WSUS クライアント エージェントに関する問題のトラブルシューティング

この記事では、WSUS (WSUS) クライアント エージェントに関するWindows Server Update Servicesを診断して解決するのに役立ちます。

元の製品バージョン:  Windows Server Update Services
元の KB 番号:   10132

WSUS クライアント エージェントに問題が発生すると、さまざまな方法で問題が発生します。 一般的な問題の一部を次に示します。

  • グループ ポリシーのクライアント設定に問題がある可能性があります。
  • BITS の問題である可能性があります。
  • WSUS エージェント サービスに問題がある可能性があります。
  • これは、クライアントがサーバーに到達する妨げるネットワークの問題に関連している可能性があります。
  • 自動更新エージェント ストアに問題がある可能性があります。
  • ディスクの複製によってクライアントに WSUS クライアント ID が重複している場合があります。

クライアントが正しく構成されていることを確認する

WSUS クライアント エージェントに関する問題のトラブルシューティングを行う場合は、まずクライアントが適切に構成されていることを確認します。 クライアントが適切な Active Directory グループ ポリシーを受信し、WSUS サーバーの詳細が存在する必要があります。 これを行うには、次のコマンドを実行します。

GPRESULT /V > GPRESULT.TXT

[WSUS ポリシー] でテキスト メモ帳を開き、WSUS ポリシーの名前を見つける。 たとえば、WSUS ポリシーの名前が WSUS の場合は、[適用されたグループ ポリシー オブジェクト] 見出しの [コンピューター 設定] セクションの GPRESULT.TXT ファイルに 表示されます。 次に例を示します。

Applied Group Policy Objects  
-----------------------------  
Default Domain Policy  
WSUS  
Local Group Policy

WSUS 設定が存在しない場合、考えられる原因は次のとおりです。

  • システムには、ドメインからのグループ ポリシーが含めらな
  • グループ ポリシーはクライアント システムを対象とします。

この問題を解決するには、各クライアントでグループ ポリシーが正常に更新され、WSUS 設定が正しく構成されていることを確認します。

クライアントのグループ ポリシーを更新するには、コマンド プロンプト GPUpdate /force から実行します。

WSUS クライアントのグループ ポリシーの構成の詳細については、「グループ ポリシーを使用して 自動更新を構成する」を参照してください

BITS に関連する問題を確認する

バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) は、Microsoft Update からメイン WSUS サーバー、および WSUS サーバーからクライアントに更新プログラムをダウンロードするために WSUS で使用されるサービスです。 一部のダウンロードの問題は、サーバーまたはクライアント コンピューター上の BITS に関する問題によって発生する可能性があります。 ダウンロードの問題をトラブルシューティングする場合は、影響を受けるすべてのコンピューターで BITS が正しく実行されていることを確認する必要があります。

BITS サービスは、既定で LocalSystem アカウントで 実行する必要があります。 正しいアカウントで実行するサービスを構成するには、次の手順を実行します。

  1. コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。

    sc config bits obj= LocalSystem
    

    obj= と LocalSystem の間にスペースが 必要です。 成功した場合は、次の出力を受け取る必要があります。

    [SC] ChangeServiceConfig SUCCESS
    
  2. BITS を停止して再起動します。

BITS サービスの状態を表示するには、コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。

sc query bits

BITS が実行されている場合は、次の出力が表示されます。

SERVICE_NAME: bits  
TYPE: 20 WIN32_SHARE_PROCESS  
STATE: 4 RUNNING

BITS が実行されていない場合は、次の出力が表示されます。

SERVICE_NAME: bits  
TYPE: 20 WIN32_SHARE_PROCESS  
STATE: 1 STOPPED

通常、サービスを停止して再起動することで BITS の問題を解決できます。 BITS サービスを停止して再起動するには、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

sc stop bits
sc start bits

注意

BITS を停止して再起動するには、ローカル管理者としてログオンする必要があります。

BITS の起動に失敗する

BITS サービスの開始に失敗した場合は、イベント ログで BITS 関連のエラーを確認します。 次の表を使用して、これらのエラーの原因を診断できます。

エラー名 エラー コード 説明
ERROR_SERVICE_DOES_NOT_EXIST 0x80070424 以下の BITS 構成の 修復に関するセクションを参照 してください。
ERROR_SERVICE_NOT_IN_EXE 0x8007043B BITS が netsvcs svchost グループのサービスの 1 つとしてリストされていない
ERROR_SERVICE_DISABLED 0x80070422 BITS が無効になっています。 BITS サービスを有効にする。
ERROR_SERVICE_DEPENDENCY_DELETED ERROR_SERVICE_DEPENDENCY_FAIL 0x80070433、0x8007042c BITS サービス依存関係リストに表示されるサービスを開始できません。 BITS サービスの依存関係リストが正しいか確認します。
Windows Vista: RpcSs、EventSystem (ピア キャッシュが有効なhttp.sys LanManWorkstation および LanManWorkstation も含む)
Windows Server 2003: Rpcss,EventSystem
Windows XP: Rpcss
Windows 2000: Rpcs、SENS、Wmi
ERROR_PATH_NOT_FOUND 0x80070003 Pre-Windows Vista: %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network が存在しない
ERROR_FILE_NOT_FOUND 0x80070002 Parameters キー がありません。 次のキーと値が存在する必要があります。
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\BITS\Parameters\ServiceDll= %SystemRoot%\System32\qmgr.dll

REGDB_E_CLASSNOTREG、EVENT_E_INTERNALERROR 0x80040154、0x80040206 2000 Windowsの BITS は、SENS および EventSystem サービスに依存します。 COM+ カタログが破損している場合、BITS は、このエラー コードで失敗する可能性があります。

BITS ジョブが失敗している

クライアントが更新プログラムを受信するように適切に構成されている場合、BITS が正しく構成され、BITS が正常に開始および実行されるように見える場合は、BITS ジョブ自体が失敗する問題が発生している可能性があります。 それを確認するには、イベント ログで BITS 関連のエラーを確認します。 次の表を使用して、これらのエラーの原因を診断できます。

エラー名 エラー コード 説明
E_INVALIDARG 0x80070057 ユーザーのプロキシ設定で正しくないプロキシ サーバー名Internet Explorer指定されました。 このエラーは、NTLM/Negotiate ではなく、ユーザー名またはパスワードが null の認証スキームに対して資格情報が提供されている場合にも表示されます。 ユーザーのプロキシ設定Internet Explorer有効なプロキシ サーバーに変更します。 または、NTLM/Negotiate 以外のスキームの NULL ユーザー名/パスワードにしない資格情報を変更します。
ERROR_WINHTTP_NAME_NOT_RESOLVED 0x80072ee7 BITS でサーバー/プロキシを解決できません。 Internet Explorerのコンテキストで同じコンピューター上にインストールすると、同じ問題が発生します。 ジョブ所有者のコンテキストを使用して、Web ブラウザー経由で同じファイルをダウンロードしてみてください。
ERROR_HTTP_INVALID_SERVER_RESPONSE 0x80072f78 一時的なエラーであり、ジョブはダウンロードを続行します。
BG_E_INSUFFICIENT_RANGE_SUPPORT 0x80200013 BITS は HTTP 要求の範囲ヘッダーを使用して、ファイルの一部を要求します。 サーバーまたはプロキシ サーバーが範囲要求を理解し、要求された範囲ではなく完全なファイルを返す場合、BITS はジョブをエラー状態にし、このエラーが発生します。 エラー中にネットワーク トラフィックをキャプチャし、Range ヘッダーを含む HTTP GET 要求が有効な応答を取得している場合に確認します。 プロキシ サーバーが Range 要求をサポートするように正しく構成されていることを確認します。
BG_E_MISSING_FILE_SIZE 0x80200011 BITS が HEAD 要求を送信し、サーバー/プロキシが応答で Content-Length ヘッダーを返さなかった場合、BITS はジョブをエラー状態にし、このエラーを発生します。 プロキシ サーバーと WSUS サーバーを確認して、正しく構成されていることを確認します。 Apache 2.0 プロキシ サーバーの一部のバージョンでは、この動作が示されています。
BG_E_HTTP_ERROR_403 0x80190193 サーバーが要求の HTTP 403 応答を返す場合、BITS はジョブをこのエラー コードで ERROR 状態にします。 HTTP 403 は禁止: アクセスが拒否されました。 ジョブを実行しているアカウントのアクセス許可を確認します。
ERROR_NOT_LOGGED_ON 0x800704dd SENS サービスがユーザー ログオン通知を受け取らない。 BITS (バージョン 2.0 以降) は、サービス コントロール マネージャーからのログオン通知に依存し、その場合は SENS サービスに依存します。 SENS サービスが正常に開始され、実行されていることを確認します。

破損した BITS 構成を修復する

破損した BITS サービス構成を修復するには、BITS サービス構成を手動で入力できます。

注意

このアクションは、他のすべてのトラブルシューティング試行が失敗した状況でのみ実行する必要があります。 BITS 構成を変更するには、管理者である必要があります。

破損した BITS 構成を修復するには、次の手順を実行します。

  1. コマンド プロンプトを開きます。

  2. 次のコマンドを入力し、各コマンドを入力した後に Enter キーを押します。

    sc config bits binpath= "%systemroot%\system32\svchost.exe –k netsvcs"
    sc config bits depend= RpcSs EventSystem
    sc config bits start= delayed-auto
    sc config bits type= interact
    sc config bits error= normal
    sc config bits obj= LocalSystem
    sc privs bits privileges= SeCreateGlobalPrivilege/SeImpersonatePrivilege/SeTcbPrivilege/SeAssignPrimaryTokenPrivilege/SeIncreateQuotaPrivilege
    sc sidtype bits type= unrestricted
    sc failure bits reset= 86400 actions=restart/60000/restart/120000
    
  3. BITS を停止して再起動します。

WSUS エージェント サービスの問題

更新サービスが正常Windows開始できます。

更新サービスの現在の状態を表示Windowsコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。

sc query wuauserv

WUAUSERV が実行されている場合は、次の出力が表示されます。

SERVICE_NAME: wuauserv  
TYPE: 20 WIN32_SHARE_PROCESS  
STATE: 4 RUNNING

WUAUSERV が実行されていない場合は、次の出力が表示されます。

SERVICE_NAME: wuauserv  
TYPE: 20 WIN32_SHARE_PROCESS  
STATE: 1 STOPPED

WUAUSERV サービスを正常に開始できると確認します。 WUAUSERV を停止して再起動するには、ローカル管理者としてログオンする必要があります。

WUAUSERV サービスを開始するには、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

sc start wuauserv

クライアント エージェントが正常に開始および実行できない場合は、更新エージェントのWindowsを確認します。 エージェントが最新ではない場合は、更新エージェントWindows最新バージョンに更新します

また、Update コンポーネントWindowsリセットできます

修正プログラムを実行またはエージェントを更新した後、実行します wuauclt /detectnow。 windowsupdate.log を確認して、問題が発生しなかからなか確認してください。

WSUS サーバーがクライアントから到達可能か確認する

URL にアクセスし、エラーなしで http://<WSUSSERVER:port>/iuident.cab ファイルをダウンロードできます。

WSUS サーバーがクライアントから到達できない場合、最も可能性の高い原因は次のとおりです。

  • クライアントに名前解決の問題があります。
  • プロキシ構成の問題など、ネットワーク関連の問題があります。

標準のトラブルシューティング手順を使用して、名前解決がネットワークで動作しているのを確認します。 名前解決が機能している場合は、プロキシの問題を確認します。 windowsupdate.log (C:\windows) ) を確認して、プロキシ関連のエラーが発生した場合に確認します。 このコマンドを実行して proxycfg 、WinHTTP プロキシ設定を確認できます。

プロキシ エラーがある場合は、Internet Explorer > ToolsConnectionsLAN > > 設定 に移動し、正しいプロキシを構成してから、指定した WSUS URL にアクセスできます。

完了したら、コマンドを使用して、これらのユーザー プロキシ設定を WinHTTP プロキシ設定にコピー proxycfg -u できます。 プロキシ設定を指定したら、コマンド wuauclt /detectnow プロンプトから実行し、windowsupdate.log でエラーを確認します。

自動更新エージェント ストアの再構築

更新プログラムのダウンロードに問題が発生し、ソフトウェア配布ストアに関連するエラーが発生した場合は、クライアントで次の手順を実行します。

  • コマンド プロンプトから実行して、自動更新サービス sc stop wuauserv を停止します。
  • ソフトウェア配布フォルダーの名前を変更します (たとえば、C:\Windows\SoftwareDistribution)。
  • コマンド プロンプトから実行して自動更新サービス sc start wuauserv を再起動します。
  • コマンド プロンプトから、 を実行します wuauclt /resetauthorization /detectnow
  • コマンド プロンプトから、 を実行します wuauclt /reportnow

同じ SUSclient ID を持つクライアントを確認する

コンソールに 1 つの WSUS クライアントだけが表示される問題が発生する可能性があります。 または、クライアントのグループから、一度に 1 つのみコンソールに表示されますが、表示される正確なクライアントは時間の間に変化する可能性があります。 この問題は、システムがイメージ化され、クライアントが同じで終わる場合に発生する可能性があります SUSclientID

同じ理由で正常に SUSclientID動作していないクライアントの場合は、次の手順を実行します。

  • コマンド プロンプトから実行して、自動更新サービス sc stop wuauserv を停止します。

  • 次の SUSclientID 場所からレジストリ キーを削除します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate

  • コマンド プロンプトから実行して自動更新サービス sc start wuauserv を再起動します。

  • コマンド プロンプトから、 を実行します wuauclt /resetauthorization /detectnow

  • コマンド プロンプトから、 を実行します wuauclt /reportnow