 環境がコンピューティングと記憶域に分けられます。Disaggregated deployment: The environment is separated into compute and storage. コンピューティング リソースは 1 つの Hyper-V クラスターで実行されます。Compute resources run on one Hyper-V cluster. 記憶域は別のクラスターで実行されます。Storage runs on a different cluster.

VMM では、ハイパーコンバージド トポロジと細分類トポロジの両方で S2D を展開できます。In VMM you can deploy S2D in both a hyper-converged or disaggregated topology.

ハイパーコンバージド展開Hyper-converged deployment

ハイパーコンバージド クラスターには次の特性があります。Hyper-converged clusters have the following characteristics:

  • Hyper-V ホスト (コンピューティング) と S2D (記憶域) は同じクラスターで実行されます。Hyper-V (compute) and S2D (storage) run on the same cluster.
  • VM ファイルはローカルの CSV に格納されます。VM files are stored on local CSVs.
  • ファイル共有と SMB は使用されません。File shares and SMB aren't used.
  • Hyper-V コンピューティング クラスターとその記憶域をまとめて拡大縮小します。You scale the Hyper-V compute cluster and its storage together.
  • S2D CSV ボリュームが利用可能になったら、他の Hyper-V 展開の場合と同様にプロビジョニングします。After S2D CSV volumes are available, you provision them as you would any other Hyper-V deployment.
  • 図 1 は、ハイパーコンバージド展開のスタックを示しています。Figure 1 illustrates the hyper-converged deployment stack.

ハイパーコンバージド

図 1: ハイパーコンバージド展開Figure 1: Hyper-converged deployment

細分類展開Disaggregated deployment

細分類クラスターには次の特性があります。A disaggregated cluster has the following characteristics:

  • Hyper-V コンピューティング クラスターと記憶域クラスターは異なります。The Hyper-V compute cluster is different to the storage cluster.
  • ファイル共有は S2D クラスターの CSV で作成されます。File shares are created on the S2D cluster CSVs. Hyper-V VM は SOFS 上にファイルを格納するように構成され、SMB 3.0 を使用してアクセスされます。Hyper-V VMs are configured to store their files on the SOFS, and accessed using SMB 3.0.
  • Hyper-V クラスターと SOFS クラスターを別々に拡大縮小し、細かな部分まで調整管理できます。You scale the Hyper-V and SOFS clusters separately for finely tuned management. たとえば、VM の数の点で計算ノードが全容量に達しようとしている一方で、記憶域ノードのディスクと IOPS の容量には余裕が可能性がある場合、コンピューティング ノードのみを追加します。For example, compute nodes might be near full capacity for the number of VMs, but storage nodes might have excess disk and IOPS capacity, so you add only additional compute nodes.

次のステップNext steps