方法: Spy++ の起動How to: Start Spy++

Spy++ は、Visual Studio またはコマンド プロンプトから起動できます。You can start Spy++ either from Visual Studio or at a command prompt.

Spy++ を起動すると、コンピューターを変更をするためのアクセス許可を求めるメッセージが表示される場合は、 [はい] を選択します。When you start Spy++, if a message is displayed to ask permission to make changes to the computer, select Yes.

注意

Spy++ のインスタンスは 1 つだけ実行できます。You can run only one instance of Spy++. 2 番目のインスタンスを起動しようとすると、現在実行中のインスタンスにフォーカスが設定されるだけです。If you try to start a second instance, it just causes the currently running instance to get the focus.

必須コンポーネントPrerequisites

Spy++ には、次のコンポーネントが必要です。Spy++ requires the following components. これらのコンポーネントを Visual Studio インストーラーから選択するには、 [個別のコンポーネント] タブを選択し、次のコンポーネントを選択します。You can select these components from the Visual Studio Installer by selecting the Individual Components tab, and then selecting the following components.

  • [デバッグとテスト] で、 [C++ のプロファイル ツール] を選択しますUnder Debugging and testing, select C++ profiling tools
  • [開発作業] で、 [C++ コア機能] を選択しますUnder Development activities, select C++ core features

変更を行った場合は、画面の指示に従ってこれらのコンポーネントをインストールします。If you made any changes, follow the prompts to install these components.

Visual Studio から Spy++ を起動するStart Spy++ from Visual Studio

[ツール] メニューの [Spy++] を選択します。On the Tools menu, select Spy++.

Spy++ は独立して実行されるため、起動した後で Visual Studio を閉じることができます。Because Spy++ runs independently, after you start it you can close Visual Studio.

注意

Spy++ でメッセージをログに記録すると、オペレーティング システムのパフォーマンスが低下する可能性があります。When you log messages with Spy++, it may cause the operating system to perform more slowly.

コマンド プロンプトで Spy++ を起動するStart Spy++ at a command prompt

  1. コマンド プロンプト ウィンドウで、ディレクトリを spyxx.exe が含まれるフォルダーに変更します。In a Command Prompt window, change directories to the folder that contains spyxx.exe. 通常、このフォルダーへのパスは ..\<Visual Studio インストール フォルダー>\Common7\Tools\ です。Typically, the path to this folder is ..\Visual Studio installation folder\Common7\Tools\.

  2. spyxx.exe」と入力します。Enter spyxx.exe.

関連項目See also