LINQ to XML による WPF のデータ バインディングWPF Data Binding with LINQ to XML

ここでは、Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションでのデータ バインディングのデータ ソースとして LINQ to XML を使用する方法について説明します。This section provides information about how to use LINQ to XML as the data source for data binding in Windows Presentation Foundation (WPF) applications. このシナリオは、System.Xml.Linq.XAttribute および System.Xml.Linq.XElement の特殊な "動的プロパティ" に依存しています。This scenario relies upon special dynamic properties of the System.Xml.Linq.XAttribute and System.Xml.Linq.XElement. ここでは、これらの動的プロパティについても説明します。These dynamic properties are also documented in this section.

このセクションの内容In This Section

トピックTopic 説明Description
LINQ to XML による WPF のデータ バインディングの概要WPF Data Binding with LINQ to XML Overview System.Xml.Linq 名前空間に用意されている動的データ バインド機能を紹介し、WPF のユーザー インターフェイス コンポーネントでこれらの機能をデータ ソースとして使用する方法について説明します。Introduces the dynamic data-binding features provided by the System.Xml.Linq namespace, and explains how these features can be used as a data source for user interface components in the WPF.
LINQ to XML の動的プロパティLINQ to XML Dynamic Properties XAttribute クラスおよび XElement クラスによって公開される動的プロパティの参照情報について説明します。Provides reference information about the dynamic properties exposed by the XAttribute and XElement classes.
LINQ to XML を使用した WPF のデータ バインディングの例WPF Data Binding Using LINQ to XML Example XML データ ソースにユーザー インターフェイス コンポーネントをバインドする WPF の例について説明します。Provides a WPF example that binds user interface components to an XML data source.

参照Reference

System.Xml.Linq

XElement

XAttribute

関連項目See Also

高度な LINQ to XML プログラミングAdvanced LINQ to XML Programming