Visual Studio でのユニバーサル Windows アプリ (UWP) をデバッグするDebug Universal Windows Apps (UWP) in Visual Studio

Visual Studio デバッガーは、UWP アプリのデバッグを完全にサポートしています。The Visual Studio debugger provides complete support for debugging UWP apps. UWP デバッグ タスクについては、次の記事を参照してください。See the following articles for UWP debug tasks.

デバッグ タスクDebug task 記事Article
ローカル コンピューター、リモートまたは接続されたデバイス、またはアプリ シミュレーターで UWP アプリを実行します。Run UWP apps on a local machine, remote or connected device, or app simulator. UWP アプリのデバッグ セッションを開始するStart a debugging session for a UWP app
ローカルとリモートの両方で配置されたアプリをデバッグします。Debug deployed apps, both local and remote. インストールされているアプリケーション パッケージをデバッグするDebug an installed app package
実行中の XAML コードを記述およびデバッグするWrite and debug running XAML code XAML ホット リロードを使用すると、UWP XAML オブジェクトのビジュアル ツリーを調べたり、ツリーに含まれるオブジェクトの依存関係プロパティを表示したりすることができます。You can use XAML Hot Reload to explore the visual tree of a UWP XAML object and view the dependency properties for the objects in that tree. このトピックでは、XAML ホット リロードの使用方法について説明します。This topic describes how to use XAML Hot Reload.
デバッグ中にXAML のプロパティを調べるInspect XAML properties while debugging ライブ ビジュアル ツリーを使用すると、UWP XAML オブジェクトのビジュアル ツリーを調べたり、ツリーに含まれるオブジェクトの依存関係プロパティを表示したりすることができます。You can use the Live Visual Tree to explore the visual tree of a UWP XAML object and view the dependency properties for the objects in that tree.
UWP アプリでの ContentPrefetcher クラスの効果を分析します。Analyze the effect of the ContentPrefetcher class on UWP apps. UWP アプリのコンテンツをプリフェッチするPrefetch content for UWP apps

関連項目See also