XCode プロジェクトのインポート

Microsoft Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development には、XCode プロジェクトを Visual Studio に移動して、クロスプラットフォーム ライブラリを作成し、他のプロジェクトとコードを共有するためのサポートが含まれています。 [XCode からインポート] ウィザードを使うと、プロジェクトをインポートするプロセスと、C++ コードを分割して XCode ターゲットに取り込み、スタティック ライブラリまたは共有コード プロジェクトとして利用するプロセスが簡略化されます。 iOS 固有のコードを Visual Studio で管理しながらも、XCode を使ってストーリーボードとビルドを行うことができます。 Visual Studio と XCode の間でコードを双方向に簡単に移動する方法については、「Move Changes Between XCode and Visual Studio (XCode と Visual Studio 間の変更の移動)」を参照してください。

[XCode からインポート] ウィザードの使用方法

このトピックでは、XCode プロジェクトを Visual Studio に移動して、コードの共有とクロスプラットフォーム ソリューションを活用する方法について説明します。 前提条件として、プロジェクトをインポート、エクスポート、ビルドできるように Mac を Visual Studio にペアリングする必要があります。 ペアリングを設定する手順については、「iOS を使用してビルドするためのツールのインストールおよび構成」を参照してください。 また、[XCode からインポート] ウィザードで使うために、XCode プロジェクトをネットワーク経由で共有するか、Visual Studio コンピューターに移動する必要があります。

XCode からのインポート

  1. [ファイル] メニューで、[新規作成][インポート][XCode からインポートする] の順に選択します。 これにより、[XCode からインポート] ウィザードが開始されてダイアログが表示されます。

    インポートする XCode ターゲット プロジェクトを選択

  2. [プロジェクトを選択] ウィンドウで、[参照] ボタンを選択して XCode の .pbxproj ファイルを選びます。 [XCode プロジェクト ファイルの選択] ダイアログでプロジェクト ファイルに移動し、[開く] を選択します。

    [XCode プロジェクト ファイルの選択] ダイアログでプロジェクト ファイルを選択

    [XCode からインポート] ウィザードで、[次へ] を選択します。

  3. [宛先ターゲット] ウィンドウで、Visual Studio プロジェクトにインポートする XCode プロジェクトからターゲットを選択します。 XCode ターゲットは、Visual Studio のプロジェクトに似ています。ほとんどのターゲットは、バイナリを生成するコードとリソースのコレクションです。 [XCode からインポート] ウィザードで宛先ターゲットとしてインポートできるのは、スタティック ライブラリではなく、バイナリを生成するターゲットだけです。 XCode スタティック ライブラリのターゲットは、次のステップで操作します。

    [XCode からインポート] ウィザードの [宛先ターゲット] ウィンドウ

    [インポートするターゲット] で選択されている各ターゲットについて、ウィザードは、別個のスタティック ライブラリ プロジェクトに分割できる C++ コード ファイルを自動的に検出し、[C++ プロジェクト項目] セクションに置きます。 その他のコードおよびリソースは、[XCode プロジェクト項目] セクションに残ります。 これらの項目は、ウィザードによるインポート処理が完了すると、Visual Studio 内の別個のスタティック ライブラリおよびアプリケーション プロジェクトになります。 既定では、単体テストおよびフレームワークのターゲットは、ウィザードによって別個のプロジェクトには分割されません。

    各プロジェクトに含めるファイルを変更するには、上矢印と下矢印のボタンを使います。 各プロジェクト内のファイルを適切に設定できたら、[次へ] を選択して、先へ進みます。

  4. [ライブラリ ターゲット] ウィンドウで、XCode プロジェクトから Visual Studio プロジェクトにインポートするスタティック ライブラリ ターゲットを選択します。 このウィンドウでは、共有コード プロジェクトに配置するファイルと、スタティック ライブラリ プロジェクトに配置するファイルを選択することができます。 [インポートするターゲット] リストに含まれる各ターゲットについて、[共有コード プロジェクト項目][スタティック ライブラリ プロジェクト項目] に配置するファイルを、上矢印と下矢印のボタンを使って制御できます。

    [XCode からインポート] の [ライブラリ ターゲット] ウィンドウ

    共有コード プロジェクトは、Visual Studio のプロジェクトとの間でソース コード ファイルのセットを共有する&1; つの方法です。 コードは、それ専用のプロジェクトとしてではなく、コードが含まれているプロジェクトの一部としてビルドされます。 共有コードを含むプロジェクトはさまざまなアーキテクチャと構成を対象にしている場合があるため、これは、さまざまな種類のプラットフォーム向けにビルドするコードが含まれた&1; つのプロジェクトを提供するための最適な方法です。

    各プロジェクト内のファイルを適切に設定できたら、[次へ] を選択して、先へ進みます。

  5. [グローバル プロパティ] ウィンドウは、Visual Studio 内のすべての iOS プロジェクトに対してフレームワークの検索パスとインクルード ヘッダーの検索パスを設定するために使用できます。 Visual Studio では、ソース コードの参照と IntelliSense のためにこれらのパスを使います。 これらのグローバル パスは、ヘッダーとフレームワークの共通のセットを使う iOS プロジェクトを作成するときに役立ちます。

    [XCode からインポート] の [グローバル プロパティ] ウィンドウ

    これらのグローバルのパスは、Visual Studio の [オプション] ダイアログで設定することもできます。 それには、[ツール] メニューで、[オプション] を選択します。 [オプション] ダイアログで、[クロス プラットフォーム][C++][iOS][グローバル プロパティ] の順に展開します。

    [次へ] を選択して続行します。

  6. [フレームワーク] ウィンドウでは、プロジェクトに対して参照と IntelliSense のために Visual Studio で使用されるパスを構成します。 これらのパスは、XCode プロジェクトによって参照される各フレームワークに対して、Visual Studio からアクセスできる必要があります。 ウィザードは、XCode プロジェクトのフレームワーク参照を確認し、Visual Studio からフレームワークを検索できるかどうかを表示します。 既にグローバル プロパティに設定してあるすべてのパスは、Visual Studio から検出できる必要があります。 例外は、フレームワーク リストに表示されます。 リストで X が付いているフレームワークごとに、Visual Studio がフレームワークを検索できるように、PC からアクセス可能なパスを指定してください。 参照ボタン [...] を使うと、[フォルダーの選択] ダイアログを使ってパスを検索できます。 フレームワークのパスは、ローカルのコピー、ネットワークでアクセスできる Mac 上の共有のいずれかを指定できます。

    [XCode からインポート] の [フレームワーク] ウィンドウ

    [次へ] を選択して続行します。

  7. [プロジェクト設定] ウィンドウでは、ウィザードで作成した各プロジェクトのフレームワークとインクルード ヘッダー ファイルの検索パス設定を変更できます。 このウィンドウを使うと、グローバル設定とは異なるプロジェクト固有のパスを設定できます。

    特定のプロジェクトのパスを設定するには、[宛先のプロジェクト] ドロップダウンでプロジェクト ファイルを選択した後、[フレームワークの検索パス] および [インクルードヘッダーの検索パス] コントロールに値を設定します。 各コントロールの横にある参照ボタン [...] を使うと、[フォルダーの選択] ダイアログを使ってパスを検索できます。

    [XCode からインポート] の [プロジェクト] ウィンドウ

    この PC とペアリングされているリモート Mac がない場合は、[リモート コンピューターを構成] リンクが表示されます。 ペアリングを設定する手順については、「iOS を使用してビルドするためのツールのインストールおよび構成」を参照してください。

    ウィザードの設定を使用して XCode プロジェクトをインポートするには、[インポート] を選択します。

    [XCode からインポート] ウィザードによって、選択した XCode プロジェクト ターゲットに対応するプロジェクトが Visual Studio で作成されます。 他の C++ プロジェクトと共有できるコードは、別個の共有コード プロジェクトとスタティック ライブラリ プロジェクトに分割されます。 残りのコードは、iOS ライブラリ プロジェクトとアプリケーション プロジェクトに配置され、Visual Studio からリモートでビルドできます。 Visual Studio と XCode の間でコードを移動する方法の詳細については、「XCode と Visual Studio 間の変更の同期」をご覧ください。