XAML デザイナーでのオブジェクトのアニメーション化Animate objects in XAML Designer

オブジェクトを動かす短いアニメーションを作成したり、フェードインとフェードアウトを行うことができます。You can create short animations that move objects, or fade them in and out.

最初に、 ストーリー ボードを作成します。To get started, create a storyboard. ストーリー ボードには、1 つ以上の タイムラインがあります。A storyboard contains one or more timelines. タイムライン上で キーフレーム を設定してプロパティの変更をマークします。Set keyframes on a timeline to mark property changes. 次に、アニメーションの実行時に、Blend は、指定した期間全体でプロパティの変更を補間します。Then, when you run the animation, Blend interpolates the property changes over the designated period of time. 結果として、移行がスムーズになります。The result is a smooth transition. オブジェクトに属する任意のプロパティをアニメーション化できます。非視覚プロパティでも同様です。You can animate any property that belongs to an object, even nonvisual properties.

次の図は、「 MoveUp」という名前のストーリーボードを示しています。The following illustration shows a storyboard named MoveUp. タイムラインには、四角形の X と Y 位置をマークするキーフレームが含まれています。The timeline contains keyframes that mark the X and Y position of a rectangle. このアニメーションを実行すると、四角形はある位置から別の位置にスムーズに移動します。When this animation runs, the rectangle moves from one position to another smoothly.

XAML デザイナーの MoveUp ストーリーボード

関連項目See also