DeviceCapabilityDeviceCapability

パッケージに必要なデバイスの機能を宣言します。Declares a device capability required by a package.

要素の階層Element hierarchy

<パック>
<Package>
<機能>
<Capabilities>
<DeviceCapability><DeviceCapability>

構文Syntax

<DeviceCapability Name = A string between 1 and 50 characters in length or a GUID in the form xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx. />

属性および要素Attributes and Elements

属性Attributes

属性Attribute 説明Description データ型Data type 必須Required 既定値Default value
名前Name

フレンドリ名またはデバイスインターフェイスクラス GUID として指定されたデバイス機能の名前。The name of the device capability, either specified as a friendly name or a device interface class GUID.

長さが 1 ~ 50 文字の文字列。または、xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx という形式の GUID を指定します。A string between 1 and 50 characters in length or a GUID in the form xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx. はいYes

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

Parent 要素Parent Element 説明Description
機能 Capabilities

パッケージが必要とする、保護されたユーザーリソースへのアクセスを宣言します。Declares the access to protected user resources that the package requires.

解説Remarks

Name 属性が guid として指定されている場合は、guid として検証されます。If the Name attribute is specified as a GUID, then it is validated as GUID.

既定では、UWP アプリは印刷、スキャナー、センサーデバイスにアクセスできます。By default, UWP apps have access to print, scanner, and sensor devices. 他の種類のデバイスにアクセスするには、 DeviceCapability 要素を使用して指定する必要があります。To access other types of devices, you must specify them using a DeviceCapability element. 一部のデバイス機能をパッケージマニフェストに手動で追加する必要があります。Some device capabilities must be added to the package manifest manually. 詳しくは、「パッケージ マニフェストでデバイス機能を指定する方法」をご覧ください。For more info, see How to specify device capabilities in a package manifest.

機能宣言の詳細については、「 アプリ機能の宣言」を参照してください。For more info about capability declarations, see App capability declarations.

一部のデバイス機能には、子要素が必要です。Some device capabilities require child elements. 次の表に、デバイスの機能を名前または GUID で一覧表示し、子要素が必要かどうかを指定します。This table lists device capabilities by name or GUID and specifies if any child elements are required.

デバイス機能Device capability 説明Description
bluetooth. genericAttributeProfilebluetooth.genericAttributeProfile Windowsの api にアクセスできるようにします。これには、名前空間を使用します。Provides access to APIs in the Windows.Devices.Bluetooth.GenericAttributeProfile namespace. この機能を使うには、子要素が必要です。This capability requires child elements. 詳しくは、「Bluetooth のデバイス機能を指定する方法」をご覧ください。For more info, see How to specify device capabilities for Bluetooth.
rfcommbluetooth.rfcomm Rfcomm名前空間の api へのアクセスを提供します。Provides access to APIs in the Windows.Devices.Bluetooth.Rfcomm namespace. この機能を使うには、子要素が必要です。This capability requires child elements. 詳しくは、「Bluetooth のデバイス機能を指定する方法」をご覧ください。For more info, see How to specify device capabilities for Bluetooth.
humaninterfacedevicehumaninterfacedevice HumanInterfaceDevice名前空間の api へのアクセスを提供します。Provides access to APIs in the Windows.Devices.HumanInterfaceDevice namespace. この機能を使うには、子要素が必要です。This capability requires child elements. 詳しくは、「HID のデバイス機能を指定する方法」をご覧ください。For more info, see How to specify device capabilities for HID.
locationlocation ユーザーの現在の場所にアクセスできるようにします。Provides access to the user's current location.
マイクmicrophone マイクのオーディオ フィードにアクセスできるようにします。Provides access to the microphone's audio feed.
pointOfServicepointOfService PointOfService名前空間を使用して、Point of SERVICE (POS) バーコードスキャナーと磁気ストライプリーダーにアクセスできるようにします。Provides access to Point of Service (POS) barcode scanners and magnetic stripe readers, via the Windows.Devices.PointOfService namespace. これらの Api は Windows Phone ではサポートされていません。These APIs are not supported on Windows Phone.
proximityproximity 近接デバイス間の近距離通信 (NFC) で必要となります。Required for near-field communication (NFC) between devices in close proximity. 近距離近接通信は、近接デバイス上のアプリにファイルを送信したり、アプリと接続したりするために使用できます。Near-field proximity may be used to send files or connect with an app on a proximate device.
serialcommunicationserialcommunication SerialCommunication名前空間の api へのアクセスを提供します。Provides access to APIs in the Windows.Devices.SerialCommunication namespace. マニフェストでこの機能を定義する方法の詳細については、 SerialCommunication 名前空間のページを参照してください。For more information about defining this capability in the manifest, see the Windows.Devices.SerialCommunication namespace page.
ハブusb Windows. デバイスの名前空間の api へのアクセスを提供します。Provides access to APIs in the Windows.Devices.Usb namespace. この機能を使うには、子要素が必要です。This capability requires child elements. 詳細については、「 USB デバイスのアプリケーションマニフェストパッケージを更新する」を参照してください。For more info, see Updating the app manifest package for a USB device.
カメラwebcam カメラのビデオフィードへのアクセスを提供します。Provides access to the camera's video feed.
(GUID で表される) その他のデバイスOther devices (represented by GUIDs) 特殊なデバイスや Windows ポータブル デバイスを含みます。Includes specialized devices and Windows Portable Devices.

Examples

次に、 機能 ノードの例を示します。Here's an example of a Capabilities node. その他の例については、「 パッケージマニフェストにデバイス機能を指定する方法」を参照してください。For more examples, see How to specify device capabilities in a package manifest.

<Capabilities>
  <Capability Name="internetClient"/>
  <Capability Name="musicLibrary"/>
  <Capability Name="videosLibrary"/>
  <DeviceCapability Name="microphone"/>
  <DeviceCapability Name="webcam"/>
</Capabilities>

関連項目See also

アプリ機能の宣言App capability declarations

パッケージ マニフェストでデバイス機能を指定する方法How to specify device capabilities in a package manifest

必要条件Requirements

NamespaceNamespace http://schemas.microsoft.com/appx/2010/manifest