VMM ファブリックで VMware VMを Hyper-V に変換するConvert a VMware VM to Hyper-V in the VMM fabric

この記事では、System Center - Virtual Machine Manager (VMM) ファブリックで VMware VM を Hyper-V に変換する方法を説明します。This article describes how to convert VMware VMs in the System Center - Virtual Machine Manager (VMM) fabric, to Hyper-V.

現在は、VMware VM を Hyper-V に変換する方法には次の 2 つがあります。There are currently a couple of methods for converting VMWare VMs to Hyper-V:

  • バーチャル マシンの変換ウィザード: VMM コンソールで、このウィザードを使用できます。Convert Virtual Machine Wizard: In the VMM console you can use this wizard. この方法には、次のようないくつかの制限があります。This method has a number of limitations:
  • vSphere (ESXi) 4.1、5.0、5.1、5.5、6.0 をサポートSupport for vSphere (ESXi) 4.1, 5.0, 5.1, 5.5, 6.0
  • VMware ワークステーションを変換することはできません。You can't convert VMware workstations
  • バーチャル ハード ディスクが IDE バスに接続されている VM を変換することはできません。You can't convert VMs with virtual hard disks connected to an IDE bus
  • オンライン変換はサポートされていません。Online conversions aren't supported. VMware VM の電源をオフにする必要があります。You need to power off the VMware VMs.
  • ウイルス対策アプリがサポートされている必要があります。Anti-virus apps must be supported.
  • VMware ツールを VM のゲスト オペレーティング システムからアンインストールする必要があります。VMware tools must be uninstalled from the guest operating system of the VM.
  • Microsoft Virtual Machine Converter: このスタンドアロン ツールでは、Hyper-V ホストまたは Azure VM に VMware VM が変換されます。Microsoft Virtual Machine Converter: This standalone tool converts VMware VMs to Hyper-V hosts or Azure VMs. 物理マシンとディスクも Hyper-V ホストに変換されます。It also converts physical machines and disks to Hyper-V hosts. 重要: このツールは、提供終了処理を行っています。IMPORTANT: This tool is in the process of retirement. これは 2017 年 6 月 3 日以降使用できません。It won't be available after June 3, 2017. 詳細情報Learn more
  • 現在 Azure Site Recovery は、VMware を Hyper-V に直接変換する機能はありません。Azure Site Recovery currently doesn't have to ability for a direct VMware to Hyper-V conversion. このソリューションの詳細については、こちらを参照してください。Read more about up-voting this solution.

ウィザードを使用して変換するConvert using the wizard

  1. [VM とサービス] > [ホーム] > [作成] > [バーチャル マシンの作成] > [バーチャル マシンの変換] をクリックします。Click VMs and Services > Home > Create > Create Virtual Machines > Convert Virtual Machine.
  2. バーチャル マシンの変換ウィザード > [ソースの選択][参照] をクリックし、[バーチャル マシン ソースの選択] で変換する VMware VM を選択します。In Convert Virtual Machine Wizard > Select Source click Browse and inSSelect Virtual Machine Source select the VMware VMs you want to convert.
  3. [バーチャル マシン ID の指定] で、マシンの名前および必要に応じて説明を変更します。In Specify Virtual Machine Identity modify the machine name and description as required.
  4. [バーチャル マシンの構成] で、プロセッサ数およびメモリ数の設定を指定します。In Virtual Machine Configuration specify the number of processor and memory settings.
  5. [ホストの選択] で、配置する Hyper-V ホストを選択します。In Select Host select a Hyper-V host for placement. [パスの選択] で、ホスト上の VM ファイルの保存場所を構成します。In Select Path configure the storage location on the host for the VM files. VM の既定のパスの一覧が表示されます。The default VM paths are listed.
  6. [ネットワークの選択] で、必要に応じて、論理ネットワーク、仮想ネットワーク、および VLAN を選択します。In Select Networks select the logical network, virtual network, and the VLAN as applicable. 一覧は、ホストの物理アダプターに構成されている内容と一致します。The list matches whatever is configured on the physical adapters of the host.
  7. [プロパティの追加] で設定を構成します。In Add Properties configure settings. [概要] で、設定を確認し、必要に応じて [展開後にバーチャル マシンを起動] を選択します。In Summary review the settings and select Start the virtual machine after deploying it if required. 変換を開始するには、[作成] をクリックします。Then click Create to start the conversion. [VM とサービス] > [ホーム] > [表示] > [VM] で、VM が変換されたことを確認します。Verify the VM was converted in VMs and Services > Home > Show > VMs.

EFI ベース VM から Hyper-V の第 2 世代 VM への変換 (Technical Preview)Convert EFI based VM to Hyper-V generation 2 VM (Technical Preview)

System Center VMM 1711 (SCVMM 1711) バージョンでは、EFI ベースの VMware VM を Hyper-V に移行できます。The System Center VMM 1711 (SCVMM 1711) version enables migration of EFI based VMware VMs to Hyper-V. Microsoft Hyper-V プラットフォームに移行する VMware VM では、第 2 世代の機能を活用できるようになりました。VMware VMs that you migrate to Microsoft Hyper-V platform can now take the advantage of generation 2 features.

VMM 1711 リリースの一環として、仮想マシンの変換ウィザードでは、ファームウェア タイプ (BIOS または EFI) に基づくこの移行が可能であり、Hyper-V の VM の世代が適切に選択されて既定値に設定されます。As part of VMM 1711 release, the Convert Virtual Machine wizard enables this migration based on the firmware type (BIOS or EFI), selects and defaults the Hyper-V VM generation appropriately.

  • BIOS ベースの VM は Hyper-V の第 1 世代 VM に移行されます。BIOS-based VMs are migrated to Hyper-V VM Generation 1.
  • EFI ベースの VM は Hyper-V の第 2 世代 VM に移行されます。EFI-based VMs are migrated to Hyper-V VM Generation 2.

アップグレードを開始する前にBefore you start

次の前提条件を満たしていることを確認してください。Ensure the following prerequisites are met:

  1. VMware VM のファームウェアの種類が EFI であるVMware VMs with firmware type as EFI
  2. VMware ESXi ホストが System Center VMM に追加されているVMware ESXi Hosts added in System Center VMM

変換手順Conversion procedure

  1. 変換するには、前述の手順に従い、ステップ 4 で [第 2 世代] を選択します。To convert, follow the above procedure, select Generation 2 in step 4.

    第 2 世代への VM の変換

  2. VM が変換されたら、次のイメージに示されているように第 2 世代の VM が表示されます。Once the VM is converted, you can see the Generation 2 VM as shown in the following image:

    第 2 世代への VM の変換

注意

  • ディスク (“vmdk” から “VHDX/VHD” への) 変換が改善され、以前より最大 50% 速くなりました。Disk conversion (from “vmdk” to “VHDX/VHD”) is enhanced to be ~50% faster than earlier.
  • PowerShell コマンドによってユーザーはターゲット Hyper-V VM のディスクの種類を指定できます。これにより、要件に応じて VMware のシック プロビジョニング済みディスクを Hyper-V の動的ディスクとして移行したり、逆に Hyper-V の動的ディスクを VMware のシック プロビジョニング済みディスクとして移行したりできます。PowerShell commands allow the user to provide the disk type for the target Hyper-V VM, which will enable the VMware thick provisioned disk to be migrated as Hyper-V dynamic disk or vice versa, based upon the requirements.

PowerShell コマンドPowerShell commands

コマンドの例を次に示します。Here are the sample commands:


New-SCV2V -VMHost <Host> -VMXPath <string> [-EnableVMNetworkOptimization <bool>] [-EnableMACAddressSpoofing
<bool>] [-VMMServer <ServerConnection>] [-LibraryServer <LibraryServer>] [-JobGroup <guid>] [-Trigger] [-VhdType
{UnknownType | DynamicallyExpanding | FixedSize}] [-VhdFormat {VHD | VHDX}] [-Description <string>] [-Name
<string>] [-Owner <string>] [-UserRole <UserRole>] [-Path <string>] [-StartVM] [-CPUCount <byte>]
[-CPURelativeWeight <int>] [-CPUType <ProcessorType>] [-MemoryMB <int>] [-Generation <int>] [-DelayStartSeconds
<int>] [-StartAction {NeverAutoTurnOnVM | AlwaysAutoTurnOnVM | TurnOnVMIfRunningWhenVSStopped}] [-StopAction
{SaveVM | TurnOffVM | ShutdownGuestOS}] [-LogicalNetwork <LogicalNetwork>] [-VMNetwork <VMNetwork>]
[-NoConnection] [-MACAddress <string>] [-MACAddressType <string>] [-SourceNetworkConnectionID <string>]
[-VirtualNetwork <VirtualNetwork>] [-VirtualNetworkAdapter <VirtualNetworkAdapter>] [-VLanEnabled <bool>] [-VLanID
<uint16>] [-OverridePatchPath <string>] [-SkipInstallVirtualizationGuestServices] [-NetworkLocation <string>]
[-NetworkTag <string>] [-RunAsynchronously] [-PROTipID <guid>] [-JobVariable <string>]  [<CommonParameters>]

次のステップNext steps

VM 設定の管理Manage the VM settings