[ネットワークと共有センター] でネットワーク検出を有効にできない

この記事では、[ネットワークと共有センター] でネットワーク探索を有効にできない問題の解決策について説明します。

適用対象:   Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   2722035

現象

Windows Server 2012 を実行しているコンピューターでネットワーク探索を有効にしようとするとします。 これを行うには、[ネットワークと共有センター] の共有の詳細設定を変更します。 ただし、変更は保存されません。 そのため、ネットワーク探索を有効にできません。 次の問題が発生します。

  • ネットワーク共有を参照または検索できない。
  • ローカル ネットワーク上の共有フォルダーを表示できない。

原因

この問題は、次のいずれかの理由で発生します。

  • ネットワーク探索の依存関係サービスが実行されていない。
  • Windows ファイアウォールまたはその他のファイアウォールでは、ネットワーク探索が許可されない。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 次の依存関係サービスが開始されていることを確認します。

    • DNS クライアント
    • 機能探索リソース公開サービス
    • SSDP 探索
    • UPnP デバイス ホスト
  2. 次の手順に従って、ネットワーク探索を許可するように Windows ファイアウォールを構成します。

    1. [コントロール パネル] を開き、[システムとセキュリティ]、[Windows ファイアウォール] の順に選択します。
    2. 左側のウィンドウで、[Windows ファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可] を選択します。
    3. [設定の変更] を選択します。 管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
    4. [ネットワーク探索]、[OK] の順に選択します。
  3. ネットワーク探索を許可するように、ネットワーク内の他のファイアウォールを構成します。

  4. [ネットワークと共有センター] で [ネットワーク探索] を有効にします。