ESENT イベント ID 327 および326がアプリケーションログに記入する

この記事では、ESENT イベント ID 327 および326がアプリケーションログファイルに格納される問題の解決策を示します。

元の製品バージョン:   Windows Server 2019、Windows Server 2016
元の KB 番号:   2900773

現象

Windows Server 2012 以降のバージョンを使用している場合、以下に示すイベントは、システム Id .mdb に関して高頻度 (約5回/秒) でアプリケーションイベントログに記録されます。

ソース: ESENT
イベント ID: 327
タスクカテゴリ: 全般
レベル: 情報
キーワード: クラシック
説明:
svchost (2576) データベースエンジンにデータベースがアタッチされています (2、C:\Windows\system32\LogFiles\Sum\SystemIdentity.mdb)。 (時間 = 0 秒)

内部のタイミングシーケンス: [1] 0.000、[2] 0.000、[3] 0.000、[4] 0.000、[5] 0.000、[6] 0.032、[7] 0.000、[9] 0.000、[11] 0.000、[10] 0.000、[11] 0.000、[12] 0.015。 回復キャッシュ: 0
ソース: ESENT
イベント ID: 326
タスクカテゴリ: 全般
レベル: 情報
キーワード: クラシック
説明:
svchost (2576) データベースエンジンにデータベースがアタッチされています (2、C:\Windows\system32\LogFiles\Sum\SystemIdentity.mdb)。 (時間 = 0 秒)

内部のタイミングシーケンス: [1] 0.000、[2] 0.000、[3] 0.281、[4] 0.000、[5] 0.000、[6] 0.000、[7] 0.000、[9] 0.000、[11] 0.000、[10] 0.000、[11] 0.000、[12] 0.000。
ストレージキャッシュ: 1

その結果、アプリケーションイベントログが設定され、他のイベントが確認しにくくなることがあります。

原因

この問題は、システム Id .mdb データベースファイル内のデータに問題がある場合に発生します。

解決方法

このイベントの発生を停止するには、 ユーザーアクセスログ サービスを停止します。

サービスを停止したら、次のいずれかの手順を実行します。

  • データベースファイルの削除と再生成

    サービスを停止した後、フォルダー内のすべてのファイルを削除し %SystemRoot%\system32\LogFiles\Sum\ ます。 その後、 ユーザーアクセスログ サービスを起動します。 データベースが新しく生成されます。

  • ユーザーアクセスログサービスを停止する

    ユーザーアクセスログサービスを使用していない場合は、無効にします。 サービスを停止した後、メンテナンスツールのサービス項目で、ユーザーアクセスログスタートアップの種類を無効にします。

関連情報