方法: ピボット ポイントの 3-D モデルを変更する

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

このドキュメントでは、3-D モデルの ピボット ポイントを 変更するには、モデル エディターを使用する方法を示します。 ピボット ポイントは、回転やスケーリングのためにオブジェクトの数学的な中心を定義する、空間内のポイントです。

このドキュメントでは、このアクティビティについて説明します。

  • オブジェクトのピボット ポイントの変更

3-D モデルのピボット ポイントを変更する

ピボット ポイントを変更して 3-D モデルの原点を再定義できます。

プロパティ ウィンドウとツールボックスが表示されていることを確認します。

3-D モデルのピボット ポイントを変更します。

  1. 方法: 基本 3-D モデルを作成する」で説明されているような既存の 3-D モデルから開始します。

  2. ピボット モードを入力します。 [モデル エディターのモード] ツール バーで、ピボット モードをアクティブにします [ピボット モード] ボタンをクリックします。 ボックスが [ピボット モード] ボタンの周囲にモデル エディターがピボット モードであることを示します。 ピボット モードでは、変換などの操作は、ワールド空間のオブジェクトの構造体ではなく、オブジェクトのピボット ポイントに影響します。

  3. オブジェクトのピボット ポイントを変更します。 [選択] モードでオブジェクトを選択し、モデル ビューアーのツール バーの [平行移動] をクリックします。 ピボット ポイントを表すボックスがデザイン サーフェイスに表示されます。 ボックスを移動し、オブジェクトのピボット ポイントを変更します。

    ボックスを移動すると、すべての 3 次元でピボット ポイントを移動できます。 単一の軸に沿ってピボット ポイントを平行移動するには、その軸に対応する矢印を移動します。 ボックスおよび矢印は黄色に変わり、平行移動の影響を受けた軸を示します。

    また [プロパティ] ウィンドウの [ピボット変換] プロパティを使用すると、ピボット ポイントを指定できます。

    ヒント

    オブジェクトを回転すると、新しいピボット ポイントの効果を確認できます。 オブジェクトを回転するには、[回転] ツールを使用するか、[回転] プロパティを変更します。

    変更したピボット ポイントを持つモデルがあります:

    変更されたピボット ポイントを持つ家のモデル

参照

方法: 基本 3-D モデルを作成する
モデル エディター