WPF の概要

Windows Presentation Foundation (WPF) は、デスクトップ クライアント アプリケーションを作成する UI フレームワークです。 WPF の開発プラットフォームは、アプリケーション モデル、リソース、コントロール、グラフィックス、レイアウト、データ バインディング、ドキュメント、セキュリティなどのさまざまなアプリケーション開発機能の一式をサポートします。 WPF は .NET Framework のサブセットであるため、以前 ASP.NET や Windows フォームを使用して .NET Framework でアプリケーションを構築したことがあれば、プログラミングには馴染みがあるでしょう。 WPF は、Extensible Application Markup Language (XAML) を使用して、アプリケーションのプログラミング用に、宣言型モデルを提供します。 このセクションには、WPF の紹介のトピックと、WPF の使用を開始するトピックがあります。

開始すべき場所

すぐに使用を開始する… チュートリアル: 初めての WPF デスクトップ アプリケーション

チュートリアル: Azure モバイル サービスに接続された WPF デスクトップ アプリケーションの作成
XAML デザイン ツールの比較 Visual Studio および Blend for Visual Studio での XAML の設計
.NET の初心者向け .NET Framework の概要

アプリケーションの基本事項

Visual C# と Visual Basic の概要
WPF の詳細な説明... WPF の概要

XAML の概要 (WPF)

コントロール

データ バインディングの概要

LINQ to XML による WPF のデータ バインディング
Windows フォームの開発者向け Windows フォーム コントロールおよび同等の WPF コントロール

WPF と Windows フォームの相互運用性に関してサポートするシナリオ

関連項目

クラス ライブラリ (WPF)
アプリケーション開発の概要
.NET ドキュメント ホーム
Windows Presentation Foundation での最新のデスクトップ アプリケーションの作成