C# デバッグ構成のプロジェクト設定Project settings for C# debug configurations

変更することができますC#プロジェクトのデバッグ設定で、 [デバッグ] タブビルド タブのプロジェクトのプロパティ ページ。You can change C# project debug settings in the Debug tab and Build tab of the project property pages.

プロジェクトを選択すると、プロパティ ページを開くには、ソリューション エクスプ ローラーを選び、プロパティアイコン、またはプロジェクトを右クリックし、選択プロパティします。To open the property pages, select the project in Solution Explorer and then select the Properties icon, or right-click the project and select Properties.

詳細については、デバッグ構成とリリース構成に関するページを参照してください。For more information, see Debug and release configurations.

Important

これらの設定は、.NET Core、ASP.NET、または UWP アプリに適用されません。These settings don't apply to .NET Core, ASP.NET, or UWP apps. UWP アプリのデバッグの設定を構成するを参照してください。 UWP アプリのデバッグ セッションを開始します。To configure debug settings for UWP apps, see Start a debugging session for a UWP app.

[デバッグ] タブDebug tab

設定Setting 説明Description
構成Configuration アプリを構築するためのモードを設定します。Sets mode for building the app. 選択アクティブ (Debug)デバッグリリース、またはすべて構成ドロップダウン リストから。Select Active (Debug), Debug, Release, or All Configurations from the dropdown.
開始動作Start action 選択すると、アクションを指定します開始デバッグ構成でします。Specifies the action when you select Start in a Debug configuration.
既定値は - [プロジェクトの開始] で、デバッグのスタートアップ プロジェクトを起動します。- Start project is the default, and launches the startup project for debugging. 詳細については、次を参照してください。スタートアップ プロジェクトを選択します。For more information, see Choose the startup project.
- 外部プログラムの開始始まりはないアプリにアタッチの一部をVisual StudioVisual Studioプロジェクト。- Start external program starts and attaches to an app that is not part of a Visual StudioVisual Studio project. 詳細については、次を参照してください。 、デバッガーでプロセスを実行中にアタッチします。For more information, see Attach to running processes with the debugger.
- URL でブラウザーを起動web アプリをデバッグすることができます。- Start browser with URL lets you debug a web app.
開始オプション > コマンドライン引数Start options > Command-line arguments デバッグ中のアプリ用のコマンドライン引数を指定します。Specifies command-line arguments for the app being debugged. コマンド名で指定したアプリ名は、外部プログラムの開始します。The command name is the app name specified in Start external program.
開始オプション > 作業ディレクトリStart options > Working directory アプリのデバッグ中の作業ディレクトリを指定します。Specifies the working directory of the app being debugged. C#、作業ディレクトリは \bin\debug既定。In C#, the working directory is \bin\debug by default.
開始オプション > リモート コンピューターの使用Start options > Use remote machine リモート デバッグでは、このオプションを選択し、リモート デバッグ ターゲットの名前を入力またはMsvsmon サーバー名します。For remote debugging, select this option and enter the name of the remote debugging target, or an Msvsmon server name.
リモート コンピューター上のアプリの場所が指定された、出力パスプロパティをビルドタブ。また、EXE ファイルがリモート コンピューターの共有ディレクトリにあることも必要です。The location of an app on the remote machine is specified by the Output Path property on the Build tab. The location must be a shareable directory on the remote machine.
デバッガー エンジン > アンマネージ コード デバッグを有効にします。Debugger engine > Enable unmanaged code debugging 管理対象アプリからネイティブ (アンマネージ) Win32 コードへの呼び出しをデバッグします。Debugs calls to native (unmanaged) Win32 code from the managed app.
デバッガー エンジン > を有効にする SQL Server のデバッグDebugger engine > Enable SQL Server debugging SQL Server データベース オブジェクトをデバッグします。Debugs SQL Server database objects.

[ビルド] タブBuild tab

設定Setting 説明Description
一般的な > 条件付きコンパイル シンボルGeneral > Conditional compilation symbols 選択されている場合は、デバッグとトレースの定数を定義します。Define the DEBUG and TRACE constants if selected.

これらの定数により、Debug クラスTrace クラスの条件付きコンパイルが有効になります。These constants enable conditional compilation of the Debug class and Trace class. これらの定数を定義すると、Debug クラスと Trace クラスのメソッドによって出力ウィンドウに出力が生成されます。With these constants defined, Debug and Trace class methods generate output to the Output window. これらの定数を定義しない場合、Debug クラスと Trace クラスのメソッドはコンパイルされず、出力も生成されません。Without these constants, Debug and Trace class methods are not compiled, and no output is generated.

通常、デバッグはビルドのデバッグ バージョンで定義され、リリース バージョンで定義されていません。Usually, DEBUG is defined in the Debug version of a build and undefined in the Release version. トレースは、デバッグとリリースの両方のバージョンで定義されます。TRACE is defined in both the Debug and Release versions.
一般的な > コードの最適化General > Optimize code バグは、最適化されたコードでのみが表示されたら、しない限り、この設定はデバッグ ビルドには選択されていないままにします。Unless a bug appears only in optimized code, leave this setting deselected for Debug builds. 最適化されたコードは、命令がソース コード内のステートメントに直接対応していないためにをデバッグするに難しくなります。Optimized code is harder to debug, because instructions do not correspond directly to statements in the source code.
出力 > 出力パスOutput > Output path 通常は、デバッグ用の bin\Debug に設定します。Typically set to bin\Debug for debugging.
高度なボタンAdvanced button 高度なデバッグ オプションについては、次を参照してください。ビルドの詳細設定 ダイアログ ボックス (C#)します。For information on advanced debugging options, see Advanced build settings dialog box (C#). シンボルの移植可能な形式 ( .pdb) ファイルは、.NET Core アプリの最近使用したクロス プラットフォーム形式。The portable format for symbol (.pdb) files is a recent cross-platform format for .NET Core apps.

関連項目See also