図形とパスの描画

XAML デザイナーでは、"図形" とはその名の示すとおりのものです。 たとえば、四角形、円、楕円などです。 パス は、より柔軟なバージョンの図形です。 図形の形状を変更したり、図形を結合して新しい図形を形成するといった操作ができます。

図形とパスではベクター グラフィックスを使用するため、高解像度表示に対応して拡大縮小できます。 ベクター グラフィックスの詳細については、 ベクター グラフィックスに関するビデオベクター グラフィックスに関するページを参照してください。

このトピックの内容

図形の描画

図形は [アセット] パネルにあります。

[アセット] パネルの [図形] カテゴリ

目的の図形をアートボードにドラッグします。 次に、図形にあるハンドルを使用して、図形の拡大縮小、回転、移動、または傾斜を行います。

パスの描画

パスは、直線と曲線が連結して一続きになったものです。 パスを使用すると、 [アセット] パネルでは使用できない面白い図形を作成できます。

パスの描画には直線、ペン、または鉛筆を使用します。 これらのツールは [ツール] パネルにあります。

直線の描画

[ペン] ツール または [直線] ツール を使用します。

ペン ツールの使用

アートボード上で 1 回クリックし、始点を定義します。次に、再度クリックして直線の終わりを定義します。

直線ツールの使用

アートボード上で、直線の始点からドラッグして、終点でマウス ボタンを放します。

曲線の描画

[ペン] ツール を使用します。

アートボード上で 1 回クリックして、直線の始点を定義してから、ポインターをクリックし、ドラッグして目的の曲線を作成します。

パスを閉じる場合は、線上の最初の点をクリックします。

曲線のシェイプの変更

[個別選択] ツール を使用します。

図形をクリックしてから、図形の任意のポイントをドラッグして曲線の形状を変更します。

フリーハンドのパスの描画

[鉛筆] ツール を使用します。

アートボード上で、実際の鉛筆のように自由にパスを描画できます。

パスの一部の削除

[個別選択] ツール を使用します。

削除する部分を含むパスを選択して、 [削除] ボタンをクリックします。

パス内のポイントの削除

[選択] ツール および [ペン] ツール を使用します。

[選択] ツール を使用してパスを選択します。 次に、 [ペン] ツール を使用して、削除するポイントをクリックします。

パスへのポイントの追加

[選択] ツール および [ペン] ツール を使用します。

[選択] ツール を使用してパスを選択します。 [ペン] ツール を使用して、ポイントを追加するパス上の任意の場所をクリックします。

図形のパスへの変換

パスを変更するのと同じ方法で図形を変更するには、図形をパスに変換します。

短いビデオを見る: インストール済みフィーチャーの構成 パスの作業: 図形をパスに変換する

パスの結合

パスと図形を結合して 1 つのパスにすることができます。

結合前の 2 つの図形 交差
合算 重複部分を除外
除算 減算

短いビデオを見る: インストール済みフィーチャーの構成 パスの作業: パスを結合する

複合パスの作成

複合パスを作成するときは、パスの交差している部分が減算されます。複合後のパスのビジュアル プロパティは、最背面にあったパスと同じになります。

複合パスは、作成後はいつでも分離できます。

短いビデオを見る: インストール済みフィーチャーの構成 パスの作業: 複合パスを作成する

クリッピング パスの作成

クリッピング パスは、別のオブジェクトに適用するパスまたは図形です。クリッピング パスの外側のオブジェクトがマスクされて非表示になります。

短いビデオを見る: インストール済みフィーチャーの構成 パスの作業: クリッピング パスを作成する

関連項目

Blend for Visual Studio を使用して UI を作成する