方法: ClickOnce 配置で個々の必要条件にサポート URL を指定するHow to: Specify a support URL for individual prerequisites in a ClickOnce deployment

AClickOnceClickOnce数のクライアント コンピューターで使用する必要がある前提条件の展開をテストできます、ClickOnceClickOnceアプリケーションを実行します。A ClickOnceClickOnce deployment can test for a number of prerequisites that must be available on the client computer for the ClickOnceClickOnce application to run. これらの依存関係には、.NET Framework、オペレーティング システムでは、およびグローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) にプレインストールする必要があるすべてのアセンブリのバージョンの必要な最小バージョンが含まれます。These dependencies include the required minimum version of the .NET Framework, the version of the operating system, and any assemblies that must be preinstalled in the global assembly cache (GAC). ClickOnceClickOnce、ただし、インストールできませんこれらの前提条件のいずれか。前提条件が存在しない場合、インストールを中止し、インストールが失敗した理由を説明するダイアログ ボックスが表示されます。, however, cannot install any of these prerequisites itself; if a prerequisite is not found, it simply halts installation and displays a dialog box explaining why the installation failed.

前提条件をインストールするための 2 つの方法はあります。There are two methods for installing prerequisites. ブートス トラップ アプリケーションを使用してインストールすることができます。You can install them using a bootstrapper application. また、前提条件が存在しない場合、ダイアログ ボックスでユーザーに表示される個別の前提条件のサポート URL を指定できます。Alternatively, you can specify a support URL for individual prerequisites, which is displayed to users on the dialog box if the prerequisite is not found. この URL で参照されているページは、必須の前提条件をインストールするための手順へのリンクを含めることができます。The page referenced by that URL can contain links to instructions for installing the required prerequisite. アプリケーションが、個別の前提条件に関するサポート URL を指定しない場合ClickOnceClickOnce定義されている場合、全体として、アプリケーションの配置マニフェストで指定されたサポート URL を表示します。If an application does not specify a support URL for an individual prerequisite, ClickOnceClickOnce displays the support URL specified in the deployment manifest for the application as a whole, if it is defined.

中にVisual StudioVisual StudioMage.exe、およびMageUI.exeすべて生成に使用することができますClickOnceClickOnce展開では、これらのツールを直接サポートを個別のサポート URL を指定します。前提条件。While Visual StudioVisual Studio, Mage.exe, and MageUI.exe can all be used to generate ClickOnceClickOnce deployments, none of these tools directly support specifying a support URL for individual prerequisites. このドキュメントは、実際のデプロイを変更する方法を説明しますアプリケーション マニフェストと配置マニフェストに含まれる Url をサポートします。This document describes how to modify your deployment's application manifest and deployment manifest to include these support URLs.

個々 の前提条件のサポート URL を指定しますSpecify a support URL for an individual prerequisite

  1. アプリケーション マニフェストを開きます (、 .manifestファイル) のClickOnceClickOnceテキスト エディターでアプリケーション。Open the application manifest (the .manifest file) for the ClickOnceClickOnce application in a text editor.

  2. オペレーティング システムの前提条件を追加、supportUrl属性をdependentOS要素。For an operating system prerequisite, add the supportUrl attribute to the dependentOS element:

     <dependency>
        <dependentOS supportUrl="http://www.adatum.com/MyApplication/wrongOSFound.htm">
          <osVersionInfo>
            <os majorVersion="5" minorVersion="1" buildNumber="2600" servicePackMajor="0" servicePackMinor="0" />
          </osVersionInfo>
        </dependentOS>
      </dependency>
    
  3. 共通言語ランタイムの特定のバージョンの前提条件を追加、supportUrl属性をdependentAssembly共通言語ランタイムの依存関係を示すエントリ。For a prerequisite for a certain version of the common language runtime, add the supportUrl attribute to the dependentAssembly entry that specifies the common language runtime dependency:

      <dependency>
        <dependentAssembly dependencyType="preRequisite" allowDelayedBinding="true" supportUrl=" http://www.adatum.com/MyApplication/wrongClrVersionFound.htm">
          <assemblyIdentity name="Microsoft.Windows.CommonLanguageRuntime" version="4.0.30319.0" />
        </dependentAssembly>
      </dependency>
    
  4. アセンブリをグローバル アセンブリ キャッシュにプレインストールする必要がありますの前提条件、設定、supportUrldependentAssembly必要なアセンブリを指定する要素。For a prerequisite for an assembly that must be preinstalled in the global assembly cache, set the supportUrl for the dependentAssembly element that specifies the required assembly:

      <dependency>
        <dependentAssembly dependencyType="preRequisite" allowDelayedBinding="true" supportUrl=" http://www.adatum.com/MyApplication/missingSampleGACAssembly.htm">
          <assemblyIdentity name="SampleGACAssembly" version="5.0.0.0" publicKeyToken="04529dfb5da245c5" processorArchitecture="msil" language="neutral" />
        </dependentAssembly>
      </dependency>
    
  5. 省略可能です。Optional. 配置マニフェストを開いて、.NET Framework 4 を対象とするアプリケーション (、 .applicationファイル) のClickOnceClickOnceテキスト エディターでアプリケーション。For applications that target the .NET Framework 4, open the deployment manifest (the .application file) for the ClickOnceClickOnce application in a text editor.

  6. .NET Framework 4 の前提条件では、追加、supportUrl属性をcompatibleFrameworks要素。For a .NET Framework 4 prerequisite, add the supportUrl attribute to the compatibleFrameworks element:

    <compatibleFrameworks  xmlns="urn:schemas-microsoft-com:clickonce.v2" supportUrl="http://adatum.com/MyApplication/CompatibleFrameworks.htm">
      <framework targetVersion="4.0" profile="Client" supportedRuntime="4.0.30319" />
      <framework targetVersion="4.0" profile="Full" supportedRuntime="4.0.30319" />
    </compatibleFrameworks>
    
  7. アプリケーション マニフェストを手動で変更した後、デジタル証明書を使用してアプリケーション マニフェストに再署名更新にも、配置マニフェストに再署名をする必要があります。Once you have manually altered the application manifest, you must re-sign the application manifest using your digital certificate, then update and re-sign the deployment manifest as well. 使用して、 Mage.exeまたはMageUI.exe SDK ツールを使用してこれらのファイルを再生成すると、このタスクを実行するVisual StudioVisual Studio手動で変更を消去します。Use the Mage.exe or MageUI.exe SDK tools to accomplish this task, as regenerating these files using Visual StudioVisual Studio erases your manual changes. Mage.exe を使用してマニフェストに再署名する詳細については、次を参照してください。方法。アプリケーション マニフェストおよび配置マニフェストに再署名します。For more information on using Mage.exe to re-sign manifests, see How to: Re-sign Application and Deployment Manifests.

.NET Framework のセキュリティ.NET Framework security

サポート URL は、部分信頼で実行するアプリケーションがマークされている場合、ダイアログ ボックスでは表示されません。The support URL is not displayed on the dialog box if the application is marked to run in partial trust.

関連項目See also