リソースを作成して適用する方法How to create and apply a resource

XAML デザイナーで、要素のスタイルとテンプレートは "リソース" という再利用可能なエンティティに保存されます。Styles and templates for elements in the XAML Designer are stored in reusable entities called resources. スタイルを使用すると、要素のプロパティを設定し、それらの設定を複数の要素で再利用することにより、一貫した外観を維持できます。Styles enable you to set element properties and reuse those settings for a consistent appearance across multiple elements. ControlTemplate は、コントロールの外観を定義し、リソースとしての適用も可能です。A ControlTemplate defines the appearance of a control and can also be applied as a resource. 詳細については、「クイック スタート: コントロールのスタイル」および「クイック スタート: コントロール テンプレート」を参照してください。For more info, see Quickstart: styling controls and QuickStart: control templates.

既存のプロパティ、Style、または ControlTemplate から新しいリソースを作成するたびに、[リソースの作成] ダイアログ ボックスで、アプリケーション レベル、ドキュメント レベル、または要素レベルでリソースを定義できます。Whenever you create a new resource from an existing property, Style, or ControlTemplate, the Create Resource dialog box enables you to define the resource at the application level, the document level, or the element level. 定義したレベルに応じて、そのリソースを使用できる場所が決まります。These levels determine where you can use the resource. たとえば、要素レベルで定義したリソースは、そのリソースの作成時に使用した要素にのみ適用できます。For example, if you define the resource at the element level, the resource can be applied only to the element on which you created it. リソースをリソース ディクショナリに格納することも可能です。リソース ディクショナリとは、別のプロジェクトでも再利用できる個別のファイルです。You can also choose to store the resource in a resource dictionary, which is a separate file that you can use again in another project.

新しいリソースを作成するにはTo create a new resource

  1. XAML ファイルを XAML デザイナーで開き、要素を作成するか、または [ドキュメント アウトライン] ウィンドウで要素を選択します。With a XAML file open in XAML Designer, create an element, or choose an element in the Document Outline window.

  2. [プロパティ] ウィンドウで、プロパティ値の右側にボックス型のシンボルとして表示されているプロパティ マーカーを選択し、[新しいリソースに変換] を選択します。In the Properties window, choose the property marker, which appears as a box symbol to the right of a property value, and then choose Convert to New Resource. 白色のボックス シンボルは既定値であることを示し、黒色のボックス シンボルは通常、ローカル リソースが適用されたことを示しますA white box symbol indicates a default value, and a black box symbol typically indicates that a local resource has been applied

    選択したオブジェクトに適したダイログ ボックスが表示されます。The appropriate dialog box for creating a resource appears. ブラシからリソースを作成するときには、次のダイアログ ボックスが表示されます。This dialog box appears when you create a resource from a brush:

    [リソースの作成] ダイアログ ボックスCreate Resource Dialog Box

  3. [名前 (キー)] ボックスに、キー名を入力します。In the Name (Key) box, enter a key name. これは、他の要素からリソースを参照するときに使用できる名前です。This is the name that you can use when you want other elements to reference the resource.

  4. [定義先] で、リソースを定義する場所を指定するオプションを選択します。Under Define in, choose the option that specifies where you want the resource to be defined:

    • リソースをアプリケーション内の任意のドキュメントで使用できるようにするには、[アプリケーション] を選択します。To make the resource available to any document in your application, choose Application.

    • リソースを現在のドキュメントでのみ使用できるようにするには、[このドキュメント] を選択します。To make the resource available to only the current document, choose This document.

    • リソースを作成元の要素またはその子要素でのみ使用できるようにするには、[このドキュメント] を選択し、ドロップダウン リストで [要素: 名前] を選択します。To make the resource available to only the element from which you created the resource or to its child elements, choose This document, and in the drop-down list, select element: name.

    • 他のプロジェクトで再利用できるように、リソースをリソース ディクショナリ ファイル内に定義するには、[リソース ディクショナリ] をクリックして、既存のリソース ディクショナリ ファイル (例: StandardStyles.xaml) をドロップダウン リストから選択します。To define the resource in a resource dictionary file that can be reused in other projects, click Resource dictionary, and then select an existing resource dictionary file, such as StandardStyles.xaml, in the drop-down list.

  5. [OK] をクリックします。リソースが作成され、作成元の要素に適用されます。Choose the OK button to create the resource and apply it to the element from which you created it.

要素またはプロパティにリソースを適用するにはTo apply a resource to an element or property

  1. [ドキュメント アウトライン] ウィンドウで、リソースを適用する先の要素を選択します。In the Document Outline window, choose the element that you want to apply a resource to.

  2. 次のいずれかの操作を行います。Do one of the following:

    • リソースをプロパティに適用します。Apply a resource to a property. [プロパティ] ウィンドウで、プロパティ値の横にあるプロパティ マーカーを選択し、[ローカル リソース] または [システム リソース] を選択し、表示される一覧から使用可能なリソースを選択します。In the Properties window, choose the property marker next to the property value, choose Local Resource or System Resource, and then choose an available resource from the list that appears.

      表示されるはずのリソースが表示されない場合は、リソースの種類がプロパティの種類と一致していない可能性があります。If you don't see a resource that you expect to see, it might be because the type of the resource doesn't match the type of the property.

    • スタイルまたはコントロール テンプレート リソースをコントロールに適用します。Apply a style or control template resource to a control. [ドキュメント アウトライン] ウィンドウでコントロールのコンテキスト メニューを開き、[テンプレートの編集] または [追加テンプレートの編集] を選択し、[リソースの適用] を選択した後、表示される一覧からコントロール テンプレートの名前を選択します。Open the context menu for a control in the Document Outline window, choose Edit Template or Edit Additional Templates, choose Apply Resource, and then choose the name of the control template from the list that appears.

      注意

      [テンプレートの編集] は、コントロール テンプレートを適用するために使用します。Edit Template is used to apply control templates. [追加テンプレートの編集] は、その他の種類のテンプレートを適用するために使用されます。Edit Additional Templates is used to apply other template types.

      リソースは互換性のあるものに適用できます。Resources can be applied wherever they're compatible. たとえば、ブラシ リソースは、<xref:Windows.UI.Xaml.Controls.TextBox> コントロールの [Foreground] プロパティに適用できます。For example, a brush resource can be applied to the Foreground property of a <xref:Windows.UI.Xaml.Controls.TextBox> control.

リソースを編集するにはTo edit a resource

  1. アートボードまたは [ドキュメント アウトライン] ウィンドウで要素を選択します。Choose an element on the artboard or in the Document Outline window.

  2. [プロパティ] ウィンドウで、プロパティの右側にある既定またはローカルのプロパティ マーカーを選択し、[リソースの編集] を選択して [リソースの編集] ダイアログ ボックスを開きます。Choose the Default or Local property marker to the right of the property in the Properties window, and then choose Edit Resource to open the Edit Resource dialog box.

  3. リソースのオプションを変更します。Modify options for the resource.

参照See Also

XAML デザイナーを使用した UI の作成Creating a UI by using XAML Designer