LINQ to XML を使用した WPF のデータ バインディングの例

ここでは、組み込み XML データ ソースにユーザー インターフェイス コンポーネントをバインドする Windows Presentation Foundation (WPF) の例について説明します。 この例 (およびこの例を含む Visual Studio プロジェクト) の名前は、LinqToXmlDataBinding です。

このセクションの内容

トピック 説明
方法: LinqToXmlDataBinding という例をビルドして実行する この例の Visual Studio プロジェクトを作成、設定、およびビルドするための手順について説明します。
チュートリアル: LinqToXmlDataBinding の例 プロジェクトのプライマリ ソース ファイルを示し、このコード内で LINQ to XML がどのようにデータ バインディングに使用されているかについて説明します。

関連項目

LINQ to XML による WPF のデータ バインディング