開発者コミュニティのデータのプライバシーDeveloper Community data privacy

既定では、開発者コミュニティの問題レポートのすべての情報 (すべてのコメントと返信を含む) は、公開されます。By default, all information in problem reports on Developer Community, including any comments and replies, is publicly visible. これには、コミュニティ全体が問題、解決策、および他のユーザーが見つけた回避策を閲覧できるという利点があります。This is beneficial because it allows the entire community to see the issues, solutions, and workarounds that other users have found. ただし、自分のデータや ID のプライバシーについて心配がある場合には、オプションがあります。However, if you're concerned about the privacy of your data or identity, you have options.

ID プライバシーIdentity privacy

身元を公開することについて心配がある場合は、個人情報を公開しない新しい Microsoft アカウントを作成します。If you're concerned about revealing your identity, create a new Microsoft account that does not disclose any details about you. このアカウントを使用してレポートを作成します。Use this account to create your report.

データのプライバシーData privacy

データのプライバシーについて心配がある場合は、常に公開される最初のレポートのタイトルや内容に、公開したくないことを含めないでください。If you're concerned about data privacy, don't put anything you want to keep private in the title or content of the initial report, which is always public. 代わりに、レポートを作成して、別のコメントで詳細を非公開で送信することができます。Instead, create the report, and then note that you'll send details privately in a separate comment. 問題レポートが作成されると、返信と添付ファイルを閲覧できる人を指定することができます。Once the problem report is created, you can specify who can see replies and attachments:

  1. 作成したレポートで、 [コメントの追加] を選択して、問題の個人的な詳細を作成します。In the report you created, choose Add comment to create a private description of the problem.

  2. 返信エディターで、 [送信] ボタンと [キャンセル] ボタンの下のコントロールを使用して、返信を閲覧できる人を指定します。In the reply editor, use the control below the Submit and Cancel buttons to specify the audience for your reply. 閲覧できるのを Microsoft の従業員と自分に制限するには、 [Viewable by moderators and the original poster](モデレーターと元の投稿者が閲覧可能) を選択します。Choose Viewable by moderators and the original poster to limit visibility to Microsoft employees and yourself.

    開発者コミュニティでのプライバシー コントロール

    指定された人だけがコメントと、それに含まれるイメージ、リンク、またはコードを閲覧できます。Only the people you specify can see the comment and any images, links, or code you include in it. コメントの下の返信はすべて、元のコメントと同じ表示設定になります。Any replies under the comment have the same visibility as the original comment. これは、応答のプライバシー コントロールに閲覧制限の状態が正しく表示されていない場合でも当てはまります。This is true even if the privacy control on replies doesn't show the restricted visibility status correctly.

  3. 説明と、問題の再現に必要なその他の情報、イメージ、および、添付ファイルを追加します。Add the description and any other information, images, and file attachments needed for your repro. [送信] ボタンを選択して、非公開でこの情報を送信します。Choose the Submit button to send this information privately.

    注意

    Developer Community Web サイト上では、添付ファイルに 2 GB の制限があり、最大で 10 個のファイルに制限されています。On the Developer Community website, there is a 2-GB limit on attached files, and a maximum of 10 files. これより大きいファイルをアップロードする必要がある場合は、新しい問題レポートを送信するか、プライベート コメントで Microsoft の社員にアップロード URL を要求できます。If you need to upload a larger file, you can either submit a new problem report or request an upload URL from a Microsoft employee in a private comment. 問題を閉じると、関連する添付ファイルは 90 日後に削除されます。When we close an issue, associated attachments will be deleted after 90 days.

お客様のプライバシーと機密情報が公開されないようにするため、Microsoft とのすべてのやり取りは、この表示制限付きのコメントの下で返信するように注意してください。To maintain your privacy and keep sensitive information out of public view, take care to keep all interactions with Microsoft to replies under a visibility-restricted comment. 他のコメントに返信すると、機密情報が誤って公開される場合があります。Replies to other comments may cause you to accidentally disclose sensitive information.

収集されるデータData we collect

問題の報告 が Visual Studio インストーラーから開始された場合、最新のセットアップ ログが収集されます。If Report a problem is initiated from Visual Studio Installer, we collect the most recent setup log.

問題の報告 が Visual Studio から開始された場合、次の 1 つ以上の種類のデータが収集されます。If Report a problem is initiated from Visual Studio, we collect one or more of the following types of data:

  • イベント ログからの Watson エントリと .NET エントリWatson and .NET entries from the event log

  • Visual Studio のメモリ内アクティビティ ログ ファイルVisual Studio in-memory activity log file

  • PerfWatson ファイル (Watson コレクションが有効になっている場合)PerfWatson files, if Watson collection is enabled

  • LiveShare ログ ファイル (存在する場合)LiveShare log files, if they exist

  • Xamarin ログ ファイル (存在する場合)Xamarin log files, if they exist

  • Nuget ログ ファイル (存在する場合)Nuget log files, if they exist

  • Web デバッガー ログ ファイル (存在する場合)Web debugger log files, if they exist

  • Service Hub ログと MEF エラー ログ (存在する場合)Service Hub logs and MEF error logs, if they exist

  • Python ログ (存在する場合)Python logs, if they exist

  • Razor LSP エディター ログ (存在する場合)Razor LSP editor logs, if they exist

  • Windows フォーム ログ (存在する場合)Windows Forms logs, if they exist

  • スクリーン ショット (含めることを選択した場合)A screenshot, if you choose to include it

  • 記録データ (以下を含む記録を含めるように選択した場合)Recording data, if you choose to include a recording, which includes:

    • 問題を再現する手順Steps to reproduce the problem

    • ETL トレース ファイルETL trace file

    • ダンプ ファイルDump file

注意

送信されたログ ファイル、スクリーンショット、および記録データにより、Microsoft はより深く状況を理解して問題に対応できるようになります。Log files, screenshots and recording data you send can significantly increase Microsoft's ability understand and respond to your issue. そのため、これらを含めることをお勧めします。So we recommend including them. お客様のプライバシーを保護するため、添付されるログ ファイル、スクリーンショット、および記録データはすべて、それらが含まれている問題レポートを送信してアクセス許可を付与した場合にのみ、Microsoft に送信されます。To protect your privacy, any attached log files, screenshots and recording data are sent only to Microsoft when you provide permission by submitting the problem report with which they are included. [問題の報告] ウィンドウの [サマリー] ステップで、どのファイルが含まれているかをレポートを送信する前に確認できます。You can see which files are included on the 'Summary' step of the 'Report a Problem' window before submitting the report. レポートからシステム ログ ファイルを除外するには、[サマリー] 手順で [システム ログのアタッチ] をオフにします。You can exclude system log files from the report by unchecking 'Attach system logs' in the 'Summary' step. 次のスクリーンショットを参照してください。For reference, see the following screenshot. 問題の報告 - 収集されたログのサマリーReport a Problem - Summary of logs collected

関連項目See also