Visual Studio でインストールされた UWP アプリ パッケージをデバッグするDebug an installed UWP app package in Visual Studio

Visual Studio は Windows 10 コンピューターと Xbox、HoloLens、IoT デバイスにインストールされたユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ パッケージをデバッグすることができます。Visual Studio can debug installed Universal Windows Platform (UWP) app packages on Windows 10 computers and Xbox, HoloLens, and IoT devices.

注意

インストールされた UWP アプリの Visual Studio でのデバッグはスマートフォンではサポートされていません。Visual Studio debugging for installed UWP apps is not supported on phones.

UWP アプリのデバッグの詳細については、インストールされているアプリ パッケージのデバッグユニバーサル Windows アプリ (UWP) のビルドに関するブログ記事を参照してください。For more information about debugging UWP apps, see the blog posts on debugging installed app packages and building Universal Windows Apps (UWP).

ローカル コンピューターにインストールされている UWP アプリをデバッグするDebug an installed UWP app on a local machine

  1. Visual Studio で、 [デバッグ] > [その他のデバッグ ターゲット] > [インストールされているアプリ パッケージのデバッグ] の順に選択します。In Visual Studio, select Debug > Other Debug Targets > Debug Installed App Package.

  2. [インストールされているアプリ パッケージのデバッグ] ダイアログの [接続の種類] で、 [ローカル コンピューター] を選択します。In the Debug Installed App Package dialog, under Connection Type, select Local Machine.

  3. [インストールされているアプリ パッケージ] で、デバッグするアプリを選択するか、検索ボックスにその名前を入力します。Under Installed App Packages, select the app you want to debug, or type its name in the search box. インストール済みで実行されていないアプリ パッケージは、 [実行されていません] の下に表示され、実行中のアプリは [実行中] の下にあります。Non-running installed app packages appear under Not running, and running apps are under Running.

    DebugInstalledAppPackageDebugInstalledAppPackage

  4. 必要に応じて、 [このコードの種類をデバッグ] でコードの種類を変更し、その他のオプションを選択します。If necessary, change the code type under Debug this code type, and select other options.

    • アプリの起動時にデバッグを開始するには、 [Do not launch, but debug my code when it starts](起動しない。ただし起動時にはコードをデバッグする) を選択します。Select Do not launch, but debug my code when it starts to start debugging when the app starts. アプリの起動時にデバッグを開始する方法は、カスタム パラメーターを使用したプロトコルのアクティベーションなど、さまざまな起動方法から制御パスをデバッグする場合に効果的です。Starting debugging when the app launches is an effective way to debug control paths from different launch methods, such as protocol activation with custom parameters.
  5. [開始] を選択するか、アプリが実行されている場合は [アタッチ] を選択します。Select Start, or if the app is running, select Attach.

注意

Visual Studio で [デバッグ] > [プロセスにアタッチ] を選択して、実行中の UWP またはその他のアプリ プロセスにアタッチすることもできます。You can also attach to any running UWP or other app process by selecting Debug > Attach to Process in Visual Studio. 実行中のプロセスにアタッチするために元の Visual Studio プロジェクトは必要ありませんが、アプリのシンボルを読み込むことは、元のコードがないプロセスをデバッグする際に、非常に役立ちます。You don't need the original Visual Studio project to attach to a running process, but loading the app's symbols will help significantly when debugging a process that you don't have the original code for. デバッガーでのシンボル ファイルとソース ファイルの指定に関する記事を参照してください。See Specify symbol and source files in the debugger.

リモート コンピューターまたはリモート デバイスでインストールされている UWP アプリをデバッグするDebug an installed UWP app on a remote computer or device

Windows 10 デバイスまたは Creators Update 後のリモートの Windows 10 コンピューターにインストールされている UWP アプリが Visual Studio で初めてデバッグすると、ターゲット デバイスにリモート デバッグ ツールがインストールされます。The first time Visual Studio debugs an installed UWP app on a Windows 10 device or a remote post-Creator's Update Windows 10 computer, it installs the remote debugging tools on the target device.

  1. Visual Studio コンピューターとリモート デバイスまたはコンピューターの両方で、開発者モードを有効にしますEnable developer mode on the Visual Studio computer and the remote device or computer.

  2. Creators Update 前の Windows 10 を実行しているリモート コンピューターに接続している場合は、リモート コンピューターでリモート デバッガーを手動でインストールし、起動しますIf you are connecting to a remote computer running pre-Creator's Update Windows 10, manually install and start the remote debugger on the remote computer.

  3. Visual Studio コンピューターで、 [デバッグ] > [その他のデバッグ ターゲット] > [インストールされているアプリ パッケージのデバッグ] の順に選択します。On the Visual Studio computer, select Debug > Other Debug Targets > Debug Installed App Package.

  4. [インストールされているアプリ パッケージのデバッグ] ダイアログの [接続の種類] で、 [リモート コンピューター] または [デバイス] を選択します。In the Debug Installed App Package dialog, under Connection Type, select Remote Machine or Device.

    [デバイス] を選択した場合は、コンピューターが Windows 10 デバイスに物理的に接続されている必要があります。If you select Device, your computer must be physically connected to a Windows 10 device.

    リモート コンピューターで、 [アドレス] の横にコンピューター アドレスが表示されない場合は、 [変更] を選択します。For a remote machine, if the computer address doesn't appear next to Address, select Change.

    1. [リモート接続] ダイアログ ボックスの [アドレス] の横に、接続先のコンピューターの名前または IP アドレスを入力します。In the Remote Connection dialog box, next to Address, type the name or IP address of the computer you want to connect to.

      ChooseRemoteComputerChooseRemoteComputer

      デバッガーがコンピューター名を使用してリモート コンピューターに接続できない場合は、代わりに IP アドレスを使用します。If the debugger can't connect to a remote computer using the computer name, use the IP address instead. Xbox、HoloLens、または IoT デバイスの IP アドレスを使用します。Use the IP address for Xbox, HoloLens, or IoT devices.

    2. [認証モード] の横にある認証オプションを選択します。Select an authentication option next to Authentication Mode.

      ほとんどのアプリでは、既定値の [ユニバーサル (暗号化されていないプロトコル)] をそのまま使用します。For most apps, keep the default value, Universal (Unencrypted Protocol).

    3. [選択] を選択します。Select Select.

  5. [インストールされているアプリ パッケージ] で、デバッグするアプリを選択するか、検索ボックスにその名前を入力します。Under Installed App Packages, select the app you want to debug, or type its name in the search box. インストール済みで実行されていないアプリ パッケージは、 [実行されていません] の下に表示され、実行中のアプリは [実行中] の下にあります。Non-running installed app packages appear under Not running, and running apps are under Running.

  6. 必要に応じて、 [このコードの種類をデバッグ] でコードの種類を変更し、その他のオプションを選択します。If necessary, change the code type under Debug this code type, and select other options.

    • アプリの起動時にデバッグを開始するには、 [Do not launch, but debug my code when it starts](起動しない。ただし起動時にはコードをデバッグする) を選択します。Select Do not launch, but debug my code when it starts to start debugging when the app starts. アプリの起動時にデバッグを開始する方法は、カスタム パラメーターを使用したプロトコルのアクティベーションなど、さまざまな起動方法から制御パスをデバッグする場合に効果的です。Starting debugging when the app launches is an effective way to debug control paths from different launch methods, such as protocol activation with custom parameters.
  7. [開始] を選択するか、アプリが実行されている場合は [アタッチ] を選択します。Select Start, or if the app is running, select Attach.

接続されている Xbox、HoloLens、または IoT デバイスにインストールされているアプリ パッケージのデバッグを初めて開始すると、Visual Studio によってターゲット デバイスの正しいバージョンのリモート デバッガーがインストールされます。When you start debugging an installed app package on a connected Xbox, HoloLens, or IoT device for the first time, Visual Studio installs the correct version of the remote debugger for your target device. リモート デバッガーのインストールには時間がかかることがあります。その間、 [リモート デバッガーを開始しています] のメッセージが表示されます。Installing the remote debugger may take some time, and the message Starting remote debugger displays while it is happening.

注意

現時点では、Xbox または HoloLens デバイスはデバッガーがアタッチされた状態でアプリを再起動します (既に実行されていた場合)。Currently, an Xbox or HoloLens device restarts the app with the debugger attached if it was already running.

UWP アプリのリモート展開の詳細については、UWP アプリの展開とデバッグに関する記事と、「リモート コンピューター上の UWP アプリのデバッグ」を参照してください。For more information on remote deployment of UWP apps, see Deploy and debug UWP apps and Debug UWP apps on remote machines.

関連項目See also