Blend におけるデータの表示

ページのレイアウトをカスタマイズする際、デザイナーでサンプル データを表示できます。 サンプル データは最初から、または既存のクラスを使用して生成できます。 また、アプリの実行時にアプリに表示される ライブ データ にも接続できます。

このトピックの内容

サンプル データの生成

サンプル データを生成するには、XAML ドキュメントを開きます。 [データ] パネルで、[サンプル データの作成] ボタン、[新しいサンプル データ] の順に選びます。

[データ] パネルでデータ構造を定義してから、いずれかのページの UI 要素にバインドします。

アプリの実行時にページにサンプル データを表示する場合は、 [データ ソース オプション] を選択してから、 [アプリケーション実行中に有効にする]を選択します。

短いビデオを見る: インストール済みフィーチャーの構成 一からサンプル データを作成する

短いビデオを見る: インストール済みフィーチャーの構成 Blend でデータ バインドを作成する

クラスからサンプル データを生成する

データの構造を記述するクラスを既に作成した場合は、そこからサンプル データを生成できます。

クラスからサンプル データを生成するには、XAML ドキュメントを開いてから、[データ] パネルで [サンプル データの作成] ボタン、[クラスからのサンプル データの作成] の順に選択します。

短いビデオを見る: インストール済みフィーチャーの構成 クラスからサンプル データを作成する

短いビデオを見る: インストール済みフィーチャーの構成 Blend でデータ バインドを作成する

WPF アプリケーションでライブ データを表示する

短いビデオを見る: インストール済みフィーチャーの構成 オブジェクト データ ソースを作成する

短いビデオを見る: インストール済みフィーチャーの構成 XML データ ソースを作成する

ストアまたは Phone アプリでライブ データを表示する

データとファイルの操作 (XAML)」を参照してください。

関連項目

Blend for Visual Studio を使用して UI を作成する