Windows Server 2019 (ビルド 17763)ベースの Hyper-V サーバーで "仮想スイッチのプロパティの変更を適用中にエラーが発生しました" というエラーが表示される

この記事では、Microsoft Windows Server 2019 (ビルド 17763) で Hyper-V 仮想スイッチを作成するときに発生するエラー "仮想スイッチプロパティの変更を適用するエラー" を解決するためのヘルプを提供します。

元の製品バージョン:   Windows Server 2019
元の KB 番号:   4492254

現象

Windows Server 2019 (ビルド 17763) で Hyper-V 仮想スイッチを作成すると、次のエラー メッセージが表示されます。

エラー メッセージのスクリーンショット

仮想マシン管理サービスは、アドレス <IP address> : %%2147952449 (0x80072741) の仮想マシン移行接続のリッスン ソケットのセットアップに失敗しました。
OS 名 Microsoft Windows Server 2019 Standard
バージョン 10.0.17763 ビルド 17763

さらに、次のイベント ログが受信されます。

[7]0E08.0F10::02/21/19-20:42:08.9726563 [Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS-Admin] 仮想マシン管理サービスは、仮想マシンの移行接続のリッスン ソケットをセットアップ <IP address> できなかった :%%2147952449 (0x80072741)

[6]0E08.1C10:::02/21/19-20:42:20.1233454 [Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS-Networking] イーサネット スイッチ ポートの接続に失敗しました (スイッチ名 = <SwitchName> ', port name = ' <PortName> ', adapter GUID = '{ <AdapterGUID> }'): %%2147942402 (0x80070002)。

[3]0E08.0F10::02/21/19-20:42:20.3394763 [Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS-Admin] 仮想マシン管理サービスは、仮想マシンの移行接続のリッスン ソケットをセットアップできなかった <IP address> :%%2147952449 (0x80072741)

[1]0E08.1C10::02/21/19-20:42:20.5624912 [Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS-Analytic] リソースの後処理を完了できなかった (optype = AddVirtualSwitchResourcesOperation, error = 0x80070002) リソースの後処理を完了できなかった (optype = AddVirtualSwitchResourcesOperation, error = 0x80070002), - , 2949152, 0x800000020

[1]0E08.1C10::02/21/19-20:42:20.5624912 [Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS-Analytic] リソースの後処理を完了できなかった (optype = AddVirtualSwitchResourcesOperation, error = 0x80070002) リソースの後処理を完了できなかった (optype = AddVirtualSwitchResourcesOperation, error = 0x80070002), - , 2949152, 0x800000020

[1]0E08.1C10:::02/21/19-20:42:20.20.5625542 [Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS-Networking] 仮想イーサネット スイッチ接続の追加中に失敗しました。

[13]0E08.0F10::02/21/19-20:42:20:20.5712564 [Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS-Admin] Virtual Machine Management Service は、仮想マシン移行接続のリッスン ソケットをアドレス <IP address> : %%214795249 (0x80072741% % 214795249) のセットアップに失敗しました。

原因

この問題は、ネットワーク インターフェイス カード ドライバーの Hewlett Packard Enterprise (HPE) イーサネット 1 Gb 4 ポート 369i アダプター (Intel 369i または Intel 350i) によって発生する可能性があります。 ビジュアル スイッチの作成は、作成パーツとバインド パーツの 2 つの部分に分割されます。 問題が発生すると、作成パーツは成功しましたが、バインド パーツは失敗しました。

解決方法

この問題を解決するには、HPE ではなく、Intel Web サイトからドライバーを直接更新します。