Windows コンテナーの要件

このガイドでは、Windows コンテナー ホストの要件を一覧で示します。

OS 要件

  • Windows コンテナーの機能は、Windows Server 2016 (Core、デスクトップ エクスペリエンス搭載)、Nano Server、Windows 10 Professional および Enterprise (Anniversary Edition) でのみ使用できます。
  • Hyper-V コンテナーを実行する前に、Hyper-V ロールをインストールする必要があります。
  • Windows Server コンテナー ホストでは、Windows を C:. にインストールする必要があります。Hyper-V コンテナーのみを展開する場合は、この制限は適用されません。

仮想化されたコンテナー ホスト

Windows コンテナー ホストが Hyper-V 仮想マシンから実行され、Hyper-V コンテナーもホストする場合、入れ子になった仮想化を有効にする必要があります。 入れ子になった仮想化には次の要件があります。

  • 仮想化された Hyper-V ホスト用に少なくとも 4 GB の RAM を利用できる。
  • Windows Server 2016、またはホスト システム上の Windows 10、および Windows Server (Full、Core) または仮想マシンの Nano Server
  • Intel VT-x に対応したプロセッサ (この機能は現在 Intel プロセッサのみで使用可能です)。
  • コンテナー ホスト VM には、少なくとも 2 つの仮想プロセッサも必要になります。

サポートされる基本イメージ

Windows コンテナーには、Windows Server Core と Nano Server という 2 つのコンテナー イメージが付属しています。 一部の構成は、どちらの OS イメージもサポートしていません。 サポートされている構成を次の表に示します。

ホスト オペレーティング システム
Windows Server コンテナー
Hyper-V コンテナー
Windows Server 2016 とデスクトップ
Server Core / Nano Server
Server Core / Nano Server
Windows Server 2016 Core
Server Core / Nano Server
Server Core / Nano Server
Nano Server
Nano Server
Server Core / Nano Server
Windows 10 Pro / Enterprise
利用不可
Server Core / Nano Server

コンテナー ホストのバージョンとコンテナー イメージのバージョンを一致させる

Windows Server のコンテナー

Windows Server コンテナーとその基になっているホストは単一のカーネルを共有するため、コンテナーの基本イメージはホストの基本イメージと一致している必要があります。 バージョンが異なる場合、コンテナーは起動するかもしれませんが、完全に機能することは保証できません。 したがって、一致しないバージョンはサポートされません。 Windows オペレーティング システムは、メジャー、マイナー、ビルド、リビジョンの 4 つのレベルでバージョン管理されています (例: 10.0.14393.0)。 ビルド番号は、新しいバージョンの OS が公開された場合にのみ変更されます。 リビジョン番号は、Windows 更新プログラムが適用されると更新されます。 Windows Server コンテナーは、ビルド番号が異なると起動をブロックされます (例: 10.0.14300.1030 (Technical Preview 5) と 10.0.14393 (Windows Server 2016 RTM))。 ビルド番号が一致し、リビジョン番号が異なる場合は、起動をブロックされません (例: 10.0.14393 (Windows Server 2016 RTM) と 10.0.14393.206 (Windows Server 2016 GA))。 ただし、技術的にはブロックされませんが、これは状況によっては正しく機能しない可能性がある構成であるため、運用環境ではサポートできません。

インストールされている Windows ホストのバージョンは、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion で確認できます。 基本イメージが使用しているバージョンは、Docker ハブのタグまたはイメージの説明で提供されるイメージのハッシュ テーブルで確認できます。 「Windows 10 の更新履歴」のページでは、各ビルドとリビジョンがリリースされた日付がわかります。

この例では、14393 がメジャー ビルド番号で、321 がリビジョンです。

Windows PowerShell
Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS C:\Users\Administrator> (Get-ItemProperty 'HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\').BuildLabEx
14393.321.amd64fre.rs1_release_inmarket.161004-2338

Hyper-V コンテナー

コンテナーとホストの間でカーネルを共有する Windows Server コンテナーとは異なり、各 Hyper-V コンテナーは専用の Windows カーネル インスタンスを利用します。 このため、コンテナー ホストのバージョンとコンテナー イメージのバージョンが一致しないことがあります。 現時点では、ビルド番号が Windows Server 2016 GA (10.0.14393.206) と等しいかそれより大きいビルドは、リビジョン番号に関わらず、サポートされる構成において、Windows Server Core または Nano Server のどちらの Windows Server 2016 GA イメージでも実行できます。 将来的には、ユーザーのフィードバックに基づいて、どのくらい離れたビルド番号までが許容されるのかについて、詳しいガイダンスを提供します。 Windows Update によって完全な機能、信頼性、セキュリティが確実に提供されるようにするには、すべてのシステムを最新バージョンに維持する必要があることを理解しておくことが重要です。