Visual Studio と XamarinVisual Studio and Xamarin

Xamarin はネイティブの iOS、Android、および Windows のアプリを一般的な C#/.NET コード ベースから構築するためのモバイル アプリ開発プラットフォームであり、プラットフォーム間で 75% ~ほぼ 100% のコードの再利用を達成しています。Xamarin is a mobile app development platform for building native iOS, Android, and Windows apps from a common C#/.NET code base, achieving 75% to nearly 100% code reuse between platforms. Xamarin と C# で記述されたアプリは、基礎となるプラットフォーム API にフル アクセスでき、ネイティブ ユーザー インターフェイスを構築する機能を装備しています。プラットフォーム固有のパッケージにコンパイルするので、実行時のパフォーマンスにほとんど影響を与えることがありません。Apps written with Xamarin and C# have full access to underlying platform APIs and the ability to build native user interfaces, and compile to platform-specific packages so there is little impact on runtime performance. (注: Xamarin は F# もサポートしていますが、このドキュメントでは C# のみを扱います。(Note: Xamarin also supports F#, but this documentation will focus on C# only. Visual Basic は現時点ではサポートされていません。)Visual Basic is not supported at this time.)

さらに良いことに、C#、.NET、および Visual Studio に慣れている開発者は、Android、iOS、および Windows デバイスでのリモート デバッグなど、モバイル アプリを Xamarin で開発する場合、Objective-C または Java のようなネイティブのコーディング言語を習得しなくても、同じ機能と生産性を享受できます。Better still, developers familiar with C#, .NET, and Visual Studio will enjoy the same the power and productivity when working with Xamarin for mobile apps, including remote debugging on Android, iOS, and Windows devices—without having to learn native coding languages like Objective-C or Java. これは驚くことではありません。NASCAR、Aviva や MixRadio のような、素晴らしいユーザー インターフェイスを持つ高性能なアプリの多くは、Xamarin を使用して作成されているからです。It's little surprise, then, that many high performance apps with beautiful user interfaces—such as NASCAR, Aviva, and MixRadio—have been built using Xamarin.

このドキュメントでは、以下の項目を通して Xamarin を使用した Visual Studio のすべての機能を評価することができます。This documentation helps you evaluate the full capabilities of Visual Studio with Xamarin to build these experiences.

注意

これらの手順では、Windows および Visual Studio を背景とした場合の最も簡単で単純なコンピューターの構成について説明します。These instructions describe the easiest and most straightforward computer configuration for those that have a Windows and Visual Studio background. この構成を使用すると、Mac と対話するだけで iOS シミュレーターとテザリングされたデバイスを使用できるので、開発作業全体が簡略化されます。With this configuration, the overall development experience is simplified because you only need to interact with the Mac to use the iOS simulator and tethered device. Mac に慣れている場合には、Parallels/VMWare 内の Visual Studio を実行するか、Xamarin Studio Community を使用することをお勧めします。If you instead come from a Mac background, we recommend either running Visual Studio inside Parallels/VMWare or using Xamarin Studio Community. 詳細については、「Setup, install, and verifications for Mac users」(Mac ユーザー向けのセットアップ、インストール、および 検証) をご覧ください。Refer to Setup, install, and verifications for Mac users for instructions.

注意

HTML および CSS ベースでのクロスプラットフォーム開発ソリューションをお探しの場合は、「Cross-Platform Development in Visual Studio」(Visual Studio でのクロスプラットフォーム開発) に説明されている Visual Studio Tools for Apache Cordova をご確認ください。If you're looking for a cross-platform development solution based on HTML and CSS, check out the Visual Studio Tools for Apache Cordova as described in Cross-Platform Development in Visual Studio.