Visual Studio でのコンパイルとビルドCompiling and building in Visual Studio

ビルドを実行してソース コードからアセンブリと実行可能アプリケーションを作成することは、開発サイクルのどの時点でも行うことができます。Running a build creates assemblies and executable applications from your source code at any point during a development cycle. 基本的に、ビルド プロセスはどのプロジェクト タイプでも (Windows、ASP.NET、モバイル アプリなど)、よく似ています。In general, the build process is very similar across many different project types such as Windows, ASP.NET, mobile apps, and others. 同様に、どのプログラミング言語でも (C#、Visual Basic、C++、F# など) ビルド プロセスはよく似ています。The build process is also very similar across programming languages such as C#, Visual Basic, C++, and F#.

コードを何度もビルドすることによって、構文の誤り、キーワードのスペルミス、型の不一致などのコンパイル時エラーをすばやく特定できます。By building your code often, you can quickly identify compile-time errors, such as incorrect syntax, misspelled keywords, and type mismatches. また、ロジック エラーやセマンティック エラーなどの実行時エラーについても、コードのデバッグ バージョンのビルドと実行を繰り返すことによってすばやく検出して修正できます。You can also quickly detect and correct run-time errors, such as logic errors and semantic errors, by frequently building and running debug versions of the code.

ビルドに成功することは、実質的には検証です。つまり、アプリケーションのソース コードの構文が正しいことと、ライブラリやアセンブリなどのコンポーネントへの静的参照がすべて解決済みであることが確認されます。A successful build is essentially a validation that the application's source code contains correct syntax and that all static references to libraries, assemblies, and other components have been resolved. この結果としてアプリケーション実行可能ファイルが生成されるので、次にこれをテストします。デバッグ環境で正しく機能することを確認するとともに、手動と自動のさまざまなテストを通してコードの品質を検証します。This produces an application executable that can then be tested for proper functioning in both a debugging environment and through a variety of manual and automated tests to validate code quality. アプリケーションのテストが完了したら、リリース バージョンをコンパイルしてユーザーにリリースします。Once the application has been fully tested, you can then compile a release version to deploy to your customers. このプロセスの入門資料については、「チュートリアル: アプリケーションをビルドする」を参照してください。For an introduction to this process, see Walkthrough: Building an Application.

Visual Studio 製品ファミリの中では、アプリケーションのビルドに使用できる方法として Visual Studio IDE、MSBuild コマンドライン ツール、Visual Studio Team Services 上の Team Foundation ビルドの 3 つがあります。Within the Visual Studio product family, there are three methods you can use to build an application: the Visual Studio IDE, the MSBuild command-line tools, and Team Foundation Build on Visual Studio Team Services:

ビルド方法Build Method 利点Benefits
IDEIDE - ビルドを即座に作成してデバッガーでテストできます。- Create builds immediately and test them in a debugger.
- マルチプロセッサ ビルドを実行します (C++ や C# のプロジェクトの場合)。- Run multi-processor builds for C++ and C# projects.
- ビルド システムのさまざまな面をカスタマイズできます。- Customize different aspects of the build system.
MSBuild コマンドラインMSBuild command line - Visual Studio をインストールせずにプロジェクトをビルドできます。- Build projects without installing Visual Studio.
- すべてのプロジェクト タイプでマルチ プロセッサ ビルドを実行できます。- Run multi-processor builds for all project types.
- ビルド システムのほとんどの部分をカスタマイズできます。- Customize most areas of the build system.
Team Foundation ビルドTeam Foundation Build - ビルド プロセスを継続的インテグレーション/継続的配信パイプラインの一部として自動化できます。- Automate your build process as part of a continuous integration/continuous delivery pipeline.
- 自動テストをすべてのビルドに適用します。- Apply automated tests with every build.
- クラウド ベースのリソースをほぼ無制限にビルド プロセスに使用できます。- Employ virtually unlimited could-based resources for build processes.
- ビルド ワークフローの変更やビルド アクティビティの作成が可能です。実行するタスクを大幅にカスタマイズできます。- Modify the build workflow and create build activities to perform deeply customized tasks.

このセクションでは、IDE ベースのビルド プロセスを詳しく解説します。The documentation in this section goes into further details of the IDE-based build process. 他の方法の詳細については、「MSBuild」と「Continuous integration and deployment」 (継続的なインテグレーションと配置) を参照してください。For more information on the other methods, see MSBuild and Continuous integration and deployment, respectively.

IDE でのビルドの概要Overview of building from the IDE

Visual Studio でプロジェクトを作成すると、そのプロジェクトとプロジェクトが属するソリューションのための、既定のビルド構成が作成されます。When you create a project, Visual Studio created default build configurations for the project and the solution that contains the project. この構成は、ソリューションとプロジェクトをどのようにビルドして配置するかを定義するものです。These configurations define how the solutions and projects are built and deployed. このうち、プロジェクト構成はターゲット プラットフォーム (たとえば Windows または Linux) とビルドの種類 (たとえばデバッグまたはリリース) ごとに固有です。Project configurations in particular are unique for a target platform (such as Windows pr Linux) and build type (such as debug or release). これらの構成は自由に編集でき、必要に応じて独自の構成を作成することもできます。You can edit these configurations however you like, and can also create your own configurations as needed.

IDE の中でのビルド方法の入門資料については、「チュートリアル: アプリケーションをビルドする」を参照してください。For a first introduction to building within the IDE, see Walkthrough: Building an Application.

次に、「Visual Studio でのプロジェクトとソリューションのビルドおよびクリーン」を参照して、このプロセスに関してどのようなカスタマイズが可能かを把握してください。Next, see Building and cleaning projects and solutions in Visual Studio to learn about the different aspects customizations you can make to the process. カスタマイズの例としては、出力ディレクトリの変更カスタム ビルド イベントの指定プロジェクト依存関係の管理ビルド ログ ファイルの管理コンパイラ警告の抑制などがあります。Customizations include changing output directories, specifying custom build events, managing project dependencies, managing build log files, and suppressing compiler warnings.

その他に、次のようなタスクに関する情報も参照してください。From there, you can explore a variety of other tasks:

関連項目See Also