hyper-V 環境内での V スイッチの作成に失敗する

この記事では、hyper-V 環境内での V スイッチの作成に失敗する問題の回避策を示します。

元の製品バージョン:   Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   2486812

現象

仮想ネットワーク マネージャーから仮想スイッチを作成しようとするときに、新しい仮想ネットワークの変更の適用中にエラー メッセージが表示されます。 "セットアップ スイッチが失敗しました。" というエラー メッセージが表示されます。 既に別 <name of network adapter> の仮想ネットワークにバインドされています。

スクリプトを使用して仮想スイッチを作成すると、次のようなエラーが表示される場合があります。

作成Net2New-VirtualNetwork : VMM はサーバー上で Hyper-V 操作を完了できません。(エラー ID: 12700、詳細エラー: 不明なエラー (0x8005))

または

Remove-VirtualNetwork : ハードウェア管理エラーがサーバーに接続しようとして発生しました k9-campos7000-5.ad.iss-eps.net 。(エラー ID: 2927、詳細エラー: 不明なエラー (0x80338029))

スクリプトによっては多くのエラー コードが考えられる場合がありますが、一般に、エラーがスイッチを直接ポイントしない場合があります。

原因

ネットワーク アダプターには、Hyper-V 仮想スイッチによって使用されるプロトコルがまだバインドされています。 これは、次のバインドvms_pp呼び出されます。 (Microsoft Virtual Network Switch Protocol)

注意

この問題は、現在、特定のネットワーク アダプターまたはハードウェア プラットフォームに固有の問題ではありません。

回避策

この問題を回避するために、Microsoft は 2 つのツールを提供しています。

NVSPbind は、コマンド ラインからネットワーク バインドを変更するツールです。 これは、Hyper-V の役割が有効になっている Server Core 環境で特に役立ちます。 このツールは、問題を回避するために最も重要で推奨される方法です。 このツールは、 ここからダウンロードできます

NVSPbind を使用して問題を解決する手順:

  1. コマンド プロンプト > nvspbind

    これにより、すべてのネットワーク アダプターの一覧と、各アダプターのバインドが生成されます。 エラーが発生したアダプターを見つけて、バインドが有効vms_pp確認します。 次のサンプル出力では、エラーが発生したアダプターの表示名は "Friendly NIC Name" です。

    {6B360F51-C6C4-4EA0-AFEF-E4D1056B498E}
    "pci \ ven_14e4&dev_1600&subsys_3015103c"
    "Friendly NIC Name"
    "ローカル エリア接続":
    disabled: ms_netbios (NetBIOS Interface)
    disabled: ms_server (Microsoft ネットワークのファイルとプリンターの共有)
    disabled: ms_pacer (QoS パケット スケジューラ)
    disabled: ms_ndiscap (NDIS Capture LightWeight Filter)
    disabled: ms_wfplwf (WFP ライトウェイト フィルター)
    disabled: ms_msclient (Microsoft ネットワーク用クライアント)
    disabled: ms_tcpip6 (Internet Protocol Version 6 (TCP/IPv6))
    disabled: ms_netbt (WINS クライアント(TCP/IP) プロトコル)
    disabled: ms_smb (Microsoft NetbiosSmb)
    disabled: ms_tcpip (Internet Protocol Version 4 (TCP/IPv4))
    disabled: ms_lltdio (Link-Layer Topology Discovery Mapper I/O ドライバー)
    disabled: ms_rspndr (Link-Layer Topology Discovery Responder)
    disabled: ms_pppoe (Point to Point Protocol Over Ethernet)
    disabled: ms_ndisuio (NDIS ユーザー モード I/O プロトコル)
    有効: vms_pp (Microsoft Virtual Network Switch Protocol)

  2. クライアント バインドをvms_ppするには、次のvms_ppします。

    コマンド プロンプト > nvspbind /u "Friendly NIC Name"

次のNVSPscrub.js使用して問題を解決します。

NVSPscrub.js (ここからも利用可能) は、親パーティションからすべての Hyper-V 仮想ネットワーク構成を削除するためのツールです。 このツールは、バインドではなく、より重要であり、構成を完全に削除します。 NVSPbind が問題の解決に失敗した場合にのみ使用してください。