Install and Configure Tools to Build using iOS

Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development を使用して、iOS コードを編集およびデバッグし、iOS シミュレーターまたは iOS デバイスに配置することができます。ただし、ライセンスの制限により、コードのビルドと実行は、リモートの Mac 上で行わなければなりません。 Visual Studio を使用して iOS アプリをビルドおよび実行するには、Mac 上にリモート エージェント vcremoteをセットアップして構成する必要があります。 このリモート エージェントが、Visual Studio からのビルド要求を処理し、Mac に接続された iOS デバイスまたは Mac 上の iOS シミュレーターでアプリを実行します。

注意

Mac ではなくクラウド ホスト型 Mac サービスを使用する場合の詳細については、「 Build and Simulate iOS in the Cloud」を参照してください。 ここでは、Visual Studio Tools for Apache Cordova を使用してビルドする場合の手順を説明します。 Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development を使用してビルドする場合は、vcremote を vs-mda-remote に置き換えて手順に従ってください。

iOS を使用してビルドするためのツールをインストールしたら、このトピックを参照して、Visual Studio と Mac で iOS 開発を行うためにリモート エージェントを素早く構成して更新する方法を確認してください。

前提条件

iOS 用リモート エージェントをインストールする

リモート エージェントを起動する

Visual Studio でリモート エージェントを構成する

Generate a new security PIN

新しいサーバー証明書を生成する

Configure the remote agent on the Mac

前提条件

iOS のコードを開発するためのリモート エージェントをインストールして使用するには、まず、次の前提条件を満たす必要があります。

  • OS X Mavericks 以降を実行する Mac コンピューター

  • Apple ID

  • Apple のアクティブな iOS Developer Program アカウント

  • Xcode 6

    Xcode 6 は、App Store からダウンロードできます。

  • Xcode コマンド ライン ツール

    Xcode コマンド ライン ツールをインストールするには、Mac 上でターミナル アプリを開き、次のコマンドを入力します。

    xcode-select --install

  • Xcode で構成されている iOS 署名 ID

    iOS 署名 ID を取得する方法の詳細については、iOS Developer Library の「 Maintaining Your Signing Identities and Certificates (署名 ID と証明書の管理) 」を参照してください。 Xcode で署名 ID を表示または設定するには、 [Xcode] メニューを開き、 [環境設定]を選択します。 [アカウント] を選択し、自分の Apple ID を選択してから、 [詳細の表示] ボタンを選択します。

  • 開発用の iOS デバイスを使用している場合、デバイスのプロビジョニング プロファイルを Xcode で構成します。

    プロビジョニング プロファイルを作成する方法の詳細については、iOS Developer Library の「 Creating Provisioning Profiles Using Member Center (メンバー センターを使用したプロビジョニング プロファイルの作成) 」を参照してください。

  • Node.js

  • npm の更新バージョン

    Node.js に付属している npm のバージョンは、vcremote をインストールするには古い可能性があります。 npm を更新するには、Mac 上でターミナル アプリを開き、次のコマンドを入力します。

    sudo npm install -g npm@latest

iOS 用リモート エージェントをインストールする

Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development をインストールすると、Visual Studio は、Mac 上で実行されているリモート エージェント vcremoteと通信して、ファイルを転送したり、iOS アプリをビルドして実行したり、デバッグ コマンドを送信したりできます。

リモート エージェントをインストールする前に、 前提条件 を満たしていること、 Visual C++ for Cross-Platform Mobile Developmentをインストール済みであることを確認してください。

リモート エージェントをダウンロードしてインストールするには

  • Mac 上のターミナル アプリから、次のように入力します。

    sudo npm install -g --unsafe-perm vcremote

    グローバル インストール (-g) スイッチが推奨されますが、必須ではありません。

    インストール中、Mac に vcremote がインストールされて、開発者モードがアクティブ化されます。 Homebrew と 2 つのパッケージ (vcremote-lib および vcremote-utils) もインストールされます。

    注意

    Homebrew をインストールするには、sudo (管理者) のアクセス許可が必要です。 sudo 以外で vcremote をインストールする必要がある場合には、Homebrew を手動で usr/local の場所にインストールして、その bin フォルダーをパスに追加します。 詳細については、 Homebrew のドキュメントを参照してください。 開発者モードを手動で有効にするには、ターミナル アプリでコマンド DevToolsSecurity -enable を入力します。

    Visual Studio を新しいバージョンに更新した場合は、リモート エージェントも現在のバージョンに更新する必要があります。 リモート エージェントを更新するには、リモート エージェントをダウンロードしてインストールする手順を繰り返します。

リモート エージェントを起動する

Visual Studio で iOS コードをビルドして実行するには、リモート エージェントが実行されている必要があります。 Visual Studio がリモート エージェントとペアリングされていないと、Visual Studio はリモート エージェントと通信できません。 既定では、リモート エージェントはセキュリティで保護された接続モードで実行されます。この場合、PIN を使用して Visual Studio とペアリングする必要があります。

リモート エージェントを起動するには

  • Mac 上のターミナル アプリから、次のように入力します。

    vcremote

    これにより、既定のビルド ディレクトリである ~/vcremote でエージェントが起動します。 追加の構成オプションについては、「 Configure the remote agent on the Mac」を参照してください。

    エージェントを初めて起動するとき、また、新しいクライアント証明書を作成するときは必ず、そのエージェントを Visual Studio に構成するために必要な情報 (ホスト名、ポート、PIN など) が提供されます。

    vcremote を使用してセキュリティで保護された PIN を生成します

    ホスト名を使用して Visual Studio にリモート エージェントを構成する場合は、Windows からホスト名を使用して Mac を ping し、到達可能であることを確認してください。 そうでない場合は、代わりに IP アドレスを使用する必要があります。

    生成される PIN は 1 回限りの使い捨て PIN であり、有効期間は限られています。 Visual Studio とリモート エージェントをペアリングする前に期限が切れた場合は、新しい PIN を生成する必要があります。 詳細については、「 Generate a new security PIN」を参照してください。

    リモート エージェントは、セキュリティで保護されていないモードでも使用できます。 セキュリティで保護されていないモードでは、PIN なしでリモート エージェントと Visual Studio をペアリングすることができます。

セキュリティで保護された接続モードを無効にするには

  • vcremote のセキュリティで保護された接続モードを無効にするには、Mac 上のターミナル アプリで次のコマンドを入力します。

    vcremote --secure false

セキュリティで保護された接続モードを有効にするには

  • セキュリティで保護された接続モードを有効にするには、次のコマンドを入力します。

    vcremote --secure true

    リモート エージェントを起動した後は停止するまで、Visual Studio からリモート エージェントを使用できます。

リモート エージェントを停止するには

  • vcremote が実行されているターミナル ウィンドウで、 Control+Cを押します。

Visual Studio でリモート エージェントを構成する

Visual Studio からリモート エージェントに接続するには、Visual Studio のオプションで、リモート構成を指定する必要があります。

Visual Studio でリモート エージェントを構成するには

  1. エージェントが Mac 上でまだ実行されていない場合は、「 リモート エージェントを起動する」の手順に従います。 Visual Studio をリモート エージェントと正常にペアリングして接続し、プロジェクトをビルドするためには、Mac が vcremote を実行している必要があります。

  2. Mac 上で、Mac のホスト名または IP アドレスを取得します。

    IP アドレスを取得するには、ターミナル ウィンドウで ifconfig コマンドを使用します。 アクティブなネットワーク インターフェイスの下に表示される inet アドレスを使用します。

  3. Visual Studio のメニュー バーで、 [ツール][オプション]の順に選択します。

  4. [オプション] ダイアログ ボックスで、 [クロス プラットフォーム][C++][iOS]の順に展開します。

  5. [ホスト名] フィールドと [ポート] フィールドに、リモート エージェントの起動時に示された値を入力します。 ホスト名には、Mac の DNS 名または IP アドレスを使用できます。 既定のポートは 3030 です。

    注意

    ホスト名で Mac を ping できない場合は、IP アドレスを使用する必要があります。

  6. 既定のセキュリティで保護された接続モードでリモート エージェントを使用する場合は、 [セキュア] チェック ボックスをオンにしてから、リモート エージェントから示された PIN の値を [PIN] フィールドに入力します。 セキュリティで保護されていない接続モードでリモート エージェントを使用する場合は、 [セキュア] チェック ボックスをオフにして、 [PIN] フィールドを空白のままにします。

  7. [ペアリングする] を選択してペアリングを有効にします。

    iOS のビルドにおける vcremote 接続を構成します

    ペアリングは、ホスト名またはポートを変更するまで維持されます。 [オプション] ダイアログ ボックスでホスト名またはポートを変更した場合にその変更を元に戻すには、 [元に戻す] ボタンを選択して前のペアリングに戻します。

    ペアリングが成功しなかった場合は、「 Start the remote agent」の手順に従って、リモート エージェントが実行されていることを確認します。 リモート エージェントの PIN が生成されてから経過した時間が長すぎる場合は、Mac 上で「 Generate a new security PIN 」の手順に従ってからもう一度実行します。 Mac のホスト名を使用している場合は、代わりに IP アドレスを [ホスト名] に使用してみてください。

  8. [リモート ルート] フィールドのフォルダー名を更新して、Mac のホーム (~) ディレクトリ内の リモート エージェントで使用されるフォルダーを指定します。 既定では、リモート エージェントはリモート ルートとして /Users/username/vcremote を使用します。

  9. [OK] を選択して、リモート ペアリング接続設定を保存します。

    リモート エージェントを使用するたびに、Visual Studio は、この同じ情報を使用して Mac 上のリモート エージェントに接続します。 Visual Studio を再度リモート エージェントにペアリングさせる必要はありません。それが必要になるのは、Mac 上で新しいセキュリティ証明書を生成した場合、あるいは Mac のホスト名または IP アドレスが変更された場合のみです。

Generate a new security PIN

初めてリモート エージェントを起動すると、生成された PIN が期間限定で有効になります (既定では 10 分)。 Visual Studio とリモート エージェントをペアリングする前に期限切れになった場合は、新しい PIN を生成する必要があります。

新しい PIN を生成するには

  1. エージェントを停止するか、Mac 上で 2 つ目のターミナル アプリ ウィンドウを開き、それを使用してコマンドを入力します。

  2. ターミナル アプリで、次のコマンドを入力します。

    vcremote generateClientCert

    リモート エージェントが新しい一時 PIN を生成します。 新しい PIN を使用して Visual Studio をペアリングするには、「 Visual Studio でリモート エージェントを構成する」の手順を繰り返します。

新しいサーバー証明書を生成する

セキュリティ上の目的で、Visual Studio とリモート エージェントをペアリングするサーバー証明書は、Mac の IP アドレスまたはホスト名と関連付けられています。 これらの値が変更された場合、新しいサーバー証明書を生成し、新しい値で Visual Studio を再構成する必要があります。

新しいサーバー証明書を生成するには

  1. vcremote エージェントを停止します。

  2. ターミナル アプリで、次のコマンドを入力します。

    vcremote resetServerCert

  3. 確認を求めるプロンプトが表示されたら、「 Y」と入力します。

  4. ターミナル アプリで、次のコマンドを入力します。

    vcremote generateClientCert

    これにより、新しい一時 PIN が生成されます。

  5. 新しい PIN を使用して Visual Studio をペアリングするには、「 Visual Studio でリモート エージェントを構成する」の手順を繰り返します。

Configure the remote agent on the Mac

さまざまなコマンド ライン オプションを使用して、リモート エージェントを構成することができます。 たとえば、ビルド要求をリッスンするポートを指定したり、ファイル システムに保持するビルドの最大数を指定したりできます。 既定では、10 個のビルドに制限されます。 最大数を超えたビルドは、リモート エージェントによってシャットダウン時に削除されます。

リモート エージェントを構成するには

  • リモート エージェントの完全なコマンド一覧を表示するには、ターミナル アプリで次のように入力します。

    vcremote --help

  • セキュア モードを無効にして、単純な HTTP ベースの接続を有効にするには、次のように入力します。

    vcremote --secure false

    このオプションを使用する場合、Visual Studio でエージェントを構成する際に、[セキュア] チェック ボックスをオフにして、[PIN] フィールドを空白のままにします。

  • リモート エージェント ファイルの場所を指定するには、次のように入力します。

    vcremote --serverDir directory_path

    ここで directory_path は、ログ ファイル、ビルド、サーバー証明書を配置する Mac 上の場所です。 既定では、この場所は /Users/username/vcremote です。 ビルドはこの場所でビルド番号順に編成されます。

  • バックグラウンド プロセスを使用して、server.log という名前のファイルに stdoutstderr をキャプチャするには、次のように入力します。

    vcremote > server.log 2>&1 &

    server.log ファイルは、ビルドの問題のトラブルシューティングに役立ちます。

  • コマンド ライン パラメーターではなく、構成ファイルを使用してエージェントを実行するには、次のように入力します。

    vcremote --config config_file_path

    ここで config_file_path は JSON 形式の構成ファイルのパスです。 スタートアップ オプションとその値にダッシュを含めることはできません。

関連項目

Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development のインストール