C++ によるクロスプラットフォーム モバイル開発をインストールするInstall cross-platform Mobile development with C++

Visual Studio で C++ を使うと、Windows デスクトップ アプリ、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ、Linux アプリ、そして今では Android および iOS 用のアプリも、ビルドできます。You can use C++ in Visual Studio to build Windows Desktop apps, Universal Windows Platform (UWP) apps, Linux apps, and now, apps for Android and iOS. C++ によるモバイル開発ワークロードは、Visual Studio にインストール可能なコンポーネントのセットであり、クロスプラットフォームの iOS、Android、および UWP Visual Studio テンプレートを含みます。The Mobile development with C++ workload is an installable set of components in Visual Studio that includes cross-platform iOS, Android, and UWP Visual Studio templates. すぐに始めるために必要なクロスプラットフォーム ツールおよび SDK がインストールされるので、それらを自分で検索、ダウンロード、構成する必要はありません。It installs the cross-platform tools and SDKs you need to get started quickly, without having to locate, download, and configure them yourself. これらのツールを Visual Studio で使用することで、クロスプラットフォーム プロジェクトを簡単に作成、編集、デバッグ、テストできます。You can use these tools in Visual Studio to easily create, edit, debug, and test your cross-platform projects. このトピックでは、Visual Studio を使って C++ でクロスプラットフォーム アプリを開発するために必要なツールとサード パーティのソフトウェアをインストールする方法について説明します。This topic describes how to install the tools and third-party software required to develop cross-platform apps in C++ using Visual Studio. 概要については、「Visual C++ クロスプラットフォーム モバイル」をご覧ください。For an overview, see Visual C++ Cross-Platform Mobile

必要条件Requirements

  • インストール要件については、「Visual Studio 2017 製品ファミリのシステム要件」をご覧ください。For installation requirements, see Visual Studio Product Family System Requirements.

    重要

    Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を使用している場合は、Windows デスクトップ アプリケーション、Android Native Activity アプリおよびライブラリ、iOS 用のアプリとコード ライブラリのためのコードを開発できますが、Windows Phone アプリまたは UWP アプリのコードは開発できません。If you are using Windows 7 or Windows Server 2008 R2, you can develop code for Windows Desktop applications, Android Native Activity apps and libraries, and apps and code libraries for iOS, but not Windows Phone or UWP apps.

特定のデバイス プラットフォームのアプリをビルドするには、いくつかの追加要件があります。To build apps for specific device platforms, there are some additional requirements:

  • Windows Phone エミュレーターおよび Microsoft Visual Studio Emulator for Android には、Hyper-V を実行できるコンピューターが必要です。Windows Phone emulators and the Microsoft Visual Studio Emulator for Android require a computer that can run Hyper-V. エミュレーターをインストールして実行する前に、Windows の Hyper-V 機能を有効にする必要があります。The Hyper-V feature in Windows must be enabled before you can install and run the emulators. 詳細については、エミュレーターのシステム要件をご覧ください。For more information, see the emulator's system requirements.

  • Android SDK に付属している x86 Android エミュレーターは、Intel HAXM ドライバーを実行できるコンピューター向けに最適化されています。The x86 Android emulators that come with the Android SDK work best on computers that can run the Intel HAXM driver. このドライバーには、VT-x および Execute Disable Bit をサポートしている Intel x64 プロセッサが必要です。This driver requires an Intel x64 processor with VT-x and Execute Disable Bit support. 詳しくは、「Intel® Hardware Accelerated Execution Manager (Intel® HAXM)」をご覧ください。For more information, see Intel® Hardware Accelerated Execution Manager (Intel® HAXM).

  • iOS 用のコードをビルドするには、Apple ID、iOS Developer Program アカウント、Xcode バージョン 6 以降を OS X Mavericks (バージョン 10.9) 以降のバージョンで実行できる Mac コンピューターが必要です。Building code for iOS requires an Apple ID, an iOS Developer Program account, and a Mac computer that can run Xcode version 6 or later on OS X Mavericks (version 10.9) or later versions. インストール手順のリンクについては、「iOS 用ツールのインストール」をご覧ください。For a link to installation steps, see Install tools for iOS.

ツールを取得するGet the tools

C++ でのモバイル開発は、Visual Studio の Community、Professional、Enterprise エディションで利用できます。Mobile development with C++ is available in Visual Studio Community, Professional, and Enterprise editions. Visual Studio を入手するには、Visual Studio のダウンロード ページにアクセスしてください。To get Visual Studio, go to the Visual Studio Downloads page. クロスプラットフォーム モバイル開発ツールは、Visual Studio 2015 Update 2 以降で利用できます。The cross-platform mobile development tools are available starting in Visual Studio 2015 Update 2 or later.

ツールのインストールInstall the tools

Visual Studio 2017 用の Visual Studio インストーラーには、Visual Studio での Android および iOS の開発に必要な C++ 言語ツール、テンプレート、およびコンポーネントをインストールする C++ によるモバイル開発ワークロードが含まれます。The Visual Studio Installer for Visual Studio 2017 includes a Mobile development with C++ workload that installs the C++ language tools, templates, and components required for Android and iOS development in Visual Studio. Android のビルドおよびデバッグに必要な GCC および Clang ツールセット、および iOS 開発用の Mac と通信するコンポーネントがインストールされます。It installs the GCC and Clang toolsets needed for Android builds and debugging, and components to communicate with a Mac for iOS development. また、iOS および Android アプリの開発をサポートするために必要なサードパーティ製のツールとソフトウェア開発キットもすべてインストールされます。It also installs all the third-party tools and software development kits that are required to support iOS and Android app development. これらのサードパーティ製ツールのほとんどは、Android プラットフォームのサポートに必要なオープン ソースのソフトウェアです。Most of these third-party tools are open-source software required for Android platform support.

  • Android Native Development Kit (NDK) は、Android プラットフォームを対象にした C++ コードをビルドする場合に必要になります。Android Native Development Kit (NDK) is required to build C++ code that targets the Android platform.

  • Android のビルド プロセスには、Android SDK、Apache Ant、および Java SE Development Kit が必要です。Android SDK, Apache Ant, and Java SE Development Kit are required for the Android build process.

  • Google Android Emulator および Intel Hardware Accelerated Execution Manager は、オプションですがお勧めするコンポーネントです。The Google Android Emulator and Intel Hardware Accelerated Execution Manager are optional, but recommended, components. Android デバイス上で直接開発およびデバッグできますが、通常、デバッグにはデスクトップでエミュレーターを使う方が簡単です。You can develop and debug directly on an Android device, but it's often easier to use an emulator on your desktop for debugging. また、Microsoft は、別途インストール可能な Visual Studio Emulator for Android も提供しています。Microsoft also provides a Visual Studio Emulator for Android that can be installed separately.

Visual Studio 2017 で C++ によるモバイル開発ワークロードをインストールするにはTo install the Mobile development with C++ workload in Visual Studio 2017

  1. [スタート] メニューから Visual Studio インストーラーを実行します。Run the Visual Studio Installer from the Start menu.

  2. Visual Studio が既にインストールされている場合は、インストールされている Visual Studio の中で変更するバージョンの [変更] ボタンをクリックします。If you've already installed Visual Studio, choose the Modify button for the installed version of Visual Studio you'd like to modify. それ以外の場合は、[インストール] を選んで Visual Studio をインストールします。Otherwise, choose Install to install Visual Studio.

  3. [ワークロード] タブで、下にスクロールして、Visual Studio インストーラーの [C++ によるモバイル開発] ワークロードを選びます。With the Workloads tab selected, scroll down and select the Mobile development with C++ workload in the Visual Studio Installer. このワークロードを選ぶと、C++ による開発に必要な他のコンポーネントも選択されます。When this workload is selected, other required components for C++ development are also selected. 他のワークロードを選び、個々のコンポーネントを同時にインストールすることもできます。You can also choose other workloads and individual components to install at the same time. UWP もターゲットとするクロスプラットフォームのコードをビルドするには、[ユニバーサル Windows プラットフォーム開発] ワークロードを選びます。To build cross-platform code that also targets UWP, select the Universal Windows Platform development workload.

  4. [インストールの詳細] ウィンドウで、[C++ によるモバイル開発] を展開します。In the Installation details pane, expand Mobile development with C++. [オプション] セクションでは、NDK の追加バージョン、Google Android Emulator、Intel Hardware Accelerated Execution Manager、IncrediBuild ビルド アクセラレーション ツールを選ぶことができます。In the Optional section, you can choose additional versions of the NDK, the Google Android Emulator, the Intel Hardware Accelerated Execution Manager, and the IncrediBuild build acceleration tool.

  5. 既定では、1 つまたは複数の Android SDK セットアップ コンポーネントが、ワークロードによって組み込まれます。By default, one or more Android SDK setup components are included by the workload. Android SDK の追加バージョンを使用できます。Additional versions of the Android SDK are available. インストールに追加するには、[個別のコンポーネント] タブを選び、[SDK、ライブラリ、およびフレームワーク] セクションまで下にスクロールして選びます。To add one to your installation, choose the Individual components tab, then scroll down to the SDKs, libraries, and frameworks section to make your selection.

  6. [変更] または [インストール] ボタンを選んで、C++ によるモバイル開発ワークロードと他の選択したワークロードおよびオプションのコンポーネントをインストールします。Choose the Modify or Install button to install the Mobile development with C++ workload and your other selected workloads and optional components.

    インストールが完了したら、インストーラーを閉じて、コンピューターを再起動します。When installation is complete, close the installer and then restart your computer. サード パーティ製コンポーネントの一部の設定操作は、コンピューターを再起動するまで有効になりません。Some setup actions for the third-party components do not take effect until the computer is restarted.

    重要

    確実にすべてを正しくインストールするには、再起動する必要があります。You must restart to make sure everything is installed correctly.

  7. Visual Studio を開きます。Open Visual Studio. Visual Studio を実行するのが初めての場合は、構成してサインインするまでに時間がかかることがあります。If this is the first time that you have run Visual Studio, it may take some time to configure and sign in. Visual Studio の準備ができたら、更新プログラムを確認し、それらをインストールします。When Visual Studio is ready, check for any updates and install them.

Visual Studio 2015 でモバイル開発コンポーネントとサードパーティのツールをインストールするにはTo install the Mobile Development component and third-party tools in Visual Studio 2015

Visual Studio 2015 を使っている場合、そのインストーラーには Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development をインストールするオプションが含まれます。このオプションでは、Visual Studio 2015 において必要な C++ 言語ツール、テンプレート、およびコンポーネントがインストールされます。If you are using Visual Studio 2015, its installer includes an option to install Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development, which installs the required C++ language tools, templates, and components in Visual Studio 2015.

  1. Visual Studio 2015 インストーラーを実行します。Run the Visual Studio 2015 installer. オプションのコンポーネントをインストールするために、インストールの種類として [カスタム] を選びます。To install optional components, choose Custom as the type of installation. [次へ] を選んで、インストールするオプションのコンポーネントを選びます。Choose Next to select the optional components to install.

  2. [機能の選択] で、[クロスプラットフォーム モバイル開発] を展開し、[Visual C++ モバイル開発] を選びます。In Select features, expand Cross Platform Mobile Development and check Visual C++ Mobile Development.

    [Visual C++ モバイル開発] を選択するSelect Visual C++ Mobile Development

    既定では、[Visual C++ モバイル開発] を選ぶと、[プログラミング言語] オプションは [Visual C++] をインストールするように設定され、[共通ツールおよびソフトウェア開発キット] オプションは必要なサード パーティ製コンポーネントをインストールするように設定されます。By default, when you select Visual C++ Mobile Development, the Programming Languages option is set to install Visual C++, and the Common Tools and Software Development Kits options are set to install required third-party components. 必要な場合、その他のコンポーネントを選択することができます。You can choose additional components if you need them. 既定では、[Microsoft Visual Studio Emulator for Android] も選ばれます。By default, the Microsoft Visual Studio Emulator for Android is also selected. 既にインストールされているコンポーネントは、一覧では非アクティブとして表示されます。Components that are already installed appear inactive in the list.

    ユニバーサル Windows アプリをビルドし、Android および iOS プロジェクトとの間でコードを共有するには、[機能の選択] で、[Windows 開発と Web 開発] を展開し、[ユニバーサル Windows アプリ開発ツール] をオンにします。To build Universal Windows apps and share code between them and your Android and iOS projects, in Select features, expand Windows and Web Development and check Universal Windows App Development Tools. ユニバーサル Windows アプリをビルドする予定がない場合は、このオプションを省略できます。If you don't plan to build Universal Windows apps, you can skip this option.

    [次へ] を選択して続行します。Choose Next to continue.

  3. サードパーティ製コンポーネントには、それぞれ独自のライセンス条項があります。The third-party components have their own license terms. ライセンス条項を表示するには、各コンポーネントの横にある [ライセンス条項] リンクを選びます。You can view the license terms by choosing the License Terms link next to each component. [インストール] を選択して、コンポーネントを追加し、Visual Studio と、Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development をインストールします。Choose Install to add the components and install Visual Studio and Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development.

  4. インストールが完了したら、インストーラーを閉じて、コンピューターを再起動します。When installation is complete, close the installer and then restart your computer. サード パーティ製コンポーネントの一部の設定操作は、コンピューターを再起動するまで有効になりません。Some setup actions for the third-party components do not take effect until the computer is restarted.

    重要

    確実にすべてを正しくインストールするには、再起動する必要があります。You must restart to make sure everything is installed correctly.

    Microsoft Visual Studio Emulator for Android コンポーネントのインストールが失敗した場合は、お使いのコンピューターで Hyper-V が有効になっていない可能性があります。If the Microsoft Visual Studio Emulator for Android component failed to install, your computer may not have Hyper-V enabled. [Windows の機能の有効化または無効化] コントロール パネル アプリを使って Hyper-V を有効にしてから、Visual Studio インストーラーをもう一度実行ます。Use the Turn Windows features on or off Control Panel app to enable Hyper-V, and then run the Visual Studio installer again.

    注意

    お使いのコンピューターまたは Windows のバージョンで Hyper-V がサポートされていない場合は、Microsoft Visual Studio Emulator for Android コンポーネントを使用できません。If your computer or your version of Windows does not support Hyper-V, you can't use the Microsoft Visual Studio Emulator for Android component. Windows の Home エディションには、Hyper-V のサポートが含まれていません。The Home Edition of Windows does not include Hyper-V support.

  5. Visual Studio を開きます。Open Visual Studio. Visual Studio を実行するのが初めての場合は、構成してサインインするまでに時間がかかることがあります。If this is the first time that you have run Visual Studio, it may take some time to configure and sign in. Visual Studio の準備が完了したら、 [ツール] メニューで [拡張機能と更新プログラム][更新プログラム] の順に選びます。When Visual Studio is ready, on the Tools menu, select Extensions and Updates, Updates. Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development または Microsoft Visual Studio Emulator for Android 用の利用可能な Visual Studio の更新プログラムがある場合は、それらをインストールします。If there are Visual Studio updates available for Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development or for Microsoft Visual Studio Emulator for Android, install them.

iOS 用ツールのインストールInstall tools for iOS

Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development を使用して、iOS コードを編集およびデバッグし、iOS シミュレーターまたは iOS デバイスに配置することができます。ただし、ライセンスの制限により、コードのビルドはリモートの Mac 上で行わなければなりません。You can use Visual C++ for Cross-Platform Mobile Development to edit, debug, and deploy iOS code to the iOS Simulator or to an iOS device, but because of licensing restrictions, the code must be built remotely on a Mac. Visual Studio を使用して iOS アプリをビルドおよび実行するには、Mac 上にリモート エージェントをセットアップして構成する必要があります。To build and run iOS apps using Visual Studio, you must set up and configure the remote agent on your Mac. インストール方法、前提条件、構成オプションについて詳しくは、「 Install And Configure Tools to Build using iOS」をご覧ください。For detailed installation instructions, prerequisites and configuration options, see Install And Configure Tools to Build using iOS. iOS 用にビルドするのでない場合は、この手順を省略できます。If you're not building for iOS, you can skip this step.

手動による依存関係のインストールまたは更新Install or update dependencies manually

C++ によるモバイル開発ワークロード (または、Visual Studio 2015 では Visual C++ モバイル開発オプション) をインストールするときに、サードパーティの 1 つ以上の依存関係を Visual Studio インストーラーでインストールしないことにした場合、それらの依存関係は、後で「ツールのインストール」の手順に従ってインストールできます。If you decide not to install one or more third-party dependencies using the Visual Studio installer when you install the Mobile development with C++ workload (or in Visual Studio 2015, the Visual C++ Mobile Development option), you can install them later by using the steps in Install the tools. 最新のサードパーティ製コンポーネントをインストールするため、Visual Studio インストーラーは定期的に更新されます。The Visual Studio Installer is updated regularly to install the latest third-party components. それを使って、更新された SDK と NDK をインストールできます。You can use it to install updated SDKs and NDKs. また、Visual Studio とは別にインストールまたは更新することもできます。You can also install or update them independently of Visual Studio.

注意事項

Java 以外の依存関係は、任意の順序でインストールできます。You can install the dependencies in any order, except for Java. JDK は、Android SDK をインストールする前にインストールして構成する必要があります。You must install and configure the JDK before you install the Android SDK.

次の情報を参照し、リンクを使用して、従属関係を手動でインストールします。Read the following information and use these links to install dependencies manually.

  • Java SE 開発キットJava SE Development Kit

    既定では、インストーラーによって Java のツールが C:\Program Files (x86)\Java に格納されます。By default, the installer puts the Java tools in C:\Program Files (x86)\Java.

  • Android SDKAndroid SDK

    インストール中に、推奨されたとおりに API を更新します。During the installation, update the APIs as recommended. 最低でも Android 5.0 Lollipop (API レベル 21) の SDK がインストールされていることを確認します。Make sure that at least the SDK for Android 5.0 Lollipop (API level 21) is installed. 既定では、インストーラーによって Android SDK が C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk に格納されます。By default, the installer puts the Android SDK in C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk.

    Android SDK ディレクトリにある SDK Manager アプリをもう一度実行すると、SDK を更新したり、オプション ツールや追加の API レベルをインストールしたりできます。You can run the SDK Manager app in the Android SDK directory again to update the SDK and install optional tools and additional API levels. [管理者として実行] を使用して SDK Manager アプリを実行しなければ、更新のインストールが失敗する可能性があります。Updates may fail to install unless you use Run as administrator to run the SDK Manager app. Android アプリのビルドで問題が発生した場合は、SDK Manager を確認して、インストール済み SDK の更新プログラムの有無を調べてください。If you have problems building an Android app, check the SDK Manager for updates to your installed SDKs.

    Android SDK に付属している Android エミュレーターのいくつかを使用するには、オプションの Intel HAXM ドライバーをインストールする必要があります。To use some of the Android emulators that come with the Android SDK, you must install the optional Intel HAXM drivers. Intel HAXM ドライバーを正常にインストールするには、Windows から Hyper-V 機能を削除する必要がある場合があります。You may have to remove the Hyper-V feature from Windows to install the Intel HAXM drivers successfully. Windows Phone エミュレーターおよび Microsoft Visual Studio Emulator for Android を使用するには、Hyper-V 機能を復元する必要があります。You must restore the Hyper-V feature to use the Windows Phone emulators and the Microsoft Visual Studio Emulator for Android. 詳しくは、「Android Emulator ハードウェアの高速化」をご覧ください。For more information, see Android Emulator Hardware Acceleration.

  • Android NDKAndroid NDK

    既定では、インストーラーによって Android NDK が C:\ProgramData\Microsoft\AndroidNDK に格納されます。By default, the installer puts the Android NDK in C:\ProgramData\Microsoft\AndroidNDK. Android NDK をもう一度ダウンロードしてインストールすると、NDK のインストールを更新できます。You can download and install the Android NDK again to update the NDK installation.

  • Apache AntApache Ant

    既定では、インストーラーによって Apache Ant が C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Apps に格納されます。By default, the installer puts Apache Ant in C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Apps.

  • Microsoft Visual Studio Emulator for AndroidMicrosoft Visual Studio Emulator for Android

    Microsoft Visual Studio Emulator for Android は、コードをテストおよびデバッグするのに役立つ、オプションのエミュレーターです。Microsoft Visual Studio Emulator for Android is an optional emulator useful for testing and debugging your code. Visual Studio Emulator for Android のリリース後に、Google は Intel の HAXM によるハードウェア アクセラレーションを使うように Android エミュレーターを更新しました。After the release of Visual Studio Emulator for Android, Google updated their Android emulator to use hardware acceleration through Intel’s HAXM. 可能な場合は、Google の高速化されたエミュレーターを使うことをお勧めします。最新の Android OS イメージと Google Play サービスにアクセスできます。We recommend you use Google’s accelerated emulator when you can, as it offers access to the latest Android OS images and Google Play services.

ほとんどの場合、Visual Studio によって、インストールしたサードパーティ製ソフトウェアの構成が検出され、内部環境変数にインストール パスが保持されます。In most cases, Visual Studio can detect the configurations for the third-party software you've installed, and maintains the installation paths in internal environment variables. これらのクロス プラットフォーム開発ツールの既定のパスは、Visual Studio IDE でオーバーライドできます。You can override the default paths of these cross-platform development tools in the Visual Studio IDE.

サード パーティのツールのパスを設定するにはTo set the paths for third-party tools

  1. Visual Studio のメニュー バーで、[ツール] > [オプション] の順に選びます。On the Visual Studio menu bar, select Tools > Options.

  2. [オプション] ダイアログ ボックスで、 [クロス プラットフォーム] > [C++] > [Android] の順に選びます。In the Options dialog box, select Cross Platform > C++ > Android.

    Android ツールのパス オプションAndroid tool path options

  3. ツールが使用するパスを変更するには、パスの横にあるチェック ボックスをオンにして、テキスト ボックスでフォルダー パスを編集します。To change the path used by a tool, check the checkbox next to the path, and edit the folder path in the textbox. 参照ボタン (...) を使用して [場所を選択] ダイアログを開き、フォルダーを選ぶこともできます。You can also use the browse button (...) to open a Select location dialog to choose the folder.

  4. [OK] を選んで、カスタム ツール フォルダーの場所を保存します。Choose OK to save the custom tool folder locations.

参照See Also