Visual Studio の Kubernetes ツールを概要します。Get started with Visual Studio Kubernetes Tools

Visual Studio の Kubernetes ツールは、Kubernetes を対象とするコンテナー化されたアプリケーションの開発を合理化に役立ちます。The Visual Studio Kubernetes Tools help streamline the development of containerized applications targeting Kubernetes. Visual Studio では、Dockerfile と Helm グラフなど、Kubernetes のデプロイをサポートするために必要なコードとしての構成ファイルを自動的に作成できます。Visual Studio can automatically create the configuration-as-code files needed to support Kubernetes deployment, such as Dockerfiles and Helm charts. Azure 開発用のスペースを使用してライブ Azure Kubernetes Service (AKS) クラスターでコードをデバッグまたはから AKS クラスターに直接発行することが Visual Studio 内で。You can debug your code in a live Azure Kubernetes Service (AKS) cluster using Azure Dev Spaces, or publish directly to an AKS cluster from inside Visual Studio.

このチュートリアルでは、Visual Studio を使用して、Kubernetes のサポートをプロジェクトに追加し、AKS を公開するについて説明します。This tutorial covers using Visual Studio to add Kubernetes support to an project and publish to AKS. 使用して、主に関心がある場合Azure Dev スペースにジャンプできるでデバッグして AKS で実行されているプロジェクトをテストする、 Azure Dev スペース チュートリアル代わりにします。If you are primarily interested in using Azure Dev Spaces to debug and test your project running in AKS, you can jump to the Azure Dev Spaces tutorial instead.

必須コンポーネントPrerequisites

この新しい機能を活用するには、必要があります。To leverage this new functionality, you'll need:

  • 最新バージョンのVisual Studio 2017で、 ASP.NET および web 開発ワークロード。The latest version of Visual Studio 2017 with the ASP.NET and web development workload.

  • For Visual Studio の Kubernetes ツール、個別のダウンロードとして入手できます。The Kubernetes tools for Visual Studio, available as a separate download.

  • Windows の docker開発用ワークステーションにインストールされている (つまり、Visual Studio を実行)、Docker イメージを作成する場合は、ローカルで実行されている Docker コンテナーをデバッグまたは AKS に発行します。Docker for Windows installed on your development workstation (that is, where you run Visual Studio), if you wish to build Docker images, debug Docker containers running locally, or publish to AKS. (Docker はいないのビルドと Azure 開発用のスペースを使用して AKS での Docker コンテナーのデバッグに必要な)。(Docker is not required for building and debugging Docker containers in AKS using Azure Dev Spaces.)

  • Visual Studio から AKS に発行するかどうか (いないAzure 開発用のスペースを使用して AKS でのデバッグに必要な)。If you wish to publish to AKS from Visual Studio (not required for debugging in AKS using Azure Dev Spaces):

    1. 発行ツール AKS、個別のダウンロードとして入手できます。The AKS publishing tools, available as a separate download.

    2. Azure Kubernetes サービス クラスターの場合。An Azure Kubernetes Service cluster. 詳細については、次を参照してください。 AKS クラスターを作成するします。For more information, see Creating an AKS cluster. 必ずクラスターに接続する開発ワークステーションから。Be sure to connect to the cluster from your development workstation.

    3. Helm CLI の開発ワークステーションにインストールします。Helm CLI installed on your development workstation. 詳細については、次を参照してください。 Helm のインストールします。For more information see Installing Helm.

    4. Helm を使用して、AKS クラスターに対して構成されている、helm initコマンド。Helm configured against your AKS cluster by using the helm init command. これを行う方法の詳細については、次を参照してください。 Helm を構成する方法します。For more information on how to do this, see How to configure Helm.

新しい Kubernetes プロジェクトを作成します。Create a new Kubernetes project

適切なツールをインストールした後は、Visual Studio を起動し、新しいプロジェクトを作成します。Once you have the appropriate tools installed, launch Visual Studio and create a new project. クラウド、選択、 Kubernetes のコンテナー アプリケーションをプロジェクトの種類。Under Cloud, choose the Container Application for Kubernetes project type. このプロジェクトの種類を選択して、 OKします。Select this project type and choose OK.

新しい Kubernetes アプリ プロジェクトの作成のスクリーン ショット

ASP.NET Core の種類は、web アプリケーションを作成し、選択できます。You can then choose which type of ASP.NET Core web application to create. 選択Web アプリケーション選択OKします。Choose Web Application and choose OK. 通常、 Docker サポートを有効にするオプションは、このダイアログ ボックスでは表示されません。The usual Enable Docker Support option does not appear on this dialog. Docker のサポートは、Kubernetes のコンテナー アプリケーションに対して既定で有効です。Docker support is enabled by default for a container application for Kubernetes.

Web アプリの選択のスクリーン ショット

Kubernetes のサポートを既存のプロジェクトに追加します。Add Kubernetes support to an existing project

または、既存の ASP.NET Core web アプリケーション プロジェクトに、Kubernetes のサポートを追加できます。Alternatively, you can add Kubernetes support to an existing ASP.NET Core web application project. これを行う、プロジェクトを右クリックし、選択追加 > コンテナー オーケストレーター サポートします。To do this, right-click on the project, and choose Add > Container Orchestrator Support.

メニュー項目を追加するコンテナー オーケストレーターのスクリーン ショット

ダイアログ ボックスで、"Kubernetes Helm"を選択し、選択OKします。In the dialog box, select “Kubernetes/Helm” and choose OK.

ダイアログ ボックスを追加するコンテナー オーケストレーターのスクリーン ショット

Visual Studio を作成します。What Visual Studio creates for you

新たに作成した後はKubernetes のコンテナー アプリケーションをKubernetes へのデプロイを容易に、プロジェクトでいくつか追加ファイルを表示するプロジェクトまたは既存のプロジェクトへの Kubernetes コンテナー オーケストレーター サポートの追加。After creating a new Container Application for Kubernetes project or adding Kubernetes container orchestrator support to an existing project, you see some additional files in your project that facilitate deploying to Kubernetes.

コンテナー オーケストレーター サポートを追加した後ソリューション Explorer のスクリーン ショット

追加されたファイルは次のとおりです。The added files are:

  • この web アプリケーションをホストしているコンテナー イメージを使用すると、Docker を生成する Dockerfile。a Dockerfile, which allows you to generate a Docker container image hosting this web application. 後ほど説明するよう Visual Studio ツールはデバッグと Kubernetes に展開するときにこの Dockerfile を活用します。As you'll see, the Visual Studio tooling leverages this Dockerfile when debugging and deploying to Kubernetes. Docker イメージを直接操作したい場合は、Dockerfile を右クリックし、選択Docker イメージのビルドします。If you prefer to work directly with the Docker image, you can right-click on the Dockerfile and choose Build Docker Image.

    スクリーン ショットの Docker イメージのビルド オプション

  • Helm チャート、およびグラフフォルダー。a Helm chart, and a charts folder. これらの yaml ファイルは、アプリケーションでは、Kubernetes にデプロイする際の Helm チャートを構成します。These yaml files make up the Helm chart for the application, which you can use to deploy it to Kubernetes. Helm の詳細については、次を参照してください。 https://www.helm.shします。For more information on Helm, see https://www.helm.sh.

  • azds.yamlします。azds.yaml. これには、Azure 開発スペースは、Azure Kubernetes サービスで迅速で反復的なデバッグ エクスペリエンスの設定が含まれています。This contains settings for Azure Dev Spaces, which provides a rapid, iterative debugging experience in Azure Kubernetes Service. 詳細についてを参照してくださいAzure Dev スペース ドキュメントします。For more information, please reference the Azure Dev Spaces documentation.

Azure Kubernetes Service (AKS) への公開します。Publish to Azure Kubernetes Service (AKS)

これらすべてのファイルの場所で使用するがいつもと同じようを作成して、アプリケーション コードをデバッグ、Visual Studio IDE を使用できます。With all these files in place, you can use the Visual Studio IDE to write and debug your application code, just as you always have. 使用することもAzure Dev スペースをすばやく実行し、AKS クラスターでライブ実行するコードをデバッグします。You can also use Azure Dev Spaces to quickly run and debug your code running live in an AKS cluster. 詳細についてを参照してください、 Azure 開発用のスペースのチュートリアルFor more information, please reference the Azure Dev Spaces tutorial

作成したら、希望どおりに実行されているコードを AKS クラスターに Visual Studio から直接発行することができます。Once you have your code running the way you want, you can publish directly from Visual Studio to an AKS cluster.

これを行うには、まずに再確認をインストールしているすべてのもの」の説明に従って、の前提条件AKS に発行するための項目の下のセクションし、リンクで指定されたすべてのコマンドライン手順を実行します。To do this, you first need to double-check that you've installed everything as described in the Prerequisites section under the item for publishing to AKS, and run through all the command line steps given in the links. 次に、コンテナー イメージを Azure Container Registry (ACR) を発行する発行プロファイルを設定します。Then, set up a publish profile that publishes your container image to Azure Container Registry (ACR). AKS は ACR からコンテナー イメージをプルし、クラスターに配置できます。Then AKS can pull your container image from ACR and deploy it into the cluster.

  1. ソリューション エクスプ ローラーを右クリックし、プロジェクト選択発行します。In Solution Explorer, right-click on your project and choose Publish.

    メニュー項目の発行のスクリーン ショット

  2. 発行画面で、選択Container Registry発行を対象とし、指示に従って、コンテナー レジストリを選択します。In the Publish screen, choose Container Registry as the publish target, and follow the prompts to select your container registry. コンテナー レジストリがまだしていない場合は、選択新しい Azure コンテナー レジストリの作成Visual Studio から作成します。If you don't already have a container registry, choose Create New Azure Container Registry to create one from Visual Studio. 詳細については、次を参照してください。 Azure Container Registry にコンテナーを発行します。For more information, see Publish your container to Azure Container Registry.

    Pick 発行ターゲットの画面のスクリーン ショット

  3. ソリューション エクスプ ローラーでバックアップを右クリックして、ソリューション をクリックPublish to Azure AKSします。Back in Solution Explorer, right click on your solution and click Publish to Azure AKS.

    Azure AKS のメニュー項目のスクリーン ショットの発行

  4. 自分のサブスクリプションと、AKS クラスターを選択して、ACR と共に作成したプロファイルを発行します。Choose your subscription and your AKS cluster, along with the ACR publish profile that you just created. 次に、 [OK] をクリックします。Then click OK.

    AKS の画面をスクリーン ショットの発行

    これにより、 Publish to Azure AKS画面。This takes you to the Publish to Azure AKS screen.

  5. 選択、構成 Helmサーバー上の Helm チャートをインストールするために使用するコマンド行の更新へのリンク。Choose the Configure Helm link to update the command line used to install the Helm charts on the server.

    Helm の構成のスクリーン ショットのリンク

    コマンド行を更新することなど別の Kubernetes コンテキストまたはグラフの名前を指定するカスタムのコマンドライン引数がある場合に便利です。Updating the command line is useful if there are custom command line arguments that you wish to specify, such as a different Kubernetes context or chart name.

    スクリーン ショットの Helm の構成画面

  6. 展開する準備ができたら、クリックして、発行AKS にアプリケーションを発行するボタンをクリックします。When you are ready to deploy, click the Publish button to publish your application to AKS.

    Azure AKS 画面のスクリーン ショットに発行します。

おめでとうございます! Congratulations! すべての Kubernetes アプリ開発用 Visual Studio の全機能を使えるようになりました。You can now use the full power of Visual Studio for all your Kubernetes app development.

次の手順Next steps

読み取ることによって Azure で Kubernetes 開発に関する詳細、 AKS のドキュメントします。Learn more about Kubernetes development on Azure by reading the AKS documentation.

詳細については、Azure 開発用のスペースを読み取るして、 Azure 開発用のスペースのドキュメントLearn more about Azure Dev Spaces by reading the Azure Dev Spaces documentation