プロジェクトまたはソリューションを使用せずに Visual Studio でコードを開発するDevelop code in Visual Studio without projects or solutions

Visual Studio 2017 で、ほぼすべての種類のディレクトリ ベースのプロジェクトから、ソリューションまたはプロジェクト ファイルを使用せずに Visual Studio にコードを開くことができます。In Visual Studio 2017, you can open code from nearly any type of directory-based project into Visual Studio without the need for a solution or project file. これは、たとえば、Git でコード プロジェクトを検索し、それを複製して、直接 Visual Studio に開き、ソリューションまたはプロジェクトを作成することなく開発を開始できることを意味します。This means you can, for example, find a code project on Git, clone it, and then open it directly into Visual Studio and begin developing without having to create a solution or project.

Visual Studio でコードを編集したり構築したりすることができるだけでなく、コード間を移動したりすることもできます ([移動] コマンドを使用するなど)。Not only can you edit the code and build it in Visual Studio, you can also navigate through your code (such as by using the Navigate To command). コードは構文が色付けして表示され、通常、基本的なステートメント入力候補およびデバッグが含まれ、ブレークポイントで補完されます。Code will appear with syntax colorization and, in many cases, include basic statement completion and debugging, complete with breakpoints. 一部の言語では、追加の機能も用意されています。Some languages will include even more functionality. 詳しくは、「移植可能なカスタム エディター設定を作成する」をご覧ください。See Create portable, custom editor settings for more information.

どこででもコードを表示Open code anywhere

Visual Studio でコードを開く方法は、次のとおりです。You can open code into Visual Studio in the following ways:

  • Visual Studio メニュー バーで、[ファイル][開く][フォルダー] の順に選択し、コードの場所を参照します。On the Visual Studio menu bar, choose File, Open, Folder, then browse to the code location.

  • コードを含むフォルダーのコンテキスト (右クリック) メニューで、[Visual Studio で開く] コマンドを選択します。On the context (right-click) menu of a folder containing code, choose the Open in Visual Studio command.

  • Visual Studio スタート ページで [フォルダーを開く] を選択します。Choose the Open Folder link on the Visual Studio Start Page.

  • GitHub リポジトリから複製されたコードを開きます。Open code cloned from a GitHub repo.

複製された GitHub リポジトリからコードを開くにはTo open code from a cloned GitHub repo

次の例は、GitHub リポジトリを複製し、Visual Studio でそのコードを開く方法を示しています。The following example shows how to clone a GitHub repo and then open its code in Visual Studio. この手順を実行するには、GitHub アカウントがあり、システム上に Git for Windows がインストールされている必要があります。To follow this procedure, you must have a GitHub account and Git for Windows installed on your system. 詳しくは、「Signing up for a new GitHub account (GitHub アカウントに登録する)」および「Git for Windows」をご覧ください。See Signing up for a new GitHub account and Git for Windows for more information.

  1. GitHub の複製するリポジトリに移動します。Go to the repo you want to clone on GitHub.

  2. [複製またはダウンロード] ボタンをクリックし、ドロップダウン メニューで [クリップボードにコピー] ボタンを選択して、GitHub リポジトリのセキュリティをコピーします。Choose the Clone or Download button and then choose the Copy to Clipboard button in the dropdown menu to copy the secure URL for the GitHub repo.

    GitHub の複製ボタン

    注意

    デスクトップでプロジェクトを開くこと、またはプロジェクトの .zip ファイルをダウンロードすることも選択できる場合、この例は、セキュリティで保護された URL メソッドを使用してリポジトリを複製する方法を示します。While you also have the option to open the project on your desktop or download a .zip file of the project, this example demonstrates how to clone the repo using the secure URL method.

  3. Visual Studio で、[チーム エクスプローラー] タブを選択し、チーム エクスプローラーを開きます。In Visual Studio, choose the Team Explorer tab to open Team Explorer.

  4. チーム エクスプローラーの [ローカル Git リポジトリ] セクションで [複製] コマンドを選択し、GitHub ページの URL をテキスト ボックスに貼り付けます。In Team Explorer, under the Local Git Repositories section, choose the Clone command and then paste the URL of the GitHub page into the text box.

    プロジェクトの複製

  5. [複製] ボタンを選択して、プロジェクトのファイルをローカル Git リポジトリに複製します。Choose the Clone button to clone the project's files to a local Git repository. リポジトリのサイズによっては、この処理に数分かかることがあります。Depending on the size of the repo, this process could take several minutes.

  6. リポジトリがシステムに複製されたら、チーム エクスプローラーで、新しく複製されたリポジトリのコンテキスト (右クリック) メニューで [開く] コマンドを選択します。After the repo has been cloned to your system, in Team Explorer, choose the Open command on the context (right-click) menu of the newly cloned repo.

    複製されたリポジトリ

  7. [フォルダー ビューの表示] コマンドを選択して、ソリューション エクスプローラーでファイルを表示します。Choose the Show Folder View command to view the files in Solution Explorer

    フォルダー ビューの表示

    複製されたリポジトリでフォルダーとファイルを参照したり、Visual Studio コード エディターでコードを表示/検索したり、構文の色付けなどの機能でコードを補完したりできるようになりました。You can now browse folders and files in the cloned repo, and view and search the code in the Visual Studio code editor, complete with syntax colorization and other features.

    複製されたプロジェクト コードの検索

ビデオのムービー カメラ アイコンmovie camera icon for video Visual Studio の GitHub リポジトリからコードを複製し、開く方法については、ビデオをご覧くださいWatch a video on how to clone and open code from a GitHub repo in Visual Studio.

コードをデバッグするDebug your code

Visual Studio でプロジェクトまたはソリューションを使用せずにコードをデバッグすることができます。You can debug your code in Visual Studio without a project or solution. 一部の言語では、コード プロジェクトで有効な "スタートアップ ファイル" (スクリプト、実行可能ファイル、プロジェクトなど) の指定が必要になる場合があります。To debug some languages, you may need to specify a valid startup file in the code project, such as a script, executable, or project. コードのデバッグ時に、この指定されたコードが Visual Studio によって最初に実行されます。Visual Studio runs this specified code first when you debug your code.

ツールバーの [開始] ボタンの横にあるドロップダウン リスト ボックスに、Visual Studio によって検出されたすべてのスタートアップ アイテムと、フォルダーで特別に選択した項目が一覧表示されます。The drop-down list box next to the Start button on the toolbar lists all of the startup items that Visual Studio detects, as well as items you specifically choose in a folder.

ボタン

Visual Studio では、プロジェクトは自動的に認識されますが、スクリプト (Python、JavaScript など) はユーザーがスタートアップ アイテムとして明示的に選択して、一覧に表示させる必要があります。Visual Studio automatically recognizes projects, but scripts (such as Python and JavaScript) need to be explicitly selected by you as a startup item before they will appear in the list. また、MSBuild および CMake などの一部のスタートアップ アイテムは複数のビルド構成を持つことができます。これらは、実行ボタンのドロップダウン リストに表示されます。In addition, some startup items, such as MSBuild and CMake, can have multiple build configurations which appear in the Run Button's drop down list.

Visual Studio では現在、次の言語のデバッグがサポートされています。Visual Studio currently supports debugging for the following languages:

  • Node.jsNode.js

  • PythonPython

  • MSBuild ベースのプロジェクト (C#、VB、C++)MSBuild-based projects (C#, VB, C++)

  • PDB (Python デバッガー) ファイルを使用した実行可能ファイルAny executable with PDB (Python Debugger) files.

Node.js および Python をデバッグするには:To debug Node.js and Python:

  1. Node.js 、Python Tools、または Visual Studio 2017 と、Node.js ランタイムをインストールします。Install Node.js or Python Tools or Visual Studio 2017 and the Node.js runtime.

  2. ソリューション エクスプローラーで、JavaScript ファイルのコンテキスト メニューで、[スタートアップ アイテムとして設定] コマンドを選択します。On the context menu of a JavaScript file in Solution Explorer, choose the Set as Startup Item command.

  3. F5 キーを押して、デバッグを開始します。Choose the F5 key to begin debugging.

MSBuild プロジェクトをデバッグするにはTo debug MSBuild projects

  1. Visual Studio メニューで、[デバッグ] を選択します。On the Visual Studio menu, choose Debug. ドロップダウン メニューでプロジェクトを選択するか、ソリューション エクスプローラーでスタートアップ アイテムとして表示するプロジェクトまたはファイルを選択します。On the drop-down menu, choose the project or select the project or file that you want to display as the startup item in Solution Explorer.

  2. F5 キーを押して、デバッグを開始します。Choose the F5 key to begin debugging.

実行可能ファイルをデバッグするにはTo debug executable files

  1. Visual Studio メニューで、[デバッグ] を選択します。On the Visual Studio menu, choose Debug. ドロップダウン メニューでプロジェクトを選択するか、ソリューション エクスプローラーでスタートアップ アイテムとして表示するプロジェクトまたはファイルを選択します。On the drop-down menu, choose the project or select the project or file that you want to display as the startup item in Solution Explorer.

  2. F5 キーを押して、デバッグを開始します。Choose the F5 key to begin debugging.

カスタム ビルド ツールの有効化Enable custom build tools

Visual Studio は多くのさまざまな言語を実行する方法を認識していますが、すべてを認識しているわけではありません。Visual Studio knows how to run many different languages, but it doesn't know how to run everything. Visual Studio がお使いの言語を実行する方法を認識している場合、コードを直ちに実行できます。If Visual Studio knows how to run your language, you can run the code right away. コードを実行しようとして Visual Studio がその実行方法を認識していない場合、情報バーによりメッセージが表示され、スタートアップ アイテムとして機能させるため、コードベースにファイルを指定するように求められます。If you try to run your code but Visual Studio doesn't know how to run it, an information bar prompts you to designate a file in your codebase to act as the startup item.

コードベースで、Visual Studio が認識していないカスタム ビルド ツールを使用する場合、いくつかの追加の手順を完了するまで、Visual Studio でコードを実行およびデバッグできない可能性があります。If the codebase uses custom build tools that Visual Studio doesn't recognize, though, then you will likely not be able to run and debug the code in Visual Studio until you complete some additional steps. コンパイラなど、有効な実行可能ファイルの種類と、その言語に必要なカスタム パイプラインと引数を指定する必要があります。You must specify a valid executable file type, such as a compiler, along with any custom parameters and arguments required by the language. これを可能にするために、Visual Studio にはビルド タスクが用意されています。To enable this, Visual Studio provides build tasks. ビルド タスクを作成して、そのコードをビルドおよび実行するために言語で必要なすべての項目を指定することができます。You can create a build task to specify all the items a language needs to build and run its code.

必要な操作をほぼすべて実行できる任意のビルド タスクを作成することもできます。You can also create arbitrary build tasks that can do nearly anything you want. たとえば、フォルダーの内容を一覧表示したり、ファイルの名前を変更するタスクを作成することができます。For example, you can create a task to list the contents of a folder or rename a file. または、特定の引数を使用して、プロジェクトのコンパイルやビルドなどの操作を実行する、より対象を絞ったカスタム ビルド タスクを作成することもできます。Or, you can create more targeted custom build tasks that do things such as compile and build your project using specific arguments. 次の手順は、両方の種類のビルド タスクを作成する方法を示しています。The following steps show how to create both types of build tasks.

任意のビルド タスクを作成するにはTo create an arbitrary build task

  1. タスクを必要とするソリューション エクスプローラーで、プロジェクトのファイルまたはフォルダーを選択し、ファイルまたはフォルダーのコンテキスト (右クリック) メニューで [タスクの構成] を選択します。Choose the file or folder of the project in Solution explorer where you want the task, and on the file or folder's context (right-click) menu, choose Configure Tasks.

    タスクの構成

    [タスクの構成] を選択すると、tasks.vs.json というファイルが開きます。Choosing Configure Tasks opens a file called tasks.vs.json. このファイルが存在しない場合、自動的に作成されます。If this file doesn't exist, it is created. このファイルには、選択したファイルまたはフォルダーのビルド タスクが含まれています。This file contains the build tasks for the selected file or folder.

    tasks.vs.json ファイル

  2. 次のビルド タスクを tasks.vs.json に追加します。Add the following build task to tasks.vs.json. この例では、出力ウィンドウに選択したフォルダーのファイルおよびサブフォルダーを一覧表示する "List outputs" というシンプルなタスクを追加します。For this example, we'll add a simple task called "List outputs" that lists files and subfolders of the selected folder in the Output window. (新しいタスクは、既存の "タスク" 配列内に追加されます。)(The new task should be added within the existing "tasks" array.)

       {
         "taskName": "List outputs",
         "appliesTo": "*",
         "type": "command",
         "command": "${env.COMSPEC}",
         "args": [
           "dir ${outDir}"
         ]
       },
    

    完全なビルド タスクは、次のようになります。The complete build task should look like this.

    任意のビルド タスク

  3. プロジェクトを保存します。Save the project.

  4. 選択したフォルダーのコンテキスト メニューを開きます。Open the context menu for the selected folder. コンテキスト メニューの下部に新しい任意のビルド タスクが表示されます。You should see the new arbitrary build task appear at the bottom of the context menu.

    任意のビルド タスクのコマンド

  5. 新しい List outputs コマンドを選択して、タスクを実行します。Choose the new List outputs command to execute the task.

カスタム ビルド タスクを作成するにはTo create a custom build task

この手順では、nMake を使用してコードをビルドおよびクリーンする 2 つのカスタム ビルド タスクを追加します。In this procedure, we will add two custom build tasks that use nMake to build and clean your code.

  1. ソリューション エクスプローラーで、スタートアップ アイテムとして後で指定するプロジェクトのファイルを選択します。Choose a file of the project in Solution Explorer that you want to designate later as the startup item. ファイルのコンテキスト (右クリック) メニューで、[タスクの構成] を選択します。On the file's context (right-click) menu, choose Configure Tasks.

    カスタム ビルド タスクのコマンド

  2. 次のビルド タスクを tasks.vs.json に追加します。Add the following build tasks to tasks.vs.json. この例では、2 つのタスクを追加します。1 つは nMake コマンドを使用してプロジェクトをビルドする "makefile-build" と呼ばれるもので、もう 1 つは "clean" 引数により nMake コマンドを呼び出す makefile-clean と呼ばれるものです。For this example, we'll add two tasks: one called "makefile-build" which uses the nMake command to build the project, the other called makefile-clean which calls the nMake command with the "clean" argument. (これらのタスクは、既存の "タスク" 配列内に追加されます。)These tasks should be added within the existing "tasks" array. (これは、ビルド タスクのほんの一例です。(Note that these are only example build tasks. これらを実際に機能させるには、システムにインストールされた nNake を含むワークロードが必要です。)For them to actually work, you need to have the workload that contains nNake installed on your system.)

    {
    "taskName": "makefile-build",
    "appliesTo": "makefile",
    "type": "command",
    "contextType": "build",
    "command": "nmake"
    },
    {
    "taskName": "makefile-clean",
    "appliesTo": "makefile",
    "type": "command",
    "contextType": "clean",
    "command": "nmake",
    "args": [
     "clean"
     ]
    },
    

    完全なカスタム ビルド タスクは、次のようになります。The complete custom build task should look like this.

    カスタム ビルド タスク

  3. プロジェクトを保存します。Save the project.

  4. 選択したファイルのコンテキスト メニューを開きます。Open the context menu for the selected file. 新しいカスタム ビルド タスクが、コンテキスト メニューの中ほどに表示されます。The new custom build tasks should appear in the middle of the context menu.

    カスタム ビルド タスクのコマンド

    注意

    コマンドが、contextType 設定により [タスクの構成] コマンドの下に表示されます。"build" および "clean" はビルド コマンドであるため、コンテキスト メニューの中央のビルド セクションに表示されます。The commands appear under the Configure Tasks command due to their contextType settings; "build" and "clean" are build commands, so they appear in the build section in the middle of the context menu.

    カスタム ビルド コマンドをファイルと関連付けたので、これで、ファイルをスタートアップ アイテムとして指定できます。Now that you have associated custom build commands with the file, you can designate the file as the startup item.

  5. ファイルのコンテキスト メニューで、[スタートアップ アイテムとして設定] を選択します。On the file's context menu, choose Set as Startup Item.

    カスタム ビルド タスクのコマンド

  6. ツールバーで、[開始] ボタンの横にあるドロップダウン矢印を選択します。On the toolbar, choose the dropdown arrow next to the Start button. スタートアップ アイテムがオプションとして表示されます。The startup item now appears as an option.

    カスタム ビルド タスクのコマンド

これで、[開始] ボタンまたは F5 キーを押して、コードベースを実行できるようになりました。You can now choose the Start button or the F5 key to run your codebase. Visual Studio でコードベースのビルド ツールが認識されない場合でも、Visual Studio でコードベースを編集およびデバッグすることができます。You can edit and debug your codebase in Visual Studio even though Visual Studio doesn't recognize the build tools of the codebase. ビルド タスクの出力は出力ウィンドウに表示され、ビルド エラーはエラー一覧に表示されます。Output from the build task appears in the Output window, and build errors appear in the Error List. tasks.vs.json ビルド タスク ファイルは、Visual Studio の内部開発ループを、コードベースによって使用されるカスタム ビルド ツールに組み込みます。The tasks.vs.json build task file couples the Visual Studio inner development loop to the custom build tools used by your codebase.

カスタム ビルド タスクは、個々のファイル、または特定の種類のすべてのファイルに追加できます。Custom build tasks can be added to individual files or to all files of a specific type. たとえば、NuGet パッケージ ファイルを "パッケージの復元" タスクを含むように構成するか、すべてのソース ファイルをスタティック分析タスク (すべての .js ファイルのリンターなど) を含むように構成することができます。For instance, NuGet package files can be configured to have a "Restore Packages" task, or all source files can be configured to have a static analysis task, such as a linter for all .js files.

Visual Studio では、tasks.vs.json のルートで VSCode $variable 代入や、環境設定 ($env.var など) またはキーがサポートされています。Visual Studio supports the VSCode $variable substitution in the root of tasks.vs.json, in addition to environment variables (such as $env.var) or keys.

ビルド出力の指定Specify build Output

プロジェクトをコンパイルする必要がある場合に output という追加のタグを tasks.vs.json ファイルに追加できます。If your project needs to be compiled, you can add an additional tag called output to the tasks.vs.json file. 次に例を示します。Here is an example.

"output": "${workspaceRoot}\\bin\\hellomake.exe"

出力場所を指定すると、Visual Studio にプロジェクトのビルド出力の検索場所が通知されます。Specifying the output location notifies Visual Studio where to find the project's build output.

tasks.vs.json ファイルの場所Tasks.vs.json file location

既定では、tasks.vs.json ファイルは、.vs という非表示フォルダーに配置されます。By default, the tasks.vs.json file is located in a hidden folder called .vs. Visual Studio で非表示ファイルを表示するには、ソリューション エクスプローラーのツールバーで [すべてのファイルを表示] ボタンを選択します。To view hidden files in Visual Studio, choose the Show All Files button on the Solution Explorer toolbar.

任意のビルド タスクのコマンド

tasks.vs.json ファイルは、通常、ほとんどのユーザーがこれをソース管理にチェックインする必要がないため、非表示になっています。The tasks.vs.json file is hidden because most users generally don't want to check it into source control. ただし、これをソース管理にチェックインできるようにしたい場合は、表示されるプロジェクトのルートにファイルをドラッグします。However, if you want to be able to check it into source control, drag the file into the root of your project where it will be visible.

他の .json ファイルが .vs フォルダーに存在する場合がありますが、移動する必要があるファイルは tasks.vs.json ファイルと launch.vs.json ファイル (ある場合) のみです。Other .json files may be present in the .vs folder, but the only ones you should move are the tasks.vs.json file and the launch.vs.json file (if one is there). launch.vs.json ファイルでは Visual Studio デバッガーが構成され、tasks.vs.json ファイルでは Visual Studio でビルドが構成されます。The launch.vs.json file configures the Visual Studio debugger, while the tasks.vs.json file configures build in Visual Studio.

関連項目See also

コード エディターとテキスト エディターでのコードの作成Writing code in the code and text editor