コード スタイルとクイック アクションCode Styles and Quick Actions

C# および Visual Basic プロジェクトのコード スタイルの優先順位は、[ツール] > [オプション] ウィンドウを開き、[テキスト エディター] > [C#]/[Basic] > [コード スタイル] > [全般] の順に選択して設定できます。Code style preferences can be set for your C# and Visual Basic projects by opening the Tools > Options window, and then selecting Text Editor > C# / Basic > Code Style > General. このウィンドウで設定したオプションは、ローカル コンピューターに適用されます。Options set in this window are applicable to the local machine. 選択すると、次のように、リスト内の各項目について優先順位のプレビューが表示されます。Each item in the list will show a preview of the preference when selected, as shown below.

コード スタイルのオプション

各行のドロップダウン リストを使って、項目ごとに [優先順位][重要度] を設定できます。For each item, you can set the Preference and Severity using the drop downs on each line. 重要度は [なし][提案事項][警告]、または [エラー] に設定でき、Visual Studio は適切に動作します。Severity can be set to None, Suggestion, Warning, or Error, and Visual Studio will behave appropriately. これらのコード スタイルでクイック アクションを使ってコードを優先スタイルに自動的に書き直す場合は、非優先スタイルが使われたときに電球アイコン 小さい電球アイコン が表示されるように、[なし] 以外に設定する必要があります。If you want to use Quick Actions with these code styles to automatically rewrite code to the preferred style, ensure that the setting is set to something other than None so the light bulb icon Small Light Bulb Icon will appear when the non-preferred styles are used. これらの優先順位は、電球アイコンをクリックして、または適切なコード行にカーソルを置いて Ctrl + . キーを押すとThese preferences can then can be applied by clicking the Light Bulb icon or pressing Ctrl + . 適用できます。when your cursor is on the appropriate line of code.

.NET のコード スタイルの設定は、EditorConfig ファイルで管理することもできます。Code Style settings for .NET can also be managed with an EditorConfig file. この場合、[オプション] ウィンドウで選んだ設定はフォールバック設定になり、EditorConfig ファイルが優先されます。In this case, the settings selected in the Options window will be the fallback settings, with the EditorConfig file taking precedence. このファイルを使って、リポジトリまたはチーム全体のコーディング スタイルを適用および構成できます。You can use this file to enforce and configure the coding style for your entire repo or team.

関連項目See Also