Visual Studio での配置の概要First look at deployment in Visual Studio

他のコンピューター、デバイス、サーバー、クラウドにインストールする目的でアプリケーション、サービス、またはコンポーネントを配布する手法として配置が行われます。By deploying an application, service, or component, you distribute it for installation on other computers, devices, or servers, or in the cloud. 必要な配置の種類に合わせて、Visual Studio で適切な手法を選択します。You choose the appropriate method in Visual Studio for the type of deployment that you need. (コマンド ラインによる配置や NuGet など、その他の配置ツールに対応しているアプリの種類はたくさんありますが、それらのツールについてはここでは触れていません。)(Many app types support other deployment tools such as command line deployment or NuGet that are not described here.)

詳細な配置手順については、クイックスタートとチュートリアルをご覧ください。See the Quickstarts and Tutorials for step-by-step deployment instructions. 配置オプションの概要については、「状況に適した発行オプション」を参照してください。For an overview of deployment options, see What publishing options are right for me?.

ローカル フォルダーに配置するDeploy to local folder

ローカル フォルダーへの配置は通常、テスト目的で使用されます。あるいは、最終的な配置に別のツールを使用する段階式配置を開始する目的で使用されます。Deployment to a local folder is typically used for testing, or to begin a staged deployment in which another tool is used for final deployment.

  • ASP.NETASP.NET CoreNode.jsPython、.NET Core:発行ツールを使用して、ローカル フォルダーに配置します。ASP.NET, ASP.NET Core, Node.js, Python, and .NET Core: Use the Publish tool to deploy to a local folder. 利用できるオプションは厳密にはアプリの種類によって異なります。The exact options available depend on your app type. ソリューション エクスプローラーで、プロジェクトを右クリックし、 [発行] を選択します。In Solution Explorer, right-click your project and choose Publish. (発行プロファイルを以前に構成していない場合、 [新しいプロファイルの作成] をクリックする必要があります。)次に [フォルダー] を選択します。(If you have not previously configured any publishing profiles, you must then click Create new profile.) Next, choose Folder. 詳細については、「ローカル フォルダーに配置する」を参照してくださいFor more information, see Deploy to a local folder.

    [発行] を選択する

  • Windows デスクトップ: ClickOnce 配置を使用し、フォルダーに Windows デスクトップ アプリケーションを発行できます。Windows desktop You can publish a Windows desktop application to a folder using ClickOnce deployment. その後、ユーザーはシングル クリックでアプリケーションをインストールできます。Users can then install the application with a single click. 詳細については、ClickOnce を使用したデスクトップ アプリの配置に関するページ (C# と Visual Basic) を参照してください。For more information, see Deploy a desktop app using ClickOnce (C# and Visual Basic). C++/CLR については、ClickOnce を使用したネイティブ アプリの配置に関するページを、C/C++ については、セットアップ プロジェクトを使用したネイティブ アプリの配置に関するページを参照してください。For C++/CLR, see Deploy a native app using ClickOnce or, for C/C++, see Deploy a native app using a Setup project.

Azure に発行するPublish to Azure

  • ASP.NETASP.NET CorePythonNode.js:次のいずれかの方法を使用して、Azure App Service または Azure App Service Linux (コンテナーを使用) に発行します。ASP.NET, ASP.NET Core, Python, and Node.js: Publish to Azure App Service or Azure App Service Linux (using containers) using one of the following methods.

    • アプリの継続的 (または自動的) なデプロイの場合は、Azure Pipelines で Azure DevOps を使用します。For continuous (or automated) deployment of apps, use Azure DevOps with Azure Pipelines.

    • アプリを一回だけ (手動で) 配置する場合、Visual Studio の [発行] ツールを使用します。For one-time (or manual) deployment of apps, use the Publish tool in Visual Studio.

    サーバー構成のカスタマイズ機能が多い配置の場合、 [発行] ツールを使用し、Azure Virtual Machine にアプリを配置することもできます。For deployment that provides more customized configuration of the server, you can also use the Publish tool to deploy apps to an Azure Virtual Machine.

    [発行] ツールを使用するには、ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、 [発行] を選択します。To use the Publish tool, right-click the project in Solution Explorer and choose Publish. (発行プロファイルを以前に構成している場合、 [新しいプロファイルの作成] をクリックする必要があります。)[発行] ダイアログ ボックスで、 [App Service] または [Azure Virtual Machines] を選択し、構成手順に従います。(If you have previously configured any publishing profiles, you must then click Create new profile.) In the Publish dialog box, choose either App Service or Azure Virtual Machines, and then follow the configuration steps.

    Azure App Service を選択するChoose Azure App Service

    Visual Studio 2017 バージョン 15.7 以降では、ASP.NET Core アプリを Linux 用 App Service に配置できます。Starting in Visual Studio 2017 version 15.7, you can deploy ASP.NET Core apps to App Service for Linux.

    Python アプリについては、Python で Azure App Service に発行する方法に関するページも参照してください。For Python apps, also see Python - Publishing to Azure App Service.

    概要については、Azure に発行する方法に関するページと Linux に発行する方法に関するページを参照してください。For a quick introduction, see Publish to Azure and Publish to Linux. Azure に ASP.NET Core アプリを発行する方法に関するページも参照してください。Also, see Publish an ASP.NET Core app to Azure. Git を使用した配置については、Git を使用して Azure に ASP.NET Core を継続的に配置する方法に関するページを参照してください。For deployment using Git, see Continuous deployment of ASP.NET Core to Azure with Git.

    Azure App Service から Visual Studio に発行プロファイルをインポートする方法については、発行設定のインポートと Azure へのデプロイに関するページを参照してください。For information on importing a publish profile from Azure App Service to Visual Studio, see Import publish settings and deploy to Azure.

    Note

    Azure アカウントをお持ちでない場合、こちらから新規登録できます。If you do not already have an Azure account, you can sign up here.

Web に発行するか、ネットワーク共有に配置するPublish to Web or deploy to network share

  • ASP.NETASP.NET CoreNode.jsPython:発行ツールを使用することで、FTP または Web 配置を使って Web サイトに配置できます。ASP.NET, ASP.NET Core, Node.js, and Python: You can use the Publish tool to deploy to a website using FTP or Web Deploy. 詳細については、Web サイトに配置する方法に関するページを参照してください。For more information, see Deploy to a web site.

    ソリューション エクスプローラーで、プロジェクトを右クリックして、 [発行] を選択します。In Solution Explorer, right-click the project and choose Publish. (発行プロファイルを以前に構成している場合、 [新しいプロファイルの作成] をクリックする必要があります。)発行ツールで、必要なオプションを選択し、構成手順に従います。(If you have previously configured any publishing profiles, you must then click Create new profile.) In the Publish tool, choose the option you want and follow the configuration steps.

    IIS や FTP などを選択します。

    Visual Studio に発行プロファイルをインポートする方法については、発行設定のインポートと IIS への配置に関するページを参照してください。For information on importing a publish profile in Visual Studio, see Import publish settings and deploy to IIS.

    ASP.NET のアプリケーションとサービスは他にもさまざまな方法で配置できます。You can also deploy ASP.NET applications and services in a number of other ways. 詳細については、ASP.NET の Web アプリケーション/サービスを配置する方法に関するページをご覧ください。For more information, see Deploying ASP.NET web applications and services.

  • Windows デスクトップ: ClickOnce 配置を使用し、Web サーバーまたはネットワーク ファイル共有に Windows デスクトップ アプリケーションを発行できます。Windows desktop You can publish a Windows desktop application to a web server or a network file share using ClickOnce deployment. その後、ユーザーはシングル クリックでアプリケーションをインストールできます。Users can then install the application with a single click. 詳細については、ClickOnce を使用したデスクトップ アプリの配置に関するページ (C# と Visual Basic) を参照してください。For more information, see Deploy a desktop app using ClickOnce (C# and Visual Basic). C++/CLR については、ClickOnce を使用したネイティブ アプリの配置に関するページを、C/C++ については、セットアップ プロジェクトを使用したネイティブ アプリの配置に関するページを参照してください。For C++/CLR, see Deploy a native app using ClickOnce or, for C/C++, see Deploy a native app using a Setup project.

Microsoft Store に発行するPublish to Microsoft Store

Visual Studio から、Microsoft Store に配置するためのアプリ パッケージを作成できます。From Visual Studio, you can create app packages for deployment to Microsoft Store.

  • UWP:アプリをパッケージ化し、メニュー項目を使用してそれを配置できます。UWP: You can package your app and deploy it using menu items. 詳細については、Visual Studio を使用して UWP アプリをパッケージ化する方法に関するページをご覧ください。For more information, see Package a UWP app by using Visual Studio.

    アプリケーション パッケージの作成

  • Windows デスクトップ:Visual Studio 2017 バージョン 15.4 以降では、デスクトップ ブリッジを使用して Microsoft Store に配置できます。Windows desktop: You can deploy to the Microsoft Store using the Desktop Bridge starting in Visual Studio 2017 version 15.4. これを行うには、まず Windows アプリケーション パッケージ プロジェクトを作成します。To do this, start by creating a Windows Application Packaging Project. 詳細については、「Package a desktop app for Microsoft Store (Desktop Bridge)」(Microsoft ストアのデスクトップ アプリをパッケージ化する (デスクトップ ブリッジ)) を参照してください。For more information, see Package a desktop app for Microsoft Store (Desktop Bridge).

    デスクトップ ブリッジ

.NET パッケージを NuGet.org に配置するDeploy .NET packages to NuGet.org

これらのパッケージを使用するプロジェクトで必要とされる他のコンテンツと共にコンパイル済みのコードを (DLL として) 含む "パッケージ" にバンドルされたコードを配置するには、Visual Studio を使用して NuGet パッケージと CLI ツールを作成し、最終デプロイ コマンドを発行します。To deploy bundled code into "packages" that contain compiled code (as DLLs) along with other content needed in the projects that consume these packages, you can use Visual Studio to create the NuGet package and a CLI tool to issue the final deployment command.

デバイスに配置する (UWP)Deploy to a device (UWP)

デバイスでテストする目的で UWP アプリを配置する場合、Visual Studio からリモート コンピューター上で UWP アプリを実行する方法に関するページを参照してください。If you are deploying a UWP app for testing on a device, see Run UWP apps on a remote machine in Visual Studio.

インストーラー パッケージを作成する (Windows デスクトップ)Create an installer package (Windows desktop)

デスクトップ アプリケーションを ClickOnce でできることよりも複雑な方法でインストールする必要がある場合、Windows インストーラー パッケージ (MSI または EXE インストール ファイル) またはカスタム ブートストラップを作成できます。If you require more a complex installation of a desktop application than ClickOnce can provide, you can create a Windows Installer package (MSI or EXE installation file) or a custom bootstrapper.

  • MSI ベースのインストーラー パッケージを WiX Toolset Extension を使用して作成できます。An MSI-based installer package can be created using the WiX Toolset Extension. これはコマンドライン ツールセットです。This is a command-line toolset.

    Visual Studio 2019 については、WiX Toolset Visual Studio 2019 Extension を取得します。For Visual Studio 2019, get the WiX Toolset Visual Studio 2019 Extension.

  • MSI または EXE インストーラー パッケージは Flexera Software の InstallShield を使用して作成できます。An MSI or EXE installer package can be created using InstallShield from Flexera Software. InstallShield は Visual Studio 2017 以降のバージョンで使用できます (Community Edition はサポートされていません)。InstallShield may be used with Visual Studio 2017 and later versions (Community Edition not supported). InstallShield Limited Edition は Visual Studio に含まれなくなっており、Visual Studio 2017 以降のバージョンではサポートされていないことに注意してください。今後の使用可能性については、Flexera Software にお問い合わせください。Note that InstallShield Limited Edition is no longer included with Visual Studio and is not supported in Visual Studio 2017 and later versions; check with Flexera Software about future availability.

  • MSI または EXE インストーラー パッケージはセットアップ プロジェクト (vdproj) を使用して作成できます。An MSI or EXE installer package can be created using a Setup project (vdproj). このオプションを使用するには、Visual Studio Installer Projects 拡張機能をインストールします。To use this option, install the Visual Studio Installer Projects extension.

  • ブートストラップと呼ばれる汎用インストーラーを構成する方法でデスクトップ アプリケーションの必須コンポーネントをインストールすることもできます。You can also install prerequisite components for desktop applications by configuring a generic installer, which is known as a bootstrapper. 詳細については、「Application Deployment Prerequisites」 (アプリケーション配置の必要条件) を参照してください。For more information, see Application Deployment Prerequisites.

テスト ラボに配置するDeploy to test lab

アプリケーションを仮想環境に配置することで、より高度な開発と試験が可能になります。You can enable more sophisticated development and testing by deploying your applications into virtual environments. 詳細については、ラボ環境のテストに関するページを参照してください。For more information, see Test on a lab environment.

継続的配置Continuous deployment

Azure Pipelines を使用し、アプリの継続的配置を有効にできます。You can use Azure Pipelines to enable continuous deployment of your app. 詳細については、Azure Pipelines に関するページと Azure に配置する方法に関するページを参照してください。For more information, see Azure Pipelines and Deploy to Azure.

SQL データベースを配置するDeploy a SQL database

他の種類のアプリを配置するDeployment for other app types

アプリの種類App type 配置シナリオDeployment Scenario LinkLink
Office アプリOffice app Visual Studio から Office 用のアドインを発行できます。You can publish an add-in for Office from Visual Studio. Office アドインを配置し、発行するDeploy and publish your Office add-in
WCF または OData サービスWCF or OData service Web サーバーに配置した WCF RIA サービスを他のアプリケーションで使用できます。Other applications can use WCF RIA services that you deploy to a web server. WCF Data Services の開発と配置Developing and deploying WCF Data Services
LightSwitchLightSwitch LightSwitch は、Visual Studio 2017 以降ではサポートされていませんが、Visual Studio 2015 以前からは引き続き配置できます。LightSwitch is no longer supported starting in Visual Studio 2017, but can still be deployed from Visual Studio 2015 and earlier. LightSwitch アプリケーションの配置Deploying LightSwitch Applications

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、さまざまなアプリケーションの配置オプションを簡単に見てきました。In this tutorial, you took a quick look at deployment options for different applications.