コード スタイルとクイック アクション

C# および Visual Basic プロジェクトのコード スタイルの優先順位は、[ツール] > [オプション] ウィンドウを開き、[テキスト エディター] > [C#]/[Basic] > [コード スタイル] > [全般] の順に選択して設定できます。 このウィンドウで設定したオプションは、ローカル コンピューターに適用されます。 選択すると、次のように、リスト内の各項目について優先順位のプレビューが表示されます。

コード スタイルのオプション

各行のドロップダウン リストを使って、項目ごとに [優先順位][重要度] を設定できます。 重要度は [なし][提案事項][警告]、または [エラー] に設定でき、Visual Studio は適切に動作します。 これらのコード スタイルでクイック アクションを使ってコードを優先スタイルに自動的に書き直す場合は、非優先スタイルが使われたときに電球アイコン 小さい電球アイコン が表示されるように、[なし] 以外に設定する必要があります。 これらの優先順位は、電球アイコンをクリックして、または適切なコード行にカーソルを置いて Ctrl + . キーを押すと 適用できます。

.NET のコード スタイルの設定は、EditorConfig ファイルで管理することもできます。 この場合、[オプション] ウィンドウで選んだ設定はフォールバック設定になり、EditorConfig ファイルが優先されます。 このファイルを使って、リポジトリまたはチーム全体のコーディング スタイルを適用および構成できます。

関連項目