Microsoft Learn のツアー

この投稿は、docs.microsoft.com のプリンシパル グループ プログラム マネージャー、Dan Fernandez によって執筆されました。

概要

Microsoft Learn では、タスク ベースのインタラクティブな学習を利用して、製品やサービスを最も簡単に学習することができます。80 時間を超えるコンテンツが無料で提供されています。23 もの異なる言語にローカライズされており、Azure、Dynamics、Power Apps、Flow を含む学習対象は今後さらに増えていきます。 詳細については、Microsoft Learn の概要に関するブログ記事をご覧ください。

Learn の内容は次のとおりです。

  • 80 時間を超える無料の学習コンテンツ (23 言語対応)
  • Learn サンドボックスを使用して Azure リソースの作成と管理を行うための固定時間の無料アクセス権 (クレジット カード不要)
  • インタラクティブなコーディング環境とステップ バイ ステップ チュートリアルを使用した実践的な学習
  • 進行状況の追跡、知識のチェック、スクリプトの検証を行い、ポイント、実績、トロフィー、レベルを獲得する

コンテンツの検索とフィルター処理

利用可能なすべての学習コンテンツは、参照ページを通じて簡単に見つけられます。 ここではテキスト検索と、次のようなさまざまなタグによる検索結果のフィルター処理を実行できます。

  • 職務: 管理者、開発者、ソリューション アーキテクト、ビジネス アナリスト、ビジネス ユーザー
  • レベル: 初級または中級
  • 製品: Virtual Machines、Storage、Power Apps、Power BI など

参照ページでの開発者向けのクラウド コンテンツのフィルター処理

モジュールとラーニング パス

すべての学習コンテンツはモジュールによって構成されます。1 つのモジュールには特定のトピックを扱う 5 個から 7 個の手順 (ユニットとも呼ばれます) が含まれ、その所要時間は約 30 分から 60 分です。 後述するように、各モジュールには概要、一連の学習目標、各ユニットの所要時間、前提条件、与えられる経験値ポイント (XP) の量が記載されています。

Azure のモジュールの概要

ラーニング パスは、幅広いトピックの集合を網羅するモジュールが順番に並べられたリストです。その例として、Azure で最適なソリューションを設計するラーニング パスを次に示します。

"Azure で最適なソリューションを設計する" ラーニング パス

Learn サンドボックスを使った固定時間の無料 Azure リソース

新規のお客様がクラウド プラットフォームを学習する場合に、無料アカウントの確認のためにクレジット カード番号と携帯電話番号が必要になるとしたらフラストレーションが溜まるでしょう。 既存のお客様も、学習のために自社の運用環境の Azure サブスクリプションを使用したくはないでしょう。 学習プロセスでの障害を取り除くために Learn サンドボックスが作られました。これにより、クレジット カードなしでクラウド サブスクリプションに無料で固定時間アクセスできます。 "運用環境を破壊" する心配なく、リソースの学習、作成、管理を安全に実行できます。

Learn サンドボックスのアクティブ化

Azure Cloud Shell を使用した実践的な学習

お客様からの別の重要なフィードバックは、ビデオやテキストもよいけれどできれば実践しながら学習したい、というものです。 これを実現するために、シェルで直接 Azure CLI、Azure PowerShell、.NET、Java、Node.js、Go、Python のコードを実行できるようになり、また Git、Kubectl、Helm などの付属のコマンド ライン ユーティリティの多くを使用できるようになる Azure Cloud Shell を統合しました。 これらはすべて、インストールや構成なしでブラウザーから直接利用できます。

Cloud Shell の実行

インタラクティブなコード編集

Azure Cloud Shell にはブラウザー ベースのコード エディターも含まれています。これは「code .」と入力して開くことができます。 これには構文を強調表示する機能が備わっているため、使い慣れた環境でコードや構成ファイルをすばやく作成したり編集したりできます。

Cloud Shell エディターを開く

知識チェック

知識チェックは、学習と理解を強化するために設計された、複数の選択肢からなる一連の質問です。 知識チェックの主要な設計目標の 1 つは、"正解すること" ではなくコンテンツの学習に重点を置くことです。 間違って質問に回答してもペナルティはありません。また、間違った回答ではその不正解の理由に関するコンテキストと情報が表示されます。

複数選択肢の知識チェック

タスクの検証

学習タスクを正常に完了していることを検証するために、タスクの検証が追加されました。 例として、モジュール内でユーザーが作成した Azure 仮想マシンが正常にデプロイされたことを検証するために、Azure Resource Manager がどのように使用されるのかを次に示します。

VM の作成の検証

ポイント、実績、トロフィー、レベル

学習の成果を楽しく簡単に追跡し、Twitter、Facebook、LinkedIn で共有できるようにするために、いくつかのゲーミフィケーションも追加されています。 以下は、必要な操作の例です。

  • ポイント: モジュール内のユニットを完了すると獲得できます。
  • 実績: モジュール内のすべてのユニットを完了すると獲得できます (以下を参照)。
  • トロフィー: ラーニング パス内のすべてのモジュールを完了すると獲得できます。
  • レベル: 多くのポイントを獲得すると、レベルが上がっていきます。

達成のロック解除

技術プロファイル

初期登録の一環として、他のユーザーとポイント、実績、トロフィー、レベルを共有するためのユーザー プロファイルも設定します。

技術プロファイル

ご意見をお待ちしております

Microsoft Learn のエクスペリエンスをさらに改善するために、お客様のフィードバックが必要です - GitHubTwitter でお客様のご意見をお寄せください。