新しい接続を追加するAdd new connections

データベースまたはサービスへの接続をテストし、サーバーエクスプローラーCloud Explorer、またはSQL Server オブジェクトエクスプローラーを使用して、データベースの内容とスキーマを調べることができます。You can test your connection to a database or service, and explore database contents and schemas, by using Server Explorer, Cloud Explorer, or SQL Server Object Explorer. これらのウィンドウの機能は、いくつかの範囲に重なっています。The functionality of these windows overlaps to some extent. 基本的な違いは次のとおりです。The basic differences are:

  • サーバー エクスプローラーServer Explorer

    Visual Studio に既定でインストールされます。Installed by default in Visual Studio. を使用すると、接続をテストし、SQL Server データベース、ADO.NET プロバイダーがインストールされている他のデータベース、および一部の Azure サービスを表示できます。Can be used to test connections and view SQL Server databases, any other databases that have an ADO.NET provider installed, and some Azure services. また、システムパフォーマンスカウンター、イベントログ、メッセージキューなどの下位レベルのオブジェクトも表示されます。Also shows low-level objects such as system performance counters, event logs, and message queues. データソースに ADO.NET プロバイダーがない場合は、ここに表示されませんが、プログラムによって接続することで、Visual Studio から使用することができます。If a data source has no ADO.NET provider, it won't show up here, but you can still use it from Visual Studio by connecting programmatically.

  • Cloud ExplorerCloud Explorer

    このウィンドウは、 Visual Studio Marketplaceから Visual Studio 拡張機能として手動でインストールします。Install this window manually as a Visual Studio extension from Visual Studio Marketplace. Azure サービスを探索して接続するための特別な機能を提供します。Provides specialized functionality for exploring and connecting to Azure services.

  • SQL Server オブジェクト エクスプローラーSQL Server Object Explorer

    SQL Server Data Tools と共にインストールされ、 [表示] メニューに表示されます。Installed with SQL Server Data Tools and visible under the View menu. 表示されない場合は、コントロールパネルの プログラムと機能 に移動し、Visual Studio を見つけて、変更 を選択して、SQL Server Data Tools のチェックボックスをオンにしてインストーラーを再実行します。If you don't see it there, go to Programs and Features in Control Panel, find Visual Studio, and then select Change to re-run the installer after selecting the check box for SQL Server Data Tools. SQL Server オブジェクトエクスプローラーを使用すると、SQL データベース (ADO.NET プロバイダーがある場合) を表示したり、新しいデータベースを作成したり、スキーマを変更したり、ストアドプロシージャを作成したり、接続文字列を取得したり、データを表示したりすることができます。Use SQL Server Object Explorer to view SQL databases (if they have an ADO.NET provider), create new databases, modify schemas, create stored procedures, retrieve connection strings, view the data, and more. ADO.NET プロバイダーがインストールされていない SQL データベースはここに表示されませんが、プログラムによってそれらに接続することはできます。SQL databases that have no ADO.NET provider installed won't show up here, but you can still connect to them programmatically.

サーバーエクスプローラーに接続を追加するAdd a connection in Server Explorer

データベースへの接続を作成するには、サーバーエクスプローラー[接続の追加] アイコンをクリックするか、 [データ接続] ノードでサーバーエクスプローラーを右クリックして [接続の追加] を選択します。To create a connection to the database, click the Add Connection icon in Server Explorer, or right-click in Server Explorer on the Data Connections node and select Add Connection. ここでは、別のサーバー、SharePoint サービス、または Azure サービスのデータベースに接続することもできます。From here, you can also connect to a database on another server, a SharePoint service, or an Azure service.

サーバーエクスプローラー新しい接続 アイコン

[接続の追加] ダイアログボックスが表示されます。This brings up the Add Connection dialog box. ここでは、SQL Server LocalDB インスタンスの名前を入力しました。Here, we have entered the name of the SQL Server LocalDB instance.

新しい接続を追加する

プロバイダーを変更するChange the provider

データソースが不要な場合は、 [変更] ボタンをクリックして、新しいデータソースや新しい ADO.NET データプロバイダーを選択します。If the data source is not what you want, click the Change button to choose a new data source and/or a new ADO.NET data provider. 新しいプロバイダーは、構成方法に応じて、資格情報を要求する場合があります。The new provider might ask for your credentials, depending on how you configured it.

AD0.NET Data Provider の変更

接続をテストするTest the connection

データソースを選択したら、 [接続テスト] をクリックします。After you have chosen the data source, click Test Connection. 成功しない場合は、ベンダーのドキュメントに基づいてトラブルシューティングを行う必要があります。If it doesn't succeed, you will need to troubleshoot based on the vendor's documentation.

テスト接続

テストが成功すると、データソースを作成する準備が整います。これは、基になるデータベースまたはサービスに基づくデータモデルを意味する Visual Studio の用語です。If the test succeeds, you are ready to create a data source, which is a Visual Studio term that really means a data model that is based on the underlying database or service.

関連項目See also