5000 を超える TCP ポートから接続しようとするときに、エラー 'WSAENOBUFS (10055)" が表示されます。

この記事では、5000 を超える TCP ポートから接続しようとするときにエラー 'WSAENOBUFS (10055)' を修正するのに役立ちます。

適用対象:  Windows Server 2012R2、Windows 10 - すべてのエディション
元の KB 番号:   196271

現象

5000 を超えるポートからの TCP 接続をセットアップすると、ローカル コンピューターは次の WSAENOBUFS (10055) エラー メッセージで応答します。

システムに十分なバッファー領域が不足したり、キューが満たされたため、ソケットの操作を実行できませんでした。

解決方法

重要

このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

[適用対象] セクションに含まれる製品の既定の最大 TCP ポート数は 5000 です。 これらの製品に新しいパラメーターが追加されました。 一時的なポートの最大数を増やすには、次の手順を実行します。

  1. レジストリ エディターを起動します。

  2. レジストリで次のサブキーを見つけて、[**Parameters] をクリックします。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters

  3. [編集] メニューの [ 新規] をクリックし、次のレジストリ エントリを追加します。
    値の名前: MaxUserPort
    値の種類: DWORD 値データ: 65534 有効な範囲: 5000 ~65534 (10 進数) 既定値: 0x1388 (10 進数 5000) 説明: このパラメーターは、プログラムがシステムから使用可能なユーザー ポートを要求するときに使用される最大ポート番号を制御します。 通常、一時的な (短命) ポートは、1024 ~ 5000 の値の間で割り当てされます。 セキュリティ情報 MS08-037 のリリース後、Windows Server 2003 の動作は Windows Server 2008 および Windows Vista の動作とより密接に一致するに変更されました。 Microsoft セキュリティ情報 MS08-037 の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。

    951746 MS08-037: Windows Server 2008、Windows Server 2003、および Windows 2000 Server (DNS サーバー側): 2008 年 7 月 8 日

    951748 MS08-037: Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 Server (クライアント側): 2008 年 7 月 8 日の DNS のセキュリティ更新プログラムの説明

    953230 MS08-037: DNS の脆弱性によりスプーフィングが可能

  4. レジストリ エディターを終了し、コンピューターを再起動します。

    注意

    追加の TCPTimedWaitDelay レジストリ パラメーターは、閉じたポートを再利用できるまで閉じたポートが待機する時間を決定します。

詳細

関連トピックの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

https://technet.microsoft.com/library/bb726981.aspx
関連トピックの詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。

314053 XP 用の TCP/IP および NBT Windowsパラメーター

x64 ベースのバージョンの Microsoft Windows

ハードウェアに Microsoft Windows x64 エディションが既にインストールされている場合は、ハードウェア製造元が x64 エディションのテクニカル サポートとWindows提供します。 この場合、x64 エディションがハードウェアにWindowsされたため、ハードウェア製造元がサポートを提供します。 ハードウェアの製造元は、固有のコンポーネントを使用Windows x64 エディションのインストールをカスタマイズしている可能性があります。 固有のコンポーネントには、特定のデバイス ドライバーが含まれる場合や、ハードウェアのパフォーマンスを最大化するためのオプションの設定が含まれる場合があります。 Microsoft は、x64 エディションに関する技術的なサポートが必要な場合Windows提供します。 ただし、製造元に直接連絡する必要がある場合があります。 製造元は、製造元がハードウェアにインストールしたソフトウェアをサポートするために最適な資格があります。 Windows Windows Server 2003 x64 エディションなどの Windows x64 エディションを個別に購入した場合は、Microsoft にテクニカル サポートにお問い合わせください。