LINQ to XML を使用した WPF のデータ バインディングの例WPF Data Binding Using LINQ to XML Example

ここでは、組み込み XML データ ソースにユーザー インターフェイス コンポーネントをバインドする Windows Presentation Foundation (WPF) の例について説明します。This section provides a Windows Presentation Foundation (WPF) example that binds user interface components to an embedded XML data source. この例 (およびこの例を含む Visual Studio プロジェクト) の名前は、LinqToXmlDataBinding です。The name of this example (and the Visual Studio project that contains it) is LinqToXmlDataBinding.

このセクションの内容In This Section

トピックTopic 説明Description
方法: LinqToXmlDataBinding という例をビルドして実行するHow to: Build and Run the LinqToXmlDataBinding Example この例の Visual Studio プロジェクトを作成、設定、およびビルドするための手順について説明します。Contains step-by-step instructions on how to create, populate, and build the Visual Studio project for this example.
チュートリアル: LinqToXmlDataBinding の例Walkthrough: LinqToXmlDataBinding Example プロジェクトのプライマリ ソース ファイルを示し、このコード内で LINQ to XML がどのようにデータ バインディングに使用されているかについて説明します。Contains the primary source files for the project and a description of how LINQ to XML is used for data binding within this code.

関連項目See Also

LINQ to XML による WPF のデータ バインディングWPF Data Binding with LINQ to XML