クラスと型のデザインおよび表示

Visual Studio のクラス デザイナーでは、コード内のクラスとその他の型をデザイン、視覚化、およびリファクターできます。 クラス ダイアグラムを使用すると、Visual C# .NET、Visual Basic .NET、または C++ プロジェクト内にあるクラスの作成および編集、プロジェクト構造のより深い理解、またはコードの再編成が可能です。

ここでは、クラス ダイアグラムで実現できることについて、さらに詳しく説明します。

  • デザイン: クラス ダイアグラムを編集することによって、プロジェクトのコードを編集します。 新しい要素を追加し、不要な要素を削除します。 変更はコードに反映されます。

  • 視覚化: プロジェクト内のクラスをダイアグラムに表示して、プロジェクトの構造を理解します。 プロジェクトの中で最も重要な部分に集中できるように、ダイアグラムをカスタマイズします。 ダイアグラムを保存すると、後からデモやドキュメントに使用できます。

  • リファクター: メソッドのオーバーライド、識別子の名前変更、パラメーターのリファクター、およびインターフェイスと抽象クラスの実装を行います。

このセクションの内容

クラスと他の型の使用 (クラス デザイナー)

クラス ダイアグラムの使用 (クラス デザイナー)

クラスおよび型のデザイン (クラス デザイナー)

型およびリレーションシップの表示 (クラス デザイナー)

クラスおよび型のリファクタリング (クラス デザイナー)

Visual C++ コードの使用 (クラス デザイナー)

クラス デザイナーのエラーに関する追加情報

コードの作成

ソリューション間の依存関係をマップする