グラフィックス ログ ドキュメント

グラフィックス ログのドキュメントは、アプリがグラフィックス診断のセッションで実行されているときに発生したグラフィックス イベントのレコードです。 記録した後で、Visual Studio Graphics Analyzer でログを確認して、レンダリングとパフォーマンスの問題を診断することができます。

グラフィックス ログのドキュメントは Graphics Analyzer で次のように表示されます。

キャプチャされた 2 つのフレームを含むグラフィックス ログ。

グラフィックス ログのドキュメントについて

Graphics Analyzer を使用してグラフィックス ログのドキュメントを調べることにより、キャプチャ中に発生した、レンダー ターゲットに対する Direct3D イベントの効果を視覚化できます。 予期しない出力を含むレンダー ターゲットの領域を特定できます。 影響を受けている領域のピクセルを選択すると、グラフィックス診断を使用してそのピクセル、シェーダー、影響を与えた Direct3D イベント、それらのイベントが発生したアプリケーションの呼び出し履歴、およびそれらのイベントをサポートする DirectX オブジェクトを検査できます。 この情報を使用して、ゲームまたはアプリケーションのレンダリングの問題を診断できます。

[Graphics Experiment.vsglog] ウィンドウの上部には、選択したフレームの現在のレンダー ターゲットの出力、下部にはキャプチャされたフレームのサムネイル イメージを含む [フレーム一覧] が表示されます。

フレームを検査するには

  • [フレーム一覧] から、検査するフレームを選択します。 グラフィックス ログのドキュメントの上部のレンダー ターゲットの出力が更新されて、選択したフレームが表示されます。

ピクセルを検査するには

  • グラフィックス ログのドキュメントの上部で、レンダー ターゲットの出力から目的のピクセルを選択します。 ピクセルを選択すると、 [グラフィックス ピクセル履歴] ウィンドウを使用して選択したピクセルについての詳細情報が参照できます。 詳細については、「ピクセル履歴」を参照してください。

再生コンピューター

[フレーム一覧] の右上隅には、 [再生コンピューター] も表示されます。 再生コンピューターは、後のグラフィックス診断のセッション中にグラフィックス ログ ファイルからグラフィックス イベントを再生するために使用されるコンピューターまたはデバイスです。 開発用コンピューターの代わりに別のデバイスを使用し、キャプチャしたイベントを再生することにより、問題が発生する実行環境をより正確に再現できます。たとえば、開発用コンピューターとは異なるグラフィックス ハードウェアまたはドライバーを使用するコンピューター、または ARM ベースの Windows RT タブレットや Windows Phone デバイスなどのデバイスを使用できます。

再生コンピューターを指定する方法の詳細については、「方法: グラフィックス診断再生マシンを変更する」を参照してください。

グラフィックス ログの概要情報

グラフィックス ログ ファイルがアクティブ ドキュメントの場合、 [プロパティ] ウィンドウには、グラフィックス診断キャプチャ セッションをホストしていた環境に関する情報が表示されます。 複数のカテゴリの情報が表示されます。

Direct3D 情報: キャプチャ セッション中に使用されたディスプレイ アダプターのハードウェア機能およびドライバー機能に関する情報を一覧表示します。

プロパティ 説明
10 ビット XR ハイカラー形式 10 ビット XR ハイカラー形式がサポートされている場合は True。それ以外の場合は False
DirectCompute CS 4.x 計算シェーダー 4.0 がサポートされている場合は True。それ以外の場合は False
倍精度シェーダー ディスプレイ アダプターで倍精度 (64 ビット) 浮動小数点値がサポートされている場合は True。それ以外の場合は False
ドライバーのコマンド一覧 ドライバーでコマンド一覧がサポートされている場合は True。それ以外の場合は False
ドライバーの同時作成 ドライバーで同時 (非同期) 作成がサポートされている場合は True。それ以外の場合は False
拡張形式 (BGRA、その他) BGRA などの拡張形式がサポートされている場合は True。それ以外の場合は False
最大 HW 機能レベル ディスプレイ アダプターによってサポートされる最高機能レベルを表示します。

表示情報: キャプチャ セッション中に使用されたディスプレイ アダプターに関する情報を一覧表示します。

プロパティ 説明
説明 ディスプレイ アダプターの説明文字列。
表示メモリ グラフィックス アダプターにインストールされているメモリの量。
ドライバー名 グラフィックス アダプターのドライバーの名前。
ドライバー バージョン グラフィックス アダプターのドライバーのバージョン。
Name グラフィックス アダプターの名前。

エクスペリメント ファイル: キャプチャ セッションに関連付けられたエクスペリメント ファイルに関する情報を一覧表示します。

プロパティ 説明
パス .vsglog ファイルのパス。 注: レガシー キャプチャでは、このプロパティは使用されません。

モジュール情報: キャプチャ セッション中にアプリケーションによって読み込まれたダイナミック リンク ライブラリ (DLL) の名前とバージョンを一覧表示します。

システム情報: キャプチャ セッション中にアプリケーションをホストしていたハードウェアおよびオペレーティング システムに関する情報を一覧表示します。

プロパティ 説明
メモリ コンピューターにインストールされているメモリの量。
OS のアーキテクチャ オペレーティング システムのターゲット CPU アーキテクチャ。
OS バージョン オペレーティング システムのバージョン。
プロセッサ コンピューターにインストールされているプロセッサ。
ターゲット アプリケーションのアーキテクチャ アプリケーションのターゲット CPU アーキテクチャ。 これは OS のアーキテクチャ とは異なります。

ターゲット アプリケーション: キャプチャ セッションの対象であるアプリケーションに関する情報を一覧表示します。

プロパティ 説明
最終更新日時 アプリケーションがビルドされた日時。
パス アプリケーションのパス。
プロセス ID アプリケーションに指定されたプロセス ID。
Version アプリケーションのバージョン。

VSG ログ ファイル: グラフィックス ログのドキュメントに関する情報を一覧表示します。

プロパティ 説明
作成者 グラフィックス ログのドキュメントを作成したアプリの名前。 たとえば、キャプチャ セッションが Visual Studio (手動キャプチャ) から開始された場合、このプロパティの値は Visual Studio です。
セッション開始時刻 キャプチャ セッションを開始した日付と時刻。
Size グラフィックス ログのドキュメントのサイズ。

関連項目