ヘルプ ビューアーのユーザー補助機能

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

Microsoft は、すべてのユーザーが簡単に使用できる製品とサービスの開発に取り組んでいます。 このトピックでは、広範な範囲の能力を持つユーザーが Microsoft ヘルプ ビューアー 2.2 をさらに使いやすくするためのユーザー補助機能、製品、およびサービスについて説明します。

キーボード アクセス

キーボードを使用してヘルプ ビューアーのすべての機能にアクセスできます。 詳細については、「ショートカット キー (ヘルプ ビューアー)」を参照してください。

Font Size

トピックのテキストがドキュメント ウィンドウに表示されるときのフォント サイズを変更できます。 詳細については、「ヘルプ ビューアーのカスタマイズ」を参照してください。

ウィンドウのサイズ

2 つのウィンドウ間の境界線をポイントすると、ナビゲーション ウィンドウまたはドキュメント ウィンドウの幅を変更できます。 カーソルが 2 方向矢印に変わったら、プライマリ マウス ボタンを使用して境界線を右または左にドラッグします。

ヘルプ ビューアーの位置

別の場所にヘルプ ビューアーのタイトル バーをドラッグすると、ヘルプ ビューアーの位置を変更できます。

Internet Explorer オプション

Web ページがどのように表示されるかに関連する Internet Explorer オプションを変更することによって、ヘルプ ビューアーをより使いやすくすることができます。 詳細については、「ヘルプ ビューアーのカスタマイズ」を参照してください。

参照

Microsoft ヘルプ ビューアー