デバッガーの設定と準備

適用対象:yesVisual Studio noVisual Studio for Mac noVisual Studio Code

このセクションでは、デバッガー関連のプロパティ設定と、 Visual Studio デバッガーを使用してプログラムをデバッグするために必要な準備について説明します。 Visual Studio でプロジェクト テンプレートを使ってプログラムを作成する場合、これらの設定はデバッグ構成で正しく設定されます。

詳細については、デバッグ構成とリリース構成を設定する」を参照してください。

このセクションの内容

方法: デバッガーの設定を指定する: [オプション] ダイアログ ボックスでのデバッガーの設定について説明します。

デバッガーのプロジェクト設定: デバッガー設定の指定方法、デバッグ構成とリリース構成の設定方法、およびシンボルとソース コードの管理方法について説明します。 また、C++、C#、F#、Visual Basic のデバッグ構成、および Web プロジェクトのための適切なプロジェクト設定についても説明します。

DLL プロジェクトのデバッグ: DLL プロジェクトのデバッグに推奨されるプロジェクト設定、DLL プロジェクトからデバッグする方法、混合モードでデバッグする方法、およびマネージ コード Web コントロール ライブラリをデバッグする方法について説明します。

コンソール プロジェクト: デバッグのためのコンソール プロジェクトの構成手順について説明します。

方法: Visual Studio ソリューションの一部ではない実行可能ファイルをデバッグする: Visual Studio プロジェクトの一部として作成されていない実行可能ファイルをデバッグする方法について説明します。

64 ビット アプリケーションをデバッグする: 64 ビット アプリケーションをデバッグする方法について説明します。

方法: デバッグ用に古い .NET Framework のバージョンを指定する: レジストリ キーを設定して、使用するバージョンをデバッガーに指定する方法について説明します。

関連項目