Azure で新しい Windows VM を作成するときのデプロイに関する問題のトラブルシューティング

新しい Azure 仮想マシン (VM) を作成しようとするときに発生する一般的なエラーは、プロビジョニング エラーまたは割り当てエラーです。

  • プロビジョニング エラーは、準備手順が正しくないか、ポータルからのイメージ キャプチャ中に間違った設定を選択したために、OS イメージの読み込みに失敗した場合に発生します。
  • 割り当てエラーは、クラスターまたはリージョンに使用可能なリソースがないか、要求された VM サイズをサポートできない場合に発生します。

この記事で Azure の問題に対処できない場合は、 MSDN と Stack Overflow の Azure フォーラムを参照してください。 問題をこれらのフォーラムまたは Twitter の @AzureSupport に投稿できます。 Azure サポート要求を送信することもできます。 サポート要求を送信するには、Azure のサポート ページで [サポートの利用] を選択します。

アクティビティ ログを収集する

トラブルシューティングを開始するには、アクティビティ ログを収集して問題に関連するエラーを特定します。 このプロセスの詳細については、次のリンクをご覧ください。

デプロイ操作の表示

アクティビティ ログを表示して Azure リソースを管理する

問題: カスタム イメージ; プロビジョニング エラー

一般化された VM イメージを特殊化された VM イメージとしてアップロードまたはキャプチャした場合、またはその逆の場合、プロビジョニング エラーが発生します。 前者はプロビジョニング タイムアウト エラーを引き起こし、後者はプロビジョニング エラーを引き起こします。 エラーなしでカスタム イメージをデプロイするには、キャプチャ プロセス中にイメージのタイプが変更されないようにする必要があります。

次の表に、一般化および特殊化されたイメージの可能な組み合わせ、発生するエラー タイプ、およびエラーを修正するために必要なことを示します。

次の表に、Windows の一般化 (gen.) および特殊化 (spec.) された OS イメージの可能なアップロードとキャプチャの組み合わせを示します。 エラーなしで処理される組み合わせは Y で示され、エラーをスローする組み合わせは N で示されます。発生するさまざまなエラーの原因と解決策を表の下に示します。

OS spec. のアップロード gen. のアップロード spec. のキャプチャ gen. のキャプチャ
Windows gen. N1 Y N3 Y
Windows spec. Y N2 Y N4

Y: OS が一般化された Windows であり、一般化された設定でアップロード/キャプチャされた場合、エラーは発生しません。 同様に、OS が特殊化された Windows であり、特殊化された設定でアップロード/キャプチャされた場合、エラーは発生しません。

アップロード エラー:

N 1: OS が一般化された Windows であり、特殊化された Windows としてアップロードされた場合、OOBE 画面の VM スタックでプロビジョニング タイムアウト エラーが発生します。

N 2: OS が特殊化された Windows であり、一般化された Windows としてアップロードされた場合、新しい VM は元のコンピューター名、ユーザー名、パスワードを使用して実行されるため、OOBE 画面の VM スタックでプロビジョニング失敗エラーが発生します。

Resolution

これらのエラーを解決するには、OS と同じ設定 (一般化/特殊化) を使用して、オンプレミスで使用可能な 元の VHD をアップロードするために Add-AzVhdを使用します。 一般化された OS としてアップロードするには、まず sysprep を必ず実行してください。

キャプチャ エラー:

N 3: OS が一般化された Windows であり、特殊化された Windows としてキャプチャされた場合、一般化としてマークされた元の VM を使用できないため、プロビジョニング タイムアウト エラーが発生します。

N 4: OS が特殊化された Windows であり、一般化された Windows としてキャプチャされた場合、新しい VM は元のコンピューター名、ユーザー名、パスワードを使用して実行されるため、プロビジョニング失敗エラーが発生します。 また、元の VM は特殊化としてマークされているので使用できません。

Resolution

これらのエラーの両方を解決するには、ポータルから現在のイメージを削除し、OS と同じ設定 (一般化/特殊化) で現在の VHD からイメージをキャプチャし直します

問題: カスタム/ギャラリー/Marketplace イメージ; 割り当てエラー

このエラーは、新しい VM 要求が、要求されている VM サイズをサポートできないか、要求に対応するための使用可能な空き領域がないクラスターに固定されている場合に発生します。

原因 1: クラスターが要求された VM サイズをサポートできません。

解決方法 1:

  • VM サイズを小さくして要求を再試行します。
  • 要求した VM のサイズを変更できない場合は、次の手順を実行します。
    • 可用性セットのすべての VM を停止します。 [リソース グループ] > 対象のリソース グループ > [リソース] > 対象の可用性セット > [Virtual Machines] > 対象の仮想マシン > [停止] の順にクリックします。
    • すべての VM が停止したら、目的のサイズで新しい VM を作成します。
    • 新しい VM を起動してから、停止している各 VM を選択し、 [起動] をクリックします。

原因 2: クラスターに空きリソースがありません。

解決方法 2:

  • 後で要求を再試行します。
  • 新しい VM を別の可用性セットに含めることができる場合
    • 新しい VM を (同じリージョンの) 別の可用性セットに作成します。
    • 新しい VM を同じ仮想ネットワークに追加します。

代表的な問題

次の主な問題は、問題の解決に役立つ場合があります。 トラブルシューティングを開始するには、次の手順を確認してください。

クラスターが要求された VM サイズをサポートできない

  • VM サイズを小さくして要求を再試行します。
  • 要求した VM のサイズを変更できない場合は、次の手順を実行します。
    • 可用性セットのすべての VM を停止します。 [リソース グループ] > 対象とするリソース グループ > [リソース] > 対象とする可用性セット > [仮想マシン] > 対象とする仮想マシン > [停止] の順にクリックします。
    • すべての VM が停止したら、目的のサイズで VM を作成します。
    • 新しい VM を起動してから、停止している各 VM を選択し、[起動] をクリックします。

クラスターに空きリソースがない

  • 後で要求を再試行してください。
  • 新しい VM を別の可用性セットに含めることができる場合
    • VM を (同じリージョンの) 別の可用性セットに作成します。
    • 新しい VM を同じ仮想ネットワークに追加します。

FAQ

Windows クライアント イメージを使用し、Azure にデプロイするには、どうすればよいですか?

適切な Visual Studio (以前は MSDN) サブスクリプションがある場合は、Azure で開発/テストのシナリオに Windows 7、Windows 8、または Windows 10 を使用できます。 Azure で Windows クライアントを実行するための資格要件については、この記事で説明しています。この記事では、Azure ギャラリーのイメージを使用します。

Hybrid Use Benefit (HUB) を使用して仮想マシンをデプロイするには、どうすればよいですか?

Windows 仮想マシンを Azure Hybrid Use Benefit でデプロイする方法はいくつかあります。

Enterprise Agreement サブスクリプションの場合:

  • Azure ハイブリッド使用特典で事前構成されている特定の Marketplace イメージから VM をデプロイします。

Enterprise Agreement の場合:

  • カスタム VM をアップロードし、Resource Manager テンプレートまたは Azure PowerShell を使用してデプロイします。

詳細については、次のリソースを参照してください。

Visual Studio Enterprise (BizSpark) 向けの月単位のクレジットを有効にするには、どうすればよいですか?

月単位のクレジットを有効にするには、この記事を参照してください。

Window クライアント イメージにアクセスするために自分の Enterprise Agreement (EA) に Enterprise Dev/Test を追加するには、どうすればよいですか?

Enterprise Dev/Test オファーに基づいてサブスクリプションを作成できるユーザーは、エンタープライズ管理者によってそのアクセス許可を付与されたアカウント所有者に限定されます。 アカウント所有者は Azure アカウント ポータルを介してサブスクリプションを作成した後、アクティブな Visual Studio サブスクライバーを共同管理者として追加する必要があります。 そうすることで、開発とテストに必要なリソースを、その Visual Studio サブスクライバーが管理および使用できるようになります。 詳細については、「エンタープライズ開発/テスト」を参照してください。

Windows N シリーズ VM のドライバーが見つかりません

Windows ベースの VM 用のドライバーのインストール手順については、こちらを参照してください。

N シリーズ VM 内で GPU インスタンスが見つかりません

Azure N シリーズ VM の GPU 機能を利用するには、デプロイ後に各 VM にグラフィック ドライバーをインストールする必要があります。 ドライバーの設定情報についてはこちらを参照してください。

自分のリージョンで N シリーズ VM を使用できますか?

リージョンごとの使用可能な製品の表で、使用できるかどうかを確認できます。価格については、こちらを参照してください。

Azure で使用およびデプロイできるのは、どのクライアント イメージですか? また、それを入手するには、どうすればよいですか?

適切な Visual Studio (以前は MSDN) サブスクリプションがある場合は、Azure で Windows 7、Windows 8、または Windows 10 を開発/テストのシナリオに使用できます。

  • 対象となる開発/テスト プラン内で、Azure ギャラリーから Windows 10 イメージを使用できます。
  • また、任意の種類のプラン内にあるVisual Studio サブスクライバーは、64 ビットの Windows 7、Windows 8、または Windows 10 イメージを適切に準備および作成し、Azure にアップロードすることもできます。 その使用は、アクティブな Visual Studio サブスクライバーによって開発/テストに引き続き限定されます。

この記事では、Azure で Windows クライアントを実行するための資格要件と、Azure ギャラリーのイメージの使用について説明します。

VM のサイズを変更するときに、必要な VM サイズ ファミリが表示されません

VM は、実行されている場合、物理サーバーにデプロイされています。 Azure リージョンの物理サーバーは、一般的な物理ハードウェアのクラスターにグループ化されます。 別のハードウェア クラスターに VM を移動することが必要になる VM のサイズ変更は、VM のデプロイに使用したデプロイメント モデルに応じて異なります。

  • クラシック デプロイ モデルでデプロイされた VM の場合、VM を他のサイズ ファミリのサイズに変更するには、クラウド サービス デプロイを削除し、再デプロイする必要があります。

重要

クラシック VM は 2023 年 3 月 1 日に廃止されます。

ASM の IaaS リソースを使用する場合は、2023 年 3 月 1 日までに移行を完了してください。 Azure Resource Manager の多くの機能拡張を利用するには、切り替えを早めに行うことをお勧めします。

詳細については、「2023 年 3 月 1 日までに IaaS リソースを Azure Resource Manager に移行する」を参照してください。

  • Resource Manager デプロイ モデルでデプロイされた VM の場合は、可用性セット内の VM のサイズを変更する前に、可用性セット内のすべての VM を停止する必要があります。

一覧の VM サイズが、可用性セットでのデプロイ中はサポートされていません

可用性セットのクラスターでサポートされているサイズを選択してください。 可用性セットを作成するときには、必要だと考えられる最大の VM サイズを選択し、それを可用性セットへの最初のデプロイにすることをお勧めします。

可用性セットに既存のクラシック VM を追加できますか?

はい。 既存のクラシック VM を、新規または既存の可用性セットに追加することができます。 詳細については、「既存の仮想マシンを可用性セットに追加する」を参照してください。

その他の情報

Azure での停止していた Windows VM の再起動または既存の Windows VM のサイズ変更に問題が発生する場合は、 Azure での既存の Windows 仮想マシンの再起動またはサイズ変更に関する Resource Manager デプロイメントの問題のトラブルシューティングを参照してください。

次の手順

お問い合わせはこちらから

質問がある場合やヘルプが必要な場合は、サポート要求を作成するか、Azure コミュニティ サポートにお問い合わせください。