Windows 10 上に Hyper-V をインストールする

Windows 10 上に仮想マシンを作成するには、Hyper-V を有効にします。
Hyper-v は、Windows 10 コントロールパネル、PowerShell の使用、または展開イメージングのサービスと管理ツール (DISM) の使用など、さまざまな方法で有効にすることができます。 このドキュメントでは、それぞれの方法について説明します。

注意: Hyper-V はオプション機能として Windows に組み込まれています。Hyper-V を単体でダウンロードすることはできません。

要件の確認

  • Windows 10 Enterprise、Pro、または教育機関向け
  • 第 2 レベルのアドレス変換 (SLAT) の 64 ビット プロセッサ。
  • VM モニターモード拡張機能の CPU サポート (Intel Cpu の VT-c)。
  • 最小 4 GB のメモリ。

Hyper-V ロールは、Windows 10 Home にはインストールできません

Windows 10 Home edition から windows 10 Pro にアップグレードするには**** > 、[設定の更新とセキュリティ > のアクティブ化] を開きます。

詳しい情報とトラブルシューティングについては、「Windows 10 Hyper-V のシステム要件」をご覧ください。

PowerShell を使用して Hyper-V を有効にする

  1. 管理者として PowerShell コンソールを開きます。

  2. 次のコマンドを実行します。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V -All

コマンドが見つからなかった場合は、管理者として PowerShell を実行していることを確認してください。

インストールが完了したら、再起動します。

CMD と DISM を使用して Hyper-V を有効にする

展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツール を使用して、Windows と Windows イメージを構成できます。 さまざまなアプリケーションがありますが、DISM では、オペレーティング システムの実行中に Windows の機能を有効にすることができます。

DISM を使用して Hyper-V ロールを有効にするには:

  1. 管理者として PowerShell または CMD セッションを開きます。

  2. 次のコマンドを入力します。

DISM /Online /Enable-Feature /All /FeatureName:Microsoft-Hyper-V

Hyper-V を有効にしているコンソール ウィンドウ。

DISM について詳しくは、DISM のテクニカル リファレンスをご覧ください。

[設定] で Hyper-V ロールを有効にする

  1. Windows ボタンを右クリックし、[アプリと機能] を選択します。

  2. 適切な [関連設定] の下にある [プログラムと機能] を選択します。

  3. [Windows の機能の有効化または無効化] を選択します。

  4. [Hyper-V] を選択して、[OK] をクリックします。

Windows のプログラムと機能が示されたダイアログ ボックス

インストールが完了すると、コンピューターの再起動を促すメッセージが表示されます。

仮想マシンを作成する

最初の仮想マシンを作成する