VMM ファブリック内の別の VM から VM を複製するClone VMs from another VM in the VMM fabric

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

この記事では、System Center - Virtual Machine Manager (VMM) ファブリック内で既存の仮想マシンを複製することで、仮想マシンを作成して展開する方法について説明します。This article describes how to create and deploy virtual machines by cloning existing VMs in the System Center - Virtual Machine Manager (VMM) fabric.

開始する前にBefore you start

  • 手順を実行するには、VMM サーバー上の管理者または代理管理者であるか、またはセルフ サービス ユーザーである必要があります。To complete the steps you must be an Administrator or Delegated Administrator on the VMM server, or a self-service user.
  • 仮想マシンを複製するときに、既存の仮想マシン ソースは削除されません。When you clone a virtual machine, the existing virtual machine source is not deleted. Sysprep ツールを使って準備および一般化された仮想マシンを複製することをお勧めします。We recommend that you clone a virtual machine that has been prepared and generalized with the Sysprep tool. 一般化されたバーチャル ハード ディスクを使用しない場合、新しい仮想マシンの ID は、ソースと同じになります。If you do not use a generalized virtual hard disk, the identity of the new virtual machine will be the same as the source. 同じ ID を持つ 2 つの仮想マシンを同時に有効にすると、問題が発生する可能性があります。Issues might occur if you turn on two virtual machines with the same identity at the same time.
  • ホスト上に展開されている仮想マシンを複製できます。You can clone a virtual machine that is deployed on a host. マシンは、オンライン、停止中、または保存済みの状態を指定できます。The machine can be online, stopped, or in a saved state.
  • VMM ライブラリに保管されている VM を複製できます。You can clone a VM that is stored in the VMM library.
  • 差分ディスクの最適化を使用するオプションは、仮想マシンをホストに展開するときに、ベース ディスクがそのホスト上に存在する場合、自動的に適用されます。The option to use differencing disk optimizations is automatically applied when you deploy the virtual machine on a host, if a base disk exists on that host.
  • セルフ サービス ユーザーは、保管と再展開アクションが割り当てられている展開アクセス許可が必要です。If you're a self-service user you need Deploy permissions with the Store and re-deploy action assigned. 最初にプライベート クラウドに VM を展開してからライブラリに保管する必要があります。You must first deploy the VM to a private cloud, and then store it in the library.

VM の作成Create a VM

  1. [VM とサービス] > [Virtual Machine の作成] > [Virtual Machine の作成] をクリックします。Click VMs and Services > Create Virtual Machine > Create Virtual Machine.
  2. 仮想マシンの作成ウィザード > [ソースの選択] で、 [既存の仮想マシン、VM テンプレート、またはバーチャル ハード ディスクを使用する] > [参照] をクリックします。In Create Virtual Machine Wizard > Select Source, click Use an existing virtual machine, VM template, or virtual hard disk > Browse. 既存の VM を選択します。Select an existing VM.
  3. [ソースの選択] で、 [次へ] をクリックします。In Select Source, click Next.
  4. [ハードウェアの構成] で、必要に応じて、使用可能な設定を構成します。In Configure Hardware, optionally configure any available settings. [次へ] をクリックします。Then click Next.
  5. [保存先の選択] ページで、仮想マシンが展開される方法を指定します (プライベート クラウドまたはホストに展開、あるいはライブラリに保管)。In Select Destination page, specify how the virtual machine should be deployed - in a private cloud, on a host, or stored in the library.

プライベート クラウドへの VM の展開Deploy the VM in a private cloud

  1. [クラウドの選択] で、仮想マシンを配置するプライベート クラウドを選択します。In Select Cloud select the private cloud on which you want to place the virtual machine. 管理者として接続している場合は、プライベート クラウドに仮想マシンを展開するホストを選択できます。If you are connected as an Administrator, you can select the host on which the virtual machine should be deployed in the private cloud. クラウドは 0 ~ 5 個の星評価に基づいて提案されます。Cloud suggestions are based on a 0-5 star rating. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more. 設定を確認し、必要な場合は変更します。Verify the settings and modify if required:

    • 予想される使用率:空の VHD から作成される VM では、予想される使用率は標準の既定値に基づきます。Expected utilization: Expected utilization for a VM created from a blank VHD is based on standard defaults. 仮想マシンの予想される使用率に変更を加えると、VMM はそれに応じてホストの推奨事項と評価を更新します。VMM updates host suggestions and ratings in response to modifications made to the expected virtual machine utilization.
    • この VM を高可用性にする:このオプションが選択されていると、クラスターにあるホストのみを選択できます。Make this VM highly available: With this option selected, only hosts that are located in a cluster are available for selection.
    • 詳細:ホストの状態、オペレーティング システム、仮想化ソフトウェアの種類と状態を示します。Details: Indicates the status of the host, the operating system, and the type and status of the virtualization software.
    • 評価の説明:ホストの評価が 0 の場合に説明を提供します。Rating Explanation: Provides an explanation if a host received a zero rating.
    • SAN の説明または説明の展開と転送:記憶域ネットワーク (SAN) 転送を利用できなくする要因を一覧表示します。SAN Explanation or Deployment and Transfer Explanation: Lists any factors that make a storage area network (SAN) transfer unavailable. ライブラリに直接格納された場合、またはライブラリの更新中に仮想マシンがライブラリに追加された場合には、VMM は、SAN に格納されている仮想マシンを、SAN 転送を使用した展開に使用できるものとして認識しません。VMM does not recognize a virtual machine that is stored on a SAN as available for deployment by using SAN transfer if the virtual machine was stored directly in the library when it was created or was added to the library during a library refresh. この問題を回避するには、LAN 転送を使用してホストに仮想マシンを展開し、同じ VMM ライブラリ、ライブラリ共有、および論理ユニット番号 (LUN) で仮想マシンを保管します。To avoid this issue, deploy the virtual machine to a host by using a LAN transfer, and then store the virtual machine in the same VMM library, library share, and logical unit number (LUN).
    • [説明の展開と転送] タブには、高速ファイル コピーを使用できない場合、説明が表示されます。The Deployment and Transfer Explanation tab provides an explanation if fast file copy cannot be used. 高速ファイル コピーは、Windows オフロード データ転送 (ODX) に基づいています。Fast file copy is based on the Windows Offloaded Data Transfers (ODX). 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.
  2. [設定を構成する] で、VM の設定を確認します。In Configure Settings, review the VM settings. ホスト上の既定の VM パスをそのまま使用するか、別の場所を指定します。Either accept the default VM path on the host or specify a different location. 必要に応じて、 [このパスをホスト上の既定の仮想マシン パスの一覧に追加する] を選択できます。you can optionally select to Add this path to the list of default virtual machine paths on the host. [マシン リソース] で、VHD の既定値をそのまま使用するか、必要に応じて変更します。In Machine Resources accept the default values for the VHD, or modify as required. 配置で独自の値が選択されるのを回避するには、設定の横にあるピン アイコンをクリックします。To prevent placement from choosing its own values, click the pin icon next to the setting. セルフ サービス ユーザーはこのオプションを使用できません。This option isn't available for self-service users.

  3. [ネットワークの選択] が表示される場合は、必要に応じてネットワーク設定を選択し、 [次へ] をクリックします。In Select Networks, if it appears, optionally select the network settings, and click Next.

  4. [プロパティの追加] で、ホストの開始または停止時に実行するアクション、および VM にインストールするオペレーティング システムを構成します。In Add Properties, configure the action to take when the host starts or stops, and the operating system that you will install on the VM. [次へ] をクリックします。Then click Next.

  5. [概要] で、設定を確認して [作成] をクリックします。In Summary, confirm the settings, and click Create. [VM とサービス] > [クラウド] で VM が作成されたことを確認し、クラウドを選択します。Confirm that the VM was created in VMs and Services > Clouds, and select the cloud. 仮想マシンが [VM] ウィンドウに表示されます。The virtual machine appears in the VMs pane.

ホスト上で VM を展開するDeploy the VM on a host

  1. [ホストの選択] で、評価を表示して、VM を展開するホストをクリックして、 [次へ] をクリックします。In Select Host, view the ratings, click the host on which you want to deploy the VM, and click Next. ホストは 0 ~ 5 の星評価に基づいて提案されます。The host suggestions are based on a 0-5 star rating. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more. 設定を確認し、必要な場合は変更します。Verify the settings and modify if required:

    • 予想される使用率:空の VHD から作成される VM では、予想される使用率は標準の既定値に基づきます。Expected utilization: Expected utilization for a VM created from a blank VHD is based on standard defaults. 仮想マシンの予想される使用率に変更を加えると、VMM はそれに応じてホストの推奨事項と評価を更新します。VMM updates host suggestions and ratings in response to modifications made to the expected virtual machine utilization.
    • この VM を高可用性にする:このオプションが選択されていると、クラスターにあるホストのみを選択できます。Make this VM highly available: With this option selected, only hosts that are located in a cluster are available for selection.
    • 詳細:ホストの状態、オペレーティング システム、仮想化ソフトウェアの種類と状態を示します。Details: Indicates the status of the host, the operating system, and the type and status of the virtualization software.
    • 評価の説明:ホストの評価が 0 の場合に説明を提供します。Rating Explanation: Provides an explanation if a host received a zero rating.
    • SAN の説明または説明の展開と転送:記憶域ネットワーク (SAN) 転送を利用できなくする要因を一覧表示します。SAN Explanation or Deployment and Transfer Explanation: Lists any factors that make a storage area network (SAN) transfer unavailable. ライブラリに直接格納された場合、またはライブラリの更新中に仮想マシンがライブラリに追加された場合には、VMM は、SAN に格納されている仮想マシンを、SAN 転送を使用した展開に使用できるものとして認識しません。VMM does not recognize a virtual machine that is stored on a SAN as available for deployment by using SAN transfer if the virtual machine was stored directly in the library when it was created or was added to the library during a library refresh. この問題を回避するには、LAN 転送を使用してホストに仮想マシンを展開し、同じ VMM ライブラリ、ライブラリ共有、および論理ユニット番号 (LUN) で仮想マシンを保管します。To avoid this issue, deploy the virtual machine to a host by using a LAN transfer, and then store the virtual machine in the same VMM library, library share, and logical unit number (LUN).
    • [説明の展開と転送] タブには、高速ファイル コピーを使用できない場合、説明が表示されます。The Deployment and Transfer Explanation tab provides an explanation if fast file copy cannot be used. 高速ファイル コピーは、Windows オフロード データ転送 (ODX) に基づいています。Fast file copy is based on the Windows Offloaded Data Transfers (ODX). 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.
  2. [設定を構成する] で、VM の設定を確認します。In Configure Settings, review the VM settings. ホスト上の既定の VM パスをそのまま使用するか、別の場所を指定します。Either accept the default VM path on the host or specify a different location. 必要に応じて、 [このパスをホスト上の既定の仮想マシン パスの一覧に追加する] を選択できます。you can optionally select to Add this path to the list of default virtual machine paths on the host. [マシン リソース] で、VHD の既定値をそのまま使用するか、必要に応じて変更します。In Machine Resources accept the default values for the VHD, or modify as required. 配置で独自の値が選択されるのを回避するには、設定の横にあるピン アイコンをクリックします。To prevent placement from choosing its own values, click the pin icon next to the setting. セルフ サービス ユーザーはこのオプションを使用できません。This option isn't available for self-service users.

  3. [ネットワークの選択] が表示される場合は、必要に応じてネットワーク設定を選択し、 [次へ] をクリックします。In Select Networks, if it appears, optionally select the network settings, and click Next.

  4. [プロパティの追加] で、ホストの開始または停止時に実行するアクション、および VM にインストールするオペレーティング システムを構成します。In Add Properties, configure the action to take when the host starts or stops, and the operating system that you will install on the VM. [次へ] をクリックします。Then click Next.

  5. [サマリー] ページで、設定内容を確認し、 [作成] をクリックします。On the Summary page, confirm the settings, and then click Create.

ライブラリに VM を保管するStore the VM in the library

  1. [ライブラリ サーバーの選択] で、使用するライブラリ サーバーをクリックし、 [次へ] をクリックします。In Select Library Server, click the library server that you want to use, and then click Next.
  2. [パスの選択] で、仮想マシンを保管するライブラリ共有の場所を指定します。In Select Path, specify the library share location to store the virtual machine. [参照] をクリックしてライブラリ共有および省略可能なフォルダーの場所を選択し、 [OK] をクリックして、 [次へ] をクリックします。Click Browse to select a library share and an optional folder location, click OK, and then click Next.
  3. [概要] で、設定を確認して [作成] をクリックします。In Summary confirm the settings, and then click Create.
  4. 仮想マシンが作成されたことを確認するには、 [ライブラリ] ワークスペースの [ライブラリ] ウィンドウで、 [ライブラリ サーバー] を展開して、仮想マシンを保管したライブラリ サーバーを展開してから、 [保存済み仮想マシンとサービス] をクリックします。To confirm that the virtual machine was created, in the Library workspace, in the Library pane, expand Library Servers, expand the library server where you stored the virtual machine, and then click Stored Virtual Machines and Services. [物理ライブラリ オブジェクト] ペインに保管された仮想マシンが表示されます。The stored virtual machine appears in the Physical Library Objects pane.

次のステップNext steps